• カート
Artek (アルテック) /  80A テーブル

80Aテーブル / Chair69 / ウスタヴァ

Artek / 80A テーブル

1935年にアルヴァ・アアルトによってデザインされたシンプルなテーブル。80Aテーブルは120cm×60cmと奥行きが浅く、ダイニングテーブルというより、デスクとして使う目的がメインになると思います。デスクとしては大きくなく、どちらかといえば小振りで丁度よいサイズ、デスクトップPCを設置しましても問題なく活用できます。こういったテーブルをデスクとして活用すれば、時代に流されて古臭くなることもないですし、年齢に関係なく愛用を続けることができると思います。比較的コンパクトな部類に入りますからデスクとして使わなくなれば、何かしらの作業台にしてもよいですし、脚を低くカットしてテレビや植物のプランターを飾る台のようにしても使えると思っています。僕はこういったアアルトの小振りなテーブル類を集めて、脚をカットし高さ調整することで、うまく飾る場所を作ることができないかな?と長らく考えています。デスクとしての用途を終えると行先を無くしてしまうわけですが、そうして先を生み出せるといいなと思うのです。またスコープアパートメントという撮影スタジオでは、81Bテーブル(120cm×80cm)と、95テーブル(120cm半円)を併せて1つのダイニングテーブルとして活用していますが、この組み合わせですと非常に大きなテーブルとなりますから、半円と長方形を組み合わせダイニングテーブルにしたいと場合は、この80Aテーブル+95テーブルとすれば奥行20cmはコンパクトになります。

Artek (アルテック) /  80A テーブル

スコープアパートメント
80Aテーブルとパントリー角

スコープアパートメントで仕事用のデスクとして使用しているのが80Aテーブル。アルテックのテーブルのラインナップのなかではコンパクトな、幅120cm奥行60cmというサイズ、最初は少し小さいかなと思ったんですが、使ってみるとこのコンパクトさがなかなか使い易いというのがわかります。壁付けにして、奥にチボリや小物入れを置き、逆サイドにはデスクトップのモニターを置いていますが、手前のスペースでは十分PC作業ができ、不足を感じることはありません。広すぎるよりもコンパクトにぎゅっと固まっている方が何かと手が届きやすく都合がいいです。デスクの隣にパントリーを置き、そこに細々したものや文房具、資料などを収納するのもおススメです。私はこれで随分机の上がスッキリしました。おかげで作業スペースを保てています。前の壁にString pocketを取り付けたり、デスクの下に収納棚を設置するというのもアリです。椅子に腰かけた状態で自分が作業するのに必要な幅としては、デスクの3分の2程度あれば十分なので、40cmくらいはまだ余裕があります。そこにデスク下収納棚を設置すればさらに快適なデスクスペースになりそうです。最近は家で仕事をする人も多いと思います。PCを開けばどこでも仕事はできますが、やはり仕事用のスペースがあるとスイッチが入る感じがして、個人的にはデスクの方が仕事がはかどるようです。(スコープ成戸)

Artek (アルテック) /  80A テーブル

組み立てについて

アアルトテーブルは組み立て式ですが、天板に脚をネジで固定するだけのシンプル作業ですし、天板は比較的軽量なので組み立ては簡単です。天板のネジ穴からネジ先がズレてしまわないように注意してネジ止めするだけなので難しいことはありません。ただネジの締め込みは固いので、トルク調整機能付き電動ドライバーか、ラチェットドライバーをお使いいただくことをおすすめします。こちらを使えば女性でも組立をすることは難しくないです。実際にあまり力に自信のないスコープスタッフに組み立ててもらいましたが、問題なく完成できました。どちらの工具もホームセンター等で購入できますが、ご希望でしたらオーダー時に「スコープへの連絡事項」欄へ【ラチェットドライバー希望】とお書き添えいただきましたら、テーブルと一緒にお届けします。またフローリング保護のためにフェルトも同梱しています。フェルトを貼ると多少のガタツキを吸収してくれるという利点もありますので、お好みで脚裏に貼り付けご活用ください。また四角形のテーブルには、幕板が一緒に同梱されています。取り付けなくてもテーブルの強度には影響ないのですが、取り付けましたら見た目に美しくなります。こちらは釘とハンマーで固定するのでハンマーは必要です。幕板を取り付ける際のアドバイスをひとつ。幕板を脚にぴったり添わせ、取り付けしたくなるのですが、そうしますと幕板がテーブル側面に対して少し斜めになることが多いようです。幕板は脚から少し隙間をあけてでも、天板側面と平行になるよう意識しながら取り付け位置を決めた方が、より美しい完成形になると思います。

