現在のご注文は7月17日(水)までに発送します 7/16(火)は7/12(金) 18時頃までのご注文を出荷予定

2024年6月12日
粗挽きカルダモンにチャレンジ

フィンランドのシナモンロールに欠かせないスパイス、粗挽きカルダモン。カルダモンといえば、チャイやカレーに使われるイメージが強いですが、フィンランドではプッラと呼ばれる甘いパンの生地に練りこまれています。日本ではパウダーかホールタイプしか売っていないので、シナモンロールを作る時はフィンランドで買ってきたり、お土産でもらった粗挽きカルダモンを使っていたのですが、先日遂にそのストックが終わってしまいました。このままでは大好物のシナモンロールが作れなく(食べれなく)なってしまう…ということで、重い腰を上げて、ホール状態のカルダモンを買ってきて自分で粗挽きにしてみました。薄緑色の莢と呼ばれる殻部分に切り込みを入れて中にある種子を取り出し、ミルを使って粗挽きにします。(擂鉢&擂粉木でも試してみましたが、カルダモンの種子は固く、潰すのは難しかったです。私は最近使っていなかった手動のコーヒーミルで挽きました)マスコットのホールカルダモン一瓶からできる粗挽きは18g程。普段はチビチビ使っている粗挽きカルダモンがせっかく沢山できたので、バター100gに砂糖100ccと粗挽きカルダモン8gを練りこんだフィリングをパン生地に巻き込みカルダモンロールを作りました。カルダモンたっぷりの焼きたてプッラは香りが本当に最高!ホールから粗挽きにするのは少し時間がかかるけど、フィンランドのプッラ好きの皆さま、ぜひ予定がない休日にでも試してみてください。(スコープ 松尾)