• カート
Artek (アルテック) /  ペンダントライト A333 TURNIP

Artek / ペンダントライト A333 TURNIP

A333ペンダント
カブ、ようやくです。

Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)により1954年頃デザインされたA333 ペンダントライト。別名Turnip、日本語にしましたら「カブ」、その愛称で親しまれている通りに、丸みを帯びたカブのようなフォルムが特徴です。開口部の真鍮メッキのゴールドと、本体色との組み合わせが実にフィンランドらしく、とても静かで美しい。点灯していない日中であっても適度な存在感があり、目立つというより空間に馴染む、そんな印象の照明です。そう、とても落ち着いた綺麗な照明だから、逆にいえば派手さはない、いや、他が派手だから地味に見えてしまうというのもあるのかもしれないけれど、やはり派手さはないナ。アアルトのデザインした照明にはA330S GoldenBell(ゴールデンベル)A331 Beehive(ビーハイブ)という、アイコニックなツートップの存在がありますから、その影に隠れてしまうA333です。僕自身もビーハイブとゴールデンベルばかりに目がいっていて、長らくA333には惹かれていなかったからこんなに取扱が遅くなってしまった!でも、このA333に惹かれたスタッフがいて、そのスタッフの強い希望があったから試しに使うこととなり、実際に使ってみれば、コレはナルホド素晴らしい存在だったという結果です。付き合ってみなければ、その良さがわからない、そんな物もあり、そういった物ほど長く付き合える物だったりします。フィンランド国民年金協会、メゾン・カレ、ヘルシンキにあるアカデミア書店などでも使用されている照明だけあり、A333はやはり素晴らしい照明でした。そして、それは日本人に向いていた部分を備えている。そんな風に今の僕は感じてますから、A333見逃さないで!カブをよく見てやって!出会いから何年か経過し、やっと使って、ようやくそんな心境に至っています。

Artek (アルテック) /  ペンダントライト A333 TURNIP

ナカナカ明るい理由

A333ペンダントライトはナカナカ明るい照明です。アアルトの照明は基本的に光源が直接視界に入ることがないようデザインされていると聞いたことがあります。ですから光源(電球)が目に入らないようシェードはデザインされています。つまりは光源がシェードに覆われているわけですから、それだけ明るく照らされる場所は限られてきます。ただA440に関してはシェード全体がフロストガラスなので全体が明るく光りますから、同じ電球を使えばスコープ取り扱い照明の中では一番明るいです。それに次いで明るいのが意外にもA333、このターニップです。理由は下方向を照らすだけではなく、上も照らしてくれるからです。照明上部の2段、ここが閉じられておらず、二つの円筒を接合して形作られていますから、上方向も明るく照らします。それが思った以上に明るく照らされるのはシェードのカブ的シェイプのおかげでしょう。電球を選ぶときは出来る限り全方位を照らすものを選ぶのが良いと思います。シェード部分は下にいくにつれ狭くなる形状、そして内側はホワイト。ですから、うまく内側に反射した光が、照明上部をなかなか広範囲にわたり明るく照らします。部屋全体を均一に強く明るく照らす照明とは違い、部屋全体に陰影を作り、かなり落ち着く空間となりますから、これをメインとし、照度が足りなければ間接照明で補いましたら、それはそれは素敵な空間となる事でしょう。

パリ郊外にあるルイ・カレ邸

Artek (アルテック) /  ペンダントライト A333 TURNIP

ルイ・カレ邸での出会いから
TEXT:スタッフナルト

ともすればアアルトに侵食されている、そんな表現も決して大げさではない我が家であります。最初はStool60を手にしたところからでした。それから建築を見たり、作品集を見たり、展示会に出かけたり、知れば知るほど興味は深まり、ふと気が付けば自分の暮らす空間とアアルトが作った空間を重ね合わせる、そんなことに熱を上げるようになりました。うちだったらこのテーブルはあそこに置いて、となると椅子はこれがいいかな。そういう時の想像力は壮大に膨らみます。これがどんなデザイナーでも当てはまるか?と言われると決してそうではないように思います。遠くかけ離れているのではなく、どこか身近で自分に当てはめやすく取り入れやすい、そこがアアルトの偉大さだと思うのです。アアルト建築のなかでも特に好きなのが、パリ郊外にある代表作ルイ・カレ邸です。ここはラグジュアリーだけど温かい雰囲気もあって、憧れる部分が非常に多かった。そこで目にしたのがA333ペンダントライトでした。ルイ・カレ邸では寝室のベッド近くに置かれた、小さなサイドテーブルの上に吊るされていたのですが、それが本当に素敵だったのです。丸みを帯びた形はゴールデンベルやビーハイブより優しくあたたか、そんなところも私好みでした。で、それまで迷いに迷っていたメイン照明、ダイニングテーブル上のペンダントはこれだ!とピンときたわけです。円形テーブルの上、少し低めに吊るしたA333。ゆったりした休日には、この下に可愛らしい花でも生けたくなるような、そんな気持ちにさえしてくれます。まだまだ遠く及びませんが、これからもそんな風に少しずつアアルトの要素を盛り込みながら(力を借りながら)、コンパクトでも居心地がいい理想の空間を作っていきたいと思っています。

Artek (アルテック) /  ペンダントライト A333 TURNIP

シェードと電球
明るさのはなし

部屋を明るくしたいのであれば、より明るい電球を使ってください。ただ、照明機器それぞれには使用電球の最大消費電力がありますから、それを超えてはいけません。例えば、このA333ペンダントライトであれば、最大消費電力60W です。つまり60W 以上の電球を使いますと危険です。具体的には発熱によって照明内の温度が上がり、配線や周辺部品が劣化し、変形(樹脂パーツが解ける)や故障、最悪の場合には発火します。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、実際に起こりますからご注意を。別の照明ではありますが、最大消費電力60Wのところ、100W白熱球を使用していて樹脂パーツが溶けてしまったというケースを実際に見たことがあります。ですから使用電球は最大消費電力を必ず守って下さい。ただ守らなくてはいけないのは最大消費電力です。LED球や蛍光球のパッケージに記載のある「100W相当」というのは消費電力ではなく、明るさが白熱球100W相当という目安のような数値です。ほとんどの場合、100W相当であっても消費電力が60Wを超えるということはないと思います。ですから、より明るくしたいと思えば「〇〇W相当」の数値がより高く(例えば100W相当)、消費電力60W以内の蛍光球やLED球を選べばよいという事になります。加えてA333タイプを使うのであれば上方向にも光る全方向タイプを選ぶとよいでしょう。

Artek (アルテック)
Alvar Aalto (アルヴァ・アアルト)

商品スペック

材質 アルミニウム ホワイト塗装
真鍮メッキリング
寸法 約φ255×H200mm / 約2.3kg
生産 Made in China
備考 電球:E26 最大消費電力60W
引掛けシーリング取付式
ON・OFFスイッチ無し
電球付属
  • 説明書ダウンロード


Artek ペンダントライト A333 TURNIP

    •  
    •   ペンダントライト A333 TURNIP
  •   ペンダントライト A333 TURNIP 1m 1m
      ペンダントライト A333 TURNIP 2.1m 2.1m
  • ¥68,200(税込)