現在のご注文は12/9(金)までに出荷します 12/5(月)は12/2(金)13時半までのご注文を出荷予定
ラインナップ
木瓜角皿 Lehti 正角 01プレゼント!木瓜角皿 Lehti 正角 01プレゼント!
Artek (アルテック)  81B テーブル
81Bテーブル / Chair69×4
Artek (アルテック)  81B テーブル
81Bテーブル / Chair69×4 / Stool60×2

Artek / 81B テーブル

1935年にアルヴァ・アアルトによってデザインされたテーブル。Chair69も同じくアアルトによって同年にデザインされていて、どちらにもL-レッグが使われていますからシンプルながら特徴はあり、当然相性も良いです。特に81BテーブルとChair69は、サイズ的バランスも抜群で、実に無駄のない4人掛けダイニングセットだと思います。Chair69は幅が44cm(背もたれ部分で最大44cm、座面は39cm)。81Bテーブルはテーブル長辺が120cmで、テーブルの脚と脚の間(椅子が収まる幅)は103cm。そのスペースにChair69を2脚並べると椅子と椅子の間には15cmの余裕が生まれます。ゆったり余裕がある訳ではないけれど狭いという印象もありません。また、日常的には4人までの使用をオススメしますが、短辺にスツールなどを足せば、6人まで使用することは可能です。思い出してみれば、我が家も実家を建て直す前は、このサイズ感のダイニングテーブルにお世話になっていました。6人家族で120×73cmサイズのテーブルを囲んでいたのですが、テーブル上もそこに集う私たちもいつも一所にギュッとまとまっていて、にぎやかな思い出として今でも記憶に残っています。そして新居が建ち、広くなったダイニングルームに合わせて大きなテーブルが新調され、120cm幅のテーブルは私の勉強机として第二の役目を果たしました。そして私が実家を出た現在、母の洋裁用デスクとして活躍しています。家族や住まう環境の変化に応じて別の用途を見出すことが出来るのは、このサイズならではという気がします。さすがに我が実家のテーブルはこれにてお役御免となりそうですが、これがアアルトのテーブルだったなら、そのデザイン性、流行りに左右されない根強い人気とその価値も相まって、さらに次の活躍の場も見出せたのかもと思うと、アアルトデザインの魅力の底力を強く感じます。(スコープ 熊澤)

Artek (アルテック)  81B テーブル

スコープアパートメント
ダイニングテーブルは81B+95

住みながら撮影をするというスコープアパートメント企画を2020年5月から再始動しました。長らく取り扱いのメインに据えてきました北欧、主にフィンランドの物で構築し、自分なりの北欧的集大成にすると決めていますから、そこにある家具はアルテックが多いです。一番最初に気に入った空間になりましたのがダイニングキッチンで、アルテックのテーブル81Bと95を二つ合わせて置いています。その周りは、とりあえず使っていたスツール60リノリウムがしっくりきているので、多分このままになります。スツール60だけでも全然困ることはないですし、掃除も楽だし、2つ並べているので大きなテーブルになっていますが、周りがスツールだからか圧迫感なくスッキリ快適です。大きなテーブルにスツール沢山、このmysuomiハンナさんの手法はナカナカよいです。こうして二つのテーブルを組み合わせて大きなテーブルにするというのは実に先々無駄がないと僕は思っています。やはり物が大きくなればなるほど用途も場所も限られてきますので。この2つでしたら使い道はいくらでもみつかります。スツールもしかり。ただ、アルテックのテーブルはとても軽いので使っていると結構ズレます。ですから、こうして1辺は壁に付けて置いた方がズレたとしても1方向ですから面倒ではないと思います。そう、結構ズレるのです。アルテックのテーブルを二つ一緒に使うのでしたら、その軽さから結構動く、結構ズレる、そこは頭に入れて検討した方がいいなって細かいんですけど、そんなことを思います。

