オーダー超集中によりパニック気味ですが出荷は続けているのでどうか待っていてください。予定より早く届く予定。by シャチョウ
現在のご注文は12/15(木)までに出荷します 12/9(金)は12/5(月)22時半までのご注文を出荷予定

時間が経つといつの間にか無くなっていく記憶、スタッフ野田が今さらながらブログやページ、スコープ社内のハードディスクに散り散りとなっていた写真や文章、そして過去データを引っ張りだしては整理して一つにまとめてみる企画。第一回はルノのデザイナーでもあるアラビアアートデパートメント在籍ヘイニさんとの出会いからルノ別注までをどうぞ。2008年10月、それはシャチョウ37歳の冬から始まります。

編集:スコープ野田



年表

2008 10月 フィンランドでヘイニさんに声をかけられる

2009 8月 スコープでルノシリーズの販売開始

2010 11月 ルノにフロストベリー柄が登場

2011 3月 印判箸置(PUUTALHA)を数量限定で販売

2012 12月 ルノは日本国内での取扱いが終了したため販売終了

2013 5月 印判箸置(一輪の花)をスコープで販売

2015 12月 ルノ生産終了

2016 8月 椅子のオブジェをスコープで販売

2018 8月 スコープでルノの復刻を依頼

2020 11月 ルノ(フロストベリー柄)の再販売開始


2008-10

人生2回目の海外。地球の歩き方で予習して準備万端のシャチョウ。現地のツアー会社も手配して、クレジットカードの限度額もアゲアゲ。日本からのお土産(にゃんまげ)をトランクに詰め込み、フィンランドに行ってあれやこれや買ってくるぞー!とスタッフで送別会をしてフィンランドへ旅立ったのでした。

「ハッチェケテーまた毎度のごとくピンチでありましてー」 / 「いよいよ明日出発デス!」より

フィンランド帰りの友人がお土産でくれたオイルランプをたいそう気に入っていたシャチョウ。そのオイルランプを見つけたのがアラビアファクトリーショップ(現イッタラ&アラビアデザインセンター)。シャチョウよろしくと日本で受け取ったお買い物リストの商品も一緒に見つけて、いよいよ豪傑スイッチON!アイテムをせっせとレジに運ぶ運ぶ。けっこう沢山購入したからレジがパンクしたとか。そこへ「たくさん購入してくれてありがとう!」って声をかけてきたのがヘイニさん。お目当てだったオイルランプと買い物リストにあったBysanttiマグはヘイニさんのデザインだったのです。それがスコープとヘイニさんのファーストコンタクト。

「アラビアファクトリーショップでモリクソ土産を買いました」より

2009-08

ヘイニさんがデザインしたRunoが発表されたのは2008年。翌年スコープでもRunoシリーズを販売しました。最初は春・夏・秋・冬をイメージした4柄が販売されます。発表後の展示会では取材陣に囲まれてまるでスターのヘイニさん。小心なシャチョウは遠くからスターを眺めるのみ。そんなスターと再会できたのはお知り合いのランチのお誘いでした。

Runoのユーザーのために特別なアイテムを作って欲しかったシャチョウはスケジュールの合間にヘイニさんとのランチミーティングへ飛び込み参加します。ヘイニさんと話したのは1年ほど前のことだし覚えてないんじゃないかと。。。でも不安は束の間
「ルックスが強烈だから覚えてたよ。」
と全スコープユーザーと同じ思いのヘイニさんに喜びつつ、その後いろんなアイデアを話したとか。

「ヘイニさんとランチミーティング」より

2010-04

スコープ一番のお気に入りクリスマス限定「フロストベリー」が販売されたのはその1年後。オーバルプレート25cmも一緒に登場しました。当時、このオーバル25cmってスコープが別注したParatiisiのオーバル型を使ってるのかなーとかみんなで話してたなぁ。その辺りはまた別の機会に〜。

アトリエやショップで見かけるヘイニさんのアートピースはシャチョウにとってアイデアの源泉。東京で開かれた個展を見に行ったりしてヘイニさんのアートピースにハマっていくシャチョウ。この個展で目にした青い花の作品からインスピレーションを得て印判箸置きの一輪の花柄も出来上がりました。

