• カート
MAGIS (マジス) /  Linnut

MAGIS / Linnut

マジスのバード照明
Linnut by Oiva Toikka

このバード照明LinnutがイタリアのMAGISから発売になるという情報を始めて目にした時、僕はナカナカに飛び上がってしまった。こんなこと可能なのか!?と驚いたのだけれど、イッタラとのコラボ企画だとわかればナルホドであり、段々とオイバ・トイッカがデザインしたというバード型照明、その物に興味がわき始め、それはとても面白く見え始めました。仕事でも生活でも付き合いの長いイッタラのバードが昼に活躍する昼行性の鳥とすれば、夜にぼんやり優しく光るマジスのバードは夜行性の鳥、お互いを補うような存在というのも、これはナカナカ素敵な仕組み。そんなことを1人ブツブツ考えていましたら、スコープで取り扱いたい気持ちが強くなるのも当然で、その勢いに押し流されMAGISへ取引希望の問い合わせメールを送信しましたのが2018年5月です。そしてうまく話は進み、取扱いできる事になったのは良かったのだけれど、そこからが長かった。製品化が相当難航したようで、発表から発売までが長かった。ようやく2019年夏に初回生産を迎え、サンプル各1個を手配して貰い、実際に手にしてみると、『こんなに大きいのか!?』想像していたより遥かに大きなサイズだったから、とにかく驚きある初対面となりました。でも、その意外な大きさにオイバらしさを感じるのだけれど、それでも大きかった。そして詳しい仕様を知らないまま手にしたから、充電式であり調光可能であるという高性能っぷりは使って気づくこととなり、そこにも別の驚きを持って感心しました。またABS樹脂とポリカーボネイトでできているのですが、樹脂の安っぽさはなく、どこかガラスのような雰囲気もあり、オイバ・トイッカが作りあげてきた吹きガラスで作られるバードの質感を可能な限り再現したというメーカーの言葉は、嘘でも幻想でもなく、確かにそうでした。とにかく驚きの多いアイテムとなりましたMAGISの新作照明『Linnut by Oiva Toikka』、手にしてみれば製品化が難航するのも理解できます。これのみで読書するというような明るさはないのだけれど、キャンドルのようであり、常夜灯のようであり、また部屋を彩る灯りの飾りであり。日本的なひとつの強い灯りで部屋全体を照らすのではなく、いくつかの照明を組み合わせ、暖かくて落ち着きのある優しい明るさで部屋を満たしていく、そんな灯りの積み重ねとするのでしたら、よい照明のひとつとなるでしょう。これを機に、そんな新しい一歩を踏み出すのもいいじゃない。

Palturi

MAGIS (マジス) /  Linnut
MAGIS (マジス) /  Linnut MAGIS (マジス) /  Linnut

Palturi / デカいんだけど
ジワジワくる脚付フクロウ

これは大きい、かなり大きいから、気軽に欲しい!ナンテ言えない物ではあるのだけれど、ずっと眺めているとジワジワきます。ほんとジワジワきます。で、これが一番いいんじゃないか?と考えるようになり、そんなことを口にするスタッフが出てくる。スツール60の上に置きたいという具体案に至るスタッフまで出てくる。やはりこの、なんというか、独特フォルムと顔がいいのです。Birds by toikka(イッタラのガラスバード群)的にいえばPEAR OWLがベースになっているのだと思うのだけれど(顔と形状がそれだから)、こういったPEAR OWLだとか、LAPPLANDS OWLだとかの横長わがままバディーに脚付というスタイルは、オイバファンのツボ的フォルムの1つであり、最高な表情も兼ね備えてくれているのだから、我々心くすぐられて当然か。そんな事もあり、気づけばそうジワジワとコレが一番気を惹き始めるのです。実に大きな一羽でありますが、実に魅力的な一羽であります。置く場所ありましたら是非。

Siiri

MAGIS (マジス) /  Linnut
MAGIS (マジス) /  Linnut MAGIS (マジス) /  Linnut

Siiri / 一番人気でしょう
スコープ別注バードの如く

まさにスコープが別注を重ねてきましたスコープ好みの類。丸いボディに真丸の尾、そしてクチバシに明るくパッと目を惹く透明イエロー。やはりこれはスコープ好み、僕好みです。どれが人気になるでしょう?そう聞かれれば、それは間違いなくコレとお答えします。5種の中では2番目に小さく、飾り易い小ぶりサイズ(とはいえ、それなりに大きい)であり、見た目も文句なくオイバ的であり、綺麗なクチバシもある。Birds by toikka的にいえばSulo&SorjaのSorja、それと同じフォルムをしています。2019年12月号のリンネルにて、スコープな物を使った『暮らしが豊かになる北欧雑貨使い』を4ページにわたり掲載していただきました。その撮影においてSiiriがとても好評だったこと、それが一つの良い思い出となっています。それ以来、どうもSiiriはアルテックの915サイドテーブルの上にあるのが似合うように思うのです。

Sulo S

MAGIS (マジス) /  Linnut
MAGIS (マジス) /  Linnut MAGIS (マジス) /  Linnut

Sulo S / 小さなフクロウ
一番小さいから飾り易い

オイバの定番バードともいえるフクロウ、そのSサイズです。これが一番小さなアイテムとなりますし、小さい上に縦長フォルムですから、置く面積はさらに小さくなります。サイズ的にも形状的にも、最も置き場に困らないアイテムであることは間違いありません。MAGISから一番最初に発表されたイメージ写真では、このSulo Sの顔が違いました。Birds by toikka的にいえば、Barn Owlの顔ではなく、Snow Owlの顔をしていたのですが、途中で差し替えとなり、Sulo Lと同じ顔、つまりBarn Owl顔となりました。なんとなく、これで良かったように僕は思います。これはどこに置いても困ることないでしょうから、サイズが大きすぎやしないか?置き場所に困りはしないか?色々不安や疑問が積み重なりながら、何か一つは手にしてみたいと思えば、このSulo Sが最も安全牌です。