Artek (アルテック)  81B テーブル

組み立てについて

アアルトテーブルは組み立て式ですが、天板に脚をネジで固定するだけのシンプル作業ですし、天板は比較的軽量なので組み立ては簡単です。天板のネジ穴からネジ先がズレてしまわないように注意してネジ止めするだけなので難しいことはありません。ただネジの締め込みは固いので、トルク調整機能付き電動ドライバーか、ラチェットドライバーをお使いいただくことをおすすめします。こちらを使えば女性でも組立をすることは難しくないです。実際にあまり力に自信のないスコープスタッフに組み立ててもらいましたが、問題なく完成できました。どちらの工具もホームセンター等で購入できますが、ご希望でしたらオーダー時に「スコープへの連絡事項」欄へ【ラチェットドライバー希望】とお書き添えいただきましたら、テーブルと一緒にお届けします。またフローリング保護のためにフェルトも同梱しています。フェルトを貼ると多少のガタツキを吸収してくれるという利点もありますので、お好みで脚裏に貼り付けご活用ください。また四角形のテーブルには、幕板が一緒に同梱されています。取り付けなくてもテーブルの強度には影響ないのですが、取り付けましたら見た目に美しくなります。こちらは釘とハンマーで固定するのでハンマーは必要です。幕板を取り付ける際のアドバイスをひとつ。幕板を脚にぴったり添わせ、取り付けしたくなるのですが、そうしますと幕板がテーブル側面に対して少し斜めになることが多いようです。幕板は脚から少し隙間をあけてでも、天板側面と平行になるよう意識しながら取り付け位置を決めた方が、より美しい完成形になると思います。

Artek (アルテック)  81B テーブル
ホワイトラミネート
Artek (アルテック)  81B テーブル

細かい部分ですが

超拡大していますけれども、1枚目の写真のようにホワイトラミネートの場合、極細の繊維や小さな黒点の混入が結構あります。本当に些細なものなので、じっくりと気にして見てわかる程度ですから目立つものではありません。ただ、そういった部分もあるということは前もって報告しておきます。また、これはラミネートに限った話ではなく、アルテックのテーブルやスツール、チェアに共通していえることですが、脚にスリットが入っているので積層合板のように見えますけれども、脚はフィンランドのバーチ材、1本の無垢材からできています。バーチの無垢材にスリットをいれて曲げているのです。そこが最大の魅力なのですけれど、つまりは自然素材ですから木目の違いや節はもちろんありますので、その点はご了承ください。脚の節や色、木目に関することを理由にした返品交換には対応できません。必ずその点はご理解の上でオーダーをお願いします。

ブランド
Artek (アルテック)
デザイン
Alvar Aalto (アルヴァ・アアルト)

商品スペック

材質
バーチ
バーチ(ラッカー塗装) 天板表面材:バーチ突板仕上げ

ホワイトラミネート
バーチ(ラッカー塗装) 天板表面材:ラミネート
寸法
W1200×D750mm×H720mm / 天板厚み:40mm / 約17.5kg
生産
バーチ
天板:Made in Germany / 脚:Made in Finland

ホワイトラミネート
Made in Finland
備考
組立必要:15分~30分

説明書ダウンロード : Aalto テーブル / 組立て方

個別販売商品

  • バーチ 0048

    161,700(税込)
  • バーチ 0059

    161,700(税込)
  • バーチ 0060

    161,700(税込)
  • バーチ 0061

    161,700(税込)
  • バーチ 0062

    161,700(税込)
  • バーチ 0063

    161,700(税込)
  • バーチ 0064

    161,700(税込)
  • バーチ 0065

    161,700(税込)
  • バーチ 0066

    161,700(税込)
  • バーチ 0067

    161,700(税込)

    販売終了しました

  • バーチ 0069

    161,700(税込)
  • バーチ 0070

    161,700(税込)

バーチ

お気に入りが見つからない時、欠品時は登録してください

入荷連絡を希望する

ワケありアイテム 使用上の問題はないんだけどナニカある。そんなスコープ的ワケアリ品です。

  • バーチ 0055

    161,700(税込)

    129,360(税込)

    販売終了しました

  • バーチ 0058

    161,700(税込)

    129,360(税込)

    販売終了しました

  • バーチ 0068

    161,700(税込)

    129,360(税込)

    販売終了しました

  • ホワイトラミネート

    151,800(税込)

    あと 2個

Aalto Table