「ヘイニ・リータフフタ展やってまする。」より

2010-06

ある日の出張でヘイニさん一家とピクニックに。家からお皿を持って行って外で盛り付けて食べるっていうスタイルは当時の純烈日本人には衝撃的。紙皿とか使わないんですね!ゴミも出ないし!さすフィンランド!と。これも今のスコープの諸々に影響を与えてくれた出来事の1つ。

「ミッコとヘイニとぼーくたーち!ピークニーク!」より>

2012-01

ヘイニさんの自宅でクリスマスの写真を撮って今年もRuno盛り上げるぞー!って思ってたら、急に国内での取扱終了のお告げが。直接輸入するほどの体力も無いし打つ手なし。オーマイガッ!この年を最後にスコープからRunoは消えちゃいます。そしてヘイニさんに赤ちゃんが生まれることもあってスコープの膨大な記録からもヘイニさんの形跡が見当たりません(泣)

「ヘイニ・リータフフタさんの家で」より

2015-08

笑っていいともが終了を発表し、ピコ太郎が流行るまでの4年間。ヘイニさん情報は空白。完全なる空白。でも1つだけ依頼してあったものが届きました。それはヘイニさんの子育てが少し落ち着き、仕事に復帰しつつある時に依頼した椅子のオブジェ。子育てしながらヘイニさんが作ってくれました。

「ヘイニさんのお宅訪問」より

2018-09

NHKのテレビ番組「世界はほしいモノにあふれてる」で何かしらの密着をされること[だけ]が決まったこの年。一体何を密着されようかなー!と頭を悩ませていたシャチョウ。ただ海外に出張行くだけじゃーつまらないから、ヘイニさんとか石本藤雄先生に会って仕事の話をしつつ、ヘイニさんに廃番になったフロストベリーを別注しよう!と密着というパワーワードに背中を押され「You!フロストベリー復刻しちゃおうヨ! 」とニコニコで宣言。全国の視聴者とスタッフが同時に目撃するのでした。

「世界は欲しいモノに溢れている密着取材」より

テレビ出演で復刻宣言してから販売が実現したのは2年後。クリスマスに合わせてどどーんと販売開始。インスタグラムでプレゼント企画もしまして、大いに盛り上がりました。ヘイニさんはその時のインスタグラムでシャチョウ冥利に尽きる言葉をくれまして。。。

As a child I used to love stories, where someone kept believing in something and finally - the Dream came true.

My design Runo Hallamarja for Arabia will be available @scope_japan in Japan for This Winter season. I am extremely delighted, because I could not think better way for reproduction of Runo Frostberry.

So happy Mr. Hirai visited my studio with the TV-program and he promised me the story of Runo Frostberry is not yet over. ✨in the picture the first set they have got. Sometimes the Dreams come true.

子供の頃、誰かが何かを信じ続けて、最後に夢が叶うという物語が好きでした。

私のデザインしたRuno Hallamarja for Arabiaが、この冬、日本では@scope_japanで販売されます。Runo Frostberryを復刻するのにこれ以上の方法はないと思っていたので、大変嬉しく思っています。

平井さんがテレビ番組でアトリエを訪れてくださり、Runo Frostberryの物語はまだ終わらないと約束してくださったことがとても嬉しかったです。


8, 28, 2020

Heini Riitahuhta(@heiniriitahuhta) インスタグラムより

復刻宣言から2年後、スコープ20周年記念に再販売されたRunoフロストベリーは毎年クリスマスを飾るスコープの風物詩となってきました。幸い今のところクリスマスDAKE JA NAI テイジン。皆さんのおかげで普段も使えるアイデアがインスタの#ルノ日記でどんどん増えています。ヘイニさんも見て楽しんでくれてます。SNS万歳。

(2022/10/31現在)

ノッチャンネル アーカイブ

ノッチャンネル

02. 王子クラウス

第二回はフィンランドの民話や動物をベースに神秘的なイラストを描くアーティスト、クラウス・ハーパニエミ。初海外でシャチョウが出会ったスターであり、スコープでは王子と呼ばれている。。。いや、呼ばれていた。