Sulo L

MAGIS (マジス) /  Linnut
MAGIS (マジス) /  Linnut MAGIS (マジス) /  Linnut

Sulo L / 最大のフクロウ
床置きしても存在感アリ

もう人間の子供ぐらいあるようなサイズ感で、圧倒的存在感がありますから、これを手にしようと思うのならサイズはよくご確認いただき、実際に置く予定の場所に、近いサイズにカットした段ボールを置いてみるなりして、実際のサイズ感は必ずつかんでからどうぞ。スコープ事務所の入り口辺り、そこにスツール60を置き、その上にずっといらっしゃいます巨大フクロウ様。どうも、その場所がしっくり来ているので、これはもうこのまま置いておこうと思っています。こういう物は、置く場所、居場所が大事な気がします。ここへ置こう、いや、ここへ置きたいという強いイメージが芽生えなければ、これはあまりおススメできません。物が悪いというわけではなく、それぐらいに大きな一羽でありますから、オーダーは慎重にどうぞ。

Kirassi

MAGIS (マジス) /  Linnut
MAGIS (マジス) /  Linnut MAGIS (マジス) /  Linnut

Kirassi / スタンダード型
クラシックな雰囲気なら

これ以外のバード照明が実に個性的で、どれもパーッとしていて目立つ存在でありますから、このKirassiはスタンダードなオイバのバードといった印象、とても落ち着いて見えます。とはいえ他が目立つから比較しまして落ち着いて見えるだけです。他4種と比較すればスタンダードではあるのだけれど、単体としてみればスタンダードではない。頭の色も透明ブルー系で目を惹くし、落ち着きあるクラシックな雰囲気ではあるのだけれど、サイズは相当に大きく5種のうち2番目のサイズ感でありから特別な存在感がありますから。更に横長なので大きな設置面積も必要です。それは抱えるほどの大きさですから、Sulo L同様、設置場所を決め、そこに置けるかどうか十分に実験と検証を重ねた後に購入するぐらい準備をしてからの購入をされる方が良いと思います。

MAGIS (マジス) /  Linnut

オマケ 先着1000枚
額装シルクスクリーン

MAGISの新作照明Linnut用に準備されたグラフィック、それをB4サイズにシルクスクリーンで摺り上げ、アッシュ材のフレームで額装し、スコープの購入特典としてみました。シルクスクリーンについては、試摺りを重ねて僕好みに仕上げてあります。額装はもう少しフレームを細くしたかったのですが、予算的なことも無視した企画とはいえ、ガン無視もできないから、悪くないというレベル、これが限界ということで此れにてご勘弁を。サイズはB4と一般的ですから、額装にイマイチ満足いかない方がいらっしゃいましたら、それはどうぞ好きに入れ替えて飾って下さい。1000枚刷りましたので、当面は照明ひとつにオマケひとつのプレゼントが続きます。またオマケが終わりそうになりましたらアナウンスしますから、そこまで焦らなくても入手可能でしょう。さてさて、どうしてここまでオマケに燃えるのか?それは販売目的では作れない物も、販促となれば製作の許可がでるからです。MAGISの照明Linnut用にオイバが準備したグラフィック、僕はこれを価値あるプリントに仕上げたくて仕方がなかった、ただそれだけです。売るとなればNGですが、販促物であれば製作できる。オイバの絵を飾る、そんな一つの目的を達成できるのだからやるしかない。それでここまでのオマケ制作に打ち込んでしまったというのが正直なところです。

Magis (マジス)
Oiva Toikka (オイバ・トイッカ)

商品スペック

材質 ABS樹脂、ポリカーボネイト
寸法 Sulo S:W135×H215×D135mm
Sulo L:W310×H500×D310mm
Palturi:W320×H350×D315mm
Siiri:W280×H190×D165mm
Kirassi:W230×H270×460mm
生産 Made in Italy
保証 1年
備考 LED照明 充電式(連続点灯:約3.5時間/フル充電目安:約4.5時間)
タッチ式ボタンによる調光機能付
光源:内蔵型LEDモジュール 1×2.4 - 3000K - 370lm - CRI > 80
消費電力:最大5W(Sulo Lのみ9W)

購入前に確認ください

  • 表面にごく細かなキズや小さなヒビが見られます。
  • USBケーブルを本体に接続する際、また取り外す際に、ランプがゆっくりと点灯・消灯し、調光機能の制御システムが作動します。この作動中に本体ボタンに触れるとシステムが乱れ、不規則に点灯したり上手く調光機能が働かない等の誤作動が発生する恐れがありますので、ここではボタンに触れないようご注意下さい。もし触れてしまったり、ランプが誤作動を起こすようなことがありましたら、一度ケーブルを外し、再度接続しなおす作業を行ってみてください。

MAGIS Linnut

  • Palturi
  • Palturi¥64,900(税込)
  • 12月入荷予定
  • Siiri
  • Siiri¥48,400(税込)
  • 12月入荷予定
  • Sulo S
  • Sulo S¥46,200(税込)
  • 12月入荷予定
  • Sulo L
  • Sulo L¥82,500(税込)
  • 12月入荷予定
  • Kirassi
  • Kirassi¥64,900(税込)
  • 12月入荷予定