現在のご注文は5月28日(火)までに発送します 5/27(月)は5/24(金) 18時頃までのご注文を出荷予定

2008年10月14日
ヘルシンキの街が何かスッキリしてる理由

日本と違って街がスッキリそてるなぁ
って思ってたんだけど、その理由が
わかった気がします。

広告が極端に少ない。
特に写真つきの広告がないんですよね。

ロゴぐらいだもんなぁ。

でも、遠目にはロゴしかないとどんな
店なのか全くわからないという
マイナスも弱冠ある。

何となく思ったことでした。

今日はちょっと雨っぽいんだけど
晴れて欲しいなぁ

いよいよタリンへ参ります。
中世の雰囲気漂う街。
白タイツの男の子が給仕をしてくれる
レストランが重要ポイントらしい。

エストニアクローネに両替

ヘルシンキ中央駅の両替所がopenも早く、
レートも安定していてボッタクリもなく
オススメとのこと。

エストニアで換金すると10パーセント
プラスされるからヘルシンキで事前に
両替したほうがいいそうです。

残ったクローネは日本では両替できない
ことが多いから残は早目に両替するの
巻です~。

って事で2万円をクローネにチェンジ完了。

タリン行きの船にコンバイン!

30分ぐらい前にはチェックインしなくちゃいけないらしい。
10時30分出発だから、既に10時過ぎていてかなりギリギリ。

でもハンナさんはまだいない。
受け付けの方は、あと5分で締め切るといわれてカナリ焦る!
ハンナさんに電話するよしこさん。
困った様子でアタフタしていると・・・・・

本人いないのにチェックインしてくれました。

やったー!セーフ!
でも・・・・いいのか?
これで。ちょっと何がってわけじゃないけど心配になった。

僕らのパスポートもチェックしなくちゃいけないんだけど、
出しはしましたが全然見てなかったもんな。

ちなみにハンナさんは過去、期限切れパスポートで
チェックインを完了したことがあるらしい。

船酔いしますた

船、結構揺れてます。
正直、キモいです。

うなだれている僕を近くに座ってた方が何故か
2枚写真に撮った。思いっきりコッチをむいて
撮っていた。何故撮る!(笑)

日本人はほとんどいないから目立つ。
特に僕は目立つから、何じゃありゃ?って感じ
でしょうかね。

今回同伴してるシャチョウ秘書様が
『シャチョウ、顔どす黒いですよ。大丈夫?』
って心配してくれたんですが、青いんじゃないの?
って思ってたら

『シャチョウ、本当に顔が悪くて心配です。』

と更に強く心配してくれた。
ありがとう。僕は顔も大きく悪いです(笑)
ちょっと元気が出た。シャチョウ秘書合格です。

タリンついたどー

街をちょっと遠目に見ただけでも、何か興味がそそられる。
ただ、歩いていると結構お酒を持った酔っ払いが多い。
ちょっと注意しながら街を散策するのが正解っぽいなぁ。

フュージョンした建築物がギュッと集まった区画は刺激的です

中世の雰囲気そのままに残っている旧市街が目玉なわけなのですが
そこへ行く途中に区画整理?されているエリアに建つ古い建物と
突拍子もない新しい建築がフュージョンしたような建築物がそこら
中にあって、そこが凄く刺激的でした。

とにかく凄いスピードで変わっていってるみたい。
ここは中にもどんどこ入って、ジックリ見てみたかった。
滞在できる時間が5時間ぐらいしかないから残念無念。
次回は泊まりできたい。

旧市街

旧市街は中世の建物がそのまんま残ってて素敵です。
刺激的ではないが、見ていて楽しい。
まさにサイトシーン、アイハブシーン。
フュージョンしてる建築地帯と旧市街を同時で見る
事ができて1度で2度美味しい感じが得した気分。
松屋でいうカレー牛みたいなもんかな。

タリン。初めてきたら、ほとんどの人がきて良かった
って思うんじゃないかなぁ。
正直僕は明日も来たい気分だもん。

ハンドクラフトのお店がモリクソあります。

旧市街の中にはハンドクラフトのお店がそこら中にあります。
そして、実際色々見てみると・・・・予想以上にいいんです。
欲しい物が凄くあります。

最初はお店じゃなくて、色々街中を見て歩きたい!時間もないし
って思ってたんだけど、結構お店を見て満足して終わった感じ。

中にはスコープでも取扱できたらなぁ~ってアイテムも結構あり
ました。かなりイイと思います。お値段も結構お手頃。
ただ、物価が安い!ってイメージで行くと、期待はずれかも。
そこまで安いわけでもなく、普通な感じ。チョイお得?みたいな。
買いやすいとは思う。

チョコが沢山あるカフェで休憩

チョコが沢山あるカフェで休憩。
ハンナさんのお気に入りのお店です。

他にもオススメカフェはあるみたいですが
そこもチョコが沢山あるって。結構チョコ
が休憩の中心にいる感じなのかな。
美味しいんだけど、凄く濃くて、食べると
もう完全にチョコ一色です。

お店も相当に雰囲気あります。

ただ。チョコは結構高い。
1粒30クローネとかする。
だから300円ぐらいするってことだもん。
高いよ。かなり。

あっと言う間にヘルシンキへ戻る時間に。。。

残念ながらヘルシンキへ戻る時間はすぐにきてしまいました。
何故かフェリーで日帰りっていうと片道1時間未満かな??
なんて思っちゃう日本感覚で考えてましたが、2時間ぐらい
かかります。

あと、要注意!フェリーへの乗船はお早めに。チェックイン
をしてあっても乗船が遅れると乗せてくれない事も。。。
係りの人にもよるようですが、5分前でもOKな場合もあれば
今回は15分前までの所、12分前に乗船しようとしたら却下
されました。(この必要時間は船によって違う可能性もある
から前もって調べておいた方が良いと思います)次のに乗れ
って事なのですが、その次は2時間半ぐらい後だったので
結局次の予定もありーので、別の船のチケットを買って帰っ
たのでございます。ちょっとチッて感じ。

でも。タリンは本当にいいね。じっくり来たい。
泊まりで是非って感じです。本当に。

オマケ。船乗り場にあった。

text:シャチョウ