オーダー超集中によりパニック気味ですが出荷は続けているのでどうか待っていてください。予定より早く届く予定。by シャチョウ
現在のご注文は2/8(水)までに発送します 1/31(火)は1/27(金)16時半までのご注文を発送予定
iittala / Birds by Toikka snow finch

[販売終了] iittala / Birds by Toikka Snow Finch

2018年冬季限定
スノーフィンチ / ユキスズメ

クリアのボディに雪のようなホワイトの斑点、そしてクチバシはオイバ好みのラスター。サイズはアニュアルバードよりも小振りなシベリアンジェイサイズとでもいいましょうか、手ノリサイズで飾り易く、光も透過するから明るい場所に置いたら綺麗に目に映るでしょう。ユキスズメって名前もいい。

iittala / Birds by Toikka snow finch

クリアとホワイト
オパール配色

初期のアアルトベースにはグリーンやリオブラウンが使われている。それは木や葉をイメージするような、自然を感じる色だから、大きな樹木が見える窓、その近くに置いてみれば、とても綺麗に目に映る。この色が本当に美しいのだと、フィンランド人のコレクターはよく僕に話してくれた。もしアアルトベースを作るとしたら何色を選ぶ?その問いかけに、クリア、モスグリーン、そしてオパールだと彼はいった。ハッリ・コスキネンとALUEを作った時にも、ハッリは真先にオパールを作りたいと言っていた。オパール、つまりクリアガラスにホワイト。北欧デザインはシンプルで無駄がなく、配色はナチュラル+ホワイトのイメージがある。だけれども、シンプルだからホワイトって話ではないんじゃないかと思っている。多分、それは雪なんだろう。冬のフィンランドを訪れる時、現地の知人にメールすると、” まだ雪が降ってないから街が綺麗じゃないけれど ” ” 雪が積もって冬が明るくなったわ ”といったコメントが添えられている。長く続く冬、雪景色を綺麗だと感じながら生活している。雪のようなホワイトは、フィンランド人にとって、心落ち着く、沁みついた美しさなのだろう。日本人にとっての桜や富士山のようなことなのだろうと僕は思う。だからオパールというガラスはずっとフィンランドでは延々と人気であり、アアルトベースでも長く採用され続けている。このスノーフィンチも、ある意味オパールみたいなガラス使いである。クリアガラスとホワイトのユキスズメ。やはりホワイトはユキ、スノーフィンチだからね。

ブランド
iittala(イッタラ)
デザイン
Oiva Toikka (オイバ・トイッカ)

商品スペック

材質
無鉛ガラス
寸法
約W165×D80×H85mm / 350g
*詳細なサイズはカート上をご確認ください。
生産
Made in Finland
備考
刻印:O.Toikka IITTALA
*商品名の数字は個体識別用です。
生産
Made in Finland