Artek (アルテック) /  80A テーブル

ホワイトラミネート

Artek (アルテック) /  80A テーブル

細かい部分ですが

超拡大していますけれども、1枚目の写真のようにホワイトラミネートの場合、極細の繊維や小さな黒点の混入が結構あります。本当に些細なものなので、じっくりと気にして見てわかる程度ですから目立つものではありません。ただ、そういった部分もあるということは前もって報告しておきます。また、これはラミネートに限った話ではなく、アルテックのテーブルやスツール、チェアに共通していえることですが、脚にスリットが入っているので積層合板のように見えますけれども、脚はフィンランドのバーチ材、1本の無垢材からできています。バーチの無垢材にスリットをいれて曲げているのです。そこが最大の魅力なのですけれど、つまりは自然素材ですから木目の違いや節はもちろんありますので、その点はご了承ください。脚の節や色、木目に関することを理由にした返品交換には対応できません。必ずその点はご理解の上でオーダーをお願いします。

Artek (アルテック)
Alvar Aalto (アルヴァ・アアルト)

商品スペック

材質
バーチ バーチ 天板表面材:バーチ突板仕上げ(ラッカー塗装)
ホワイトラミネート バーチ(ラッカー塗装) 天板表面材:ラミネート
寸法 W1200×D600mm×H720mm / 天板厚み:40mm / 16.4kg
生産
バーチ 天板:Made in Germany / 脚:Made in Finland
ホワイトラミネート Made in Finland
備考 組立必要:15分~30分
佐川急便での配送となります。
  • 説明書ダウンロード

  • 個別販売商品


Artek 80A テーブル

  • 00550055 / 脚の付け根内側に少し深めのシワがありますが、目立たない部分で使用にも全く問題ありません。
  • バーチ 0055¥135,300(税込)
  • 0056
  • バーチ 0056¥135,300(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0057
  • バーチ 0057¥135,300(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0058
  • バーチ 0058¥135,300(税込)
  • 00590059 / 脚の側面上方に微かな黒いインクのような付着がありますが、目立つものではありません。
  • バーチ 0059¥135,300(税込)
  • 0060
  • バーチ 0060¥135,300(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0061
  • バーチ 0061¥135,300(税込)
  • 0062
  • バーチ 0062¥135,300(税込)
  • 販売終了致しました
  • 00630063 / 脚の付け根に節がありますが、天板下で覗き込まなければ見えない部分です。
  • バーチ 0063¥135,300(税込)
  • 0064
  • バーチ 0064¥135,300(税込)
  • 0065
  • バーチ 0065¥135,300(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0066
  • バーチ 0066¥135,300(税込)
  • 0067
  • バーチ 0067¥135,300(税込)
  • 0068
  • バーチ 0068¥135,300(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0069
  • バーチ 0069¥135,300(税込)
  • 0070
  • バーチ 0070¥135,300(税込)
  • 販売終了致しました
  • 00710071 / 天板長辺側の端に小さな凹みがありますが、目立つものではありません。0071 / 脚の側面や内側に小さな黒い混入があったり、僅かに黒っぽくなっている部分があったりします。0071 / 脚の内側上方に小さな削れのような凹みがありますが、引っ掛かりもなく気になるものではありません。
  • バーチ 0071¥135,300(税込)
  • ¥121,770(税込)
  • 販売終了致しました
  • NO IMAGE
  • バーチ¥135,300(税込)
  • 次回 入荷未定
  • ホワイトラミネート
  • ホワイトラミネート¥124,300(税込)