現在のご注文は7/1(金)までに出荷します。 6/28(火)は6/25(土)19時半までのご注文を出荷予定
ラインナップ
iittala Teemaボウル3.4L
ホワイト
iittala Teemaボウル3.4L
ホワイト

iittala/ Teemaボウル3.4L

たまに作られるボウル3.4L

人気のない物は廃番となって生産終了を迎えるのだけれど、そのまま消えてしまう物もあれば、また復活する物もある。その違いはなんだろう?ということを考えることがあります。きっと、それは、その物がどれぐらい生活に定着していて、より多くの人にとって必要な物となっているか、愛用されているか、そこだと思うのです。そうでなければ、また生産しよう、復活させようと考える人もいないだろうから、この流れは生まれないはずです。このTeemaボウル3.4Lはとても大きく、日本では広く愛用されている物でもないと思いますが、フィンランドではフルーツボウルとして使われ、テーブルやキッチンに置いてある姿をよく見た記憶があります。それがティーマだったのか、その前身となるキルタだったのかはわかりません。多分、フィンランドでは思った以上に使われている物なのだと思いますのは、生産終了になってもまた復活するを繰り返しているからです。2005年までティーマのラインナップに存在していて、2009年には樹脂製蓋付バージョンも加わりラインナップされていたTeemaボウル3.4L(スコープで扱っていないだけで、他のタイミングでも生産されていた可能性はあります)。ティーマ70周年の2022年、ボウル1.65Lと一緒に再登場しました。ホワイト、リネン、ハニーという3色展開ですから、かなり重要視されているようです。ただ、購入される場合は少し慎重に検討してください。写真で見た印象より、かなり大きな物です。ご自宅にあるステンレスボウルの近いサイズ等と比較してサイズ感を把握してみてください。柳宗理のステンレスボウル23cmとサイズは近いので、もし家にあればこれぐらいかぁ~って掴めると思います。大きいとわかっていても、実際に手に届くと初対面の印象は強烈、こんなに大きかったのか!と少なからず驚きます。そして、使っていると慣れていき、不思議とそこまで大きいとも思わなくなっています。

iittala Teemaボウル3.4L
リネン

冷蔵庫トゥーテーブル

オーブントゥーテーブル、オーブンで調理してそのまま食卓に出すことができる耐熱食器はとても便利で無駄がない。イッタラやアラビアの食器はデザインがシンプルであるだけでなく、効率的に使えるよう考えられている点が素晴らしく、実用的だからこそ世界中で愛用されているのだと思います。そして冷蔵庫トゥーテーブル、これもナカナカいいものです。Teemaボウル1.65Lのページにも書きましたが、大きなステンレスボウルのような形状とサイズ感ながら、サランラップがつくというプラスがあります。そこでこのTeemaボウル3.4L、こんな風に僕は便利に使うようになりましたから、そこを少し詳しく書いてみます。まず、このボウルで直接サラダを作ります。大きなステンレスボウルを使わず、調理器具もこのボウル3.4Lで兼ねる戦法です。そして、そのままテーブルへ運び、サラダを取り分けて食事をします。サラダはかなりの量になりますから、一気に食べきれるわけもなく、残りましたらラップして冷蔵庫へいれます。また翌日の朝食にはボウルのままテーブルへ出し、サラダを食べます。最近、野菜を食べろ、野菜を食べろと言われ続けているので野菜スープを日々飲み続けていますが、この手法が加わって更にサラダも食べ易くなりました。この冷蔵庫トゥーテーブル、かなり効率的です。ただ冷蔵庫に大きな空きスペースが必要となりますから、冷蔵庫もかなり整理してスッキリさせました。冷蔵庫も体もスッキリしていくという画期的な方法なのかもしれないです。

iittala Teemaボウル3.4L
リネン
iittala Teemaボウル3.4L
リネン
iittala Teemaボウル3.4L
リネン

サラダボウルで何人前実験

このTeemaボウル3.4L、葉野菜のサラダは何人前ぐらいの容量なんだろう?そんな疑問が頭に浮かびましたから実際に試してみました。Teemaボウル3.4Lに葉野菜を満たして、Kastehelmiプレート17cmに取り分けてみるという簡単な実験です。結果としましては6皿分は十分にあり、もう1皿いけましたので7~8皿分はありました。ですから7人分のサラダはこのボウル1個に十分収まります。5人以上の大人数で食卓を囲むのであれば、このTeemaボウル3.4Lにどさっとサラダを盛りつけて、皆さん銘々がメインプレートに必要な分だけとって食べるという仕組みにしましたら、サラダは十分な分量になると思います。

iittala Teemaボウル3.4L
ホワイト、ハニー

直径は約24cmだから
そこまで収納は難しくない

大きいと言っても直径は24cm程度ですから、プレートとしましたらメインプレートサイズ、プラターのような大面積ではありませんので、大皿と比べましたら収納にはそこまで困りません。高さがあるので空間は占拠しますが、面積的にはメインプレートと同等です。食器棚の上の方、あまり使わないスペースにでも収納すればよいですし、スコープのパントリーでも問題なく収納できます。また高さのある食器ですから、横から見たときには存在感があります。Teemaボウル3.4Lのいいところ、それは棚に置いてあるだけでも絵になり、それが出しっ放しであっても絵になる点です。これが一つの飾りのようにもなるところは魅力です。常には仕舞っておき、ここぞという時に出して使うより、目につくところに出しっ放しにして、飾りつつも積極的に使うことを考えましたら、より価値は高まると思います。

ブランド
iittala
デザイン
Kaj Franck (カイ・フランク)

商品スペック

材質
磁器
寸法
約φ238×H115mm / 1460g / 3400ml(満水)
生産
Made in Thailand
備考
オーブン(直火不可):〇 / フリーザー:○ / 電子レンジ:○ / 食器洗浄機:○

購入前に確認ください

  • 小さな黒点やピンホール、多少のがたつきは良品としています。

説明書ダウンロード:陶磁器

  • リネン

    11,000(税込)
  • ハニー

    11,000(税込)
  • ホワイト

    11,000(税込)

Teema