ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

Oiva Toikka ロゴ

Oiva Toikka オイバ・トイッカ(1931-2019)
1931年ヴィボルグ生まれ。ヘルシンキ芸術デザイン大学で学ぶ。卒業後、1950年代はイッタラグループ傘下のアラビアに勤務。1963年からヌータヤルヴィで社内デザイナーとして働き始める。 1980年にはフィンランド獅子勲章プロ・フィンランディア・メダルを受賞。1992年にはカイ・フランク賞、2000年にはスオミ賞、2001年にはスウェーデン王室のプリンス・オイゲン・メダルを獲得。

豊かな想像力と大胆で味わい深いガラスのデザインで、世界的に評価されたオイバ・トイッカ。1963年にヌータヤルヴィのガラス工房の専属デザイナーになり、“フローラ”や“カステヘルミ”“ピオニー”など数多くのヒットシリーズを世に送り出しました。また世界的にも有名なイッタラの“バード バイ トイッカ”コレクションは、40年以上にわたり500種以上もの鳥を生み出し、多くの熱心なコレクターを集めました。ガラスの知識と職人たちとの密なコラボレーションの間に生まれた、数多くの一点ものでも知られ、多くの作品は世界有数の美術館コレクションにも収められています。