現在のご注文は7/8(金)までに出荷します。 7/6(水)は7/4(月)までのご注文を出荷予定
ラインナップ
東屋 (あづまや)  俎板(まないた)

東屋 / 俎板(まないた)

この頃のヒノキは
目が詰まっていて凄くきれい。
徳川吉宗の時代に
植えられたヒノキもあるんですよ。

そんな言葉を聞くと心がときめいて目の前にある一枚の俎板が今まで以上に素敵な物にみえてきます。樹齢200年以上の木材を使った一枚板の俎板。作られた江戸の世界をテレビを通してみる事はあっても、遥か昔のチョンマゲなお江戸の時代を直接肌で感じるような機会はそうそうない。でも、その頃に植えられた木が、長い年月を経て成長を続け今やっと成長をとめ、日用品となり僕達の手元に届いている感覚。その何百年という、とても長い時間がつながっている感覚を味わうと細かな事はどうでもよくなって、一緒に時を過ごしてみたい、使ってみたいという強い願望と、その木に相応しい正しい姿勢で使ってやらなければ、と思う二つの気持ちがむくむくと膨らんできます。実際に、今こうして僕たちがこんな綺麗なヒノキの俎板を使う事ができるのも、木曽ヒノキが古来より良質な材として尊重され、江戸時代には尾張藩により厳しく伐採が禁じられ、明治維新後は国有林となり、手厚く保護され続けてきたからこそ。そんな昔からずっと大事に育てられてきた木曽ヒノキを使った俎板を、今の僕たちが使う事ができるのは、昔の沢山の先輩方のお陰ですよね。大切に末長く使っていきましょう。

東屋 (あづまや)  俎板(まないた)

江戸時代から続く伝統技法を守り
木肌にあわせて
鉋で仕上げられています。

ヒノキには芳香樹脂成分が含まれているので、腐りにくく、カビの繁殖も抑えられます。表面は丁寧に鉋で仕上げられています。とはいっても塗装などは一切されていない無塗装の一枚板。使用に際し細かな心配ごとがある人もいるかもしれません。でも木曽の職人さんの合言葉となっている『木の肌と人の肌は同じ』という言葉の通り、やたらと気を遣っても別人のようにならない代わり、数日手入れを怠ったからといって急に醜くもならない。でも、毎日のちょっとした手入の違いで、10年、20年後の様子にじわじわと差が出てくる物ですからそんなに大袈裟に構えなくても、大丈夫。なるべく合成洗剤は避け粗塩を使って洗い木目を垂直にして立てて乾かす。そんな事を守りながら、いつもより少しだけ大事に使っていけば、心地よい包丁の当たる音を末長く聞かせ続けてくれるはずです。

東屋 (あづまや)  俎板(まないた)

2020年11月20日
俎板の黒カビを抑えて
長く使うコツ

ヒノキの俎板は天然の木材なので、使い続けていくうちに少なからず黒カビが出現してきます。ですが、扱い方によってその寿命は随分と変わってきます。まず、使う前には水で俎板を濡らします。これは切る食材の色やにおいを俎板に染み込ませない為です。そして、使い終わったら出来るだけ速やかに洗う。洗った後は食器と同じように拭き、一日の最後には一番カビの生えやすい両端に除菌消臭剤のA2ケアをシュッと噴霧しておくと、菌の繁殖が抑えられます。お茶を飲むついでに沸かしたお湯が余れば、シンクに俎板を立てかけて熱湯消毒するのも良い方法です。そして、立てかける木目の方向なのですが、水切れが良く、早く乾くという理由から「木目を縦にして立てておく」というのが定説として広まっているので、それを信じてずっと縦にして乾かしていましたが、ユーザーの方から「木が生えていた縦方向に置くと、逆に水分を吸い上げてしまうので、横向きに置くようにすれば、黒ずみませんよ。」というご意見を寄せていただきました。これは目からウロコの情報でした。横向きでカビないのならこれからは横向きににすべし。ということで、早速試してみています。現在の商品ページの俎板は縦方向に立てかけていますが、そのうち横向きの時代到来!ということもあるかもしれません。ある程度の時間が経ち、変化が感じられたタイミングで、またご報告しますね。(スコープ酒井)

東屋 (あづまや)  俎板(まないた)

2022年3月3日
改めまして、タテからのヨコ。

ヒノキの俎板に発生する黒カビをできるだけ抑える日々の扱い方として、「洗った後はタテに乾かすベシ」という管理方法で長年愛用してきました。それでも生えてくる黒カビはもう致し方なしと諦めていたのですが、一昨年の秋頃にスコープユーザーさんから「木の俎板は、立てたままだとずっと水を吸い上げ続けてしまうので、一旦立てて水を切った後は横向きにして干しておくと両側面が乾くのでカビにくいですよ。」という情報をいただき、それは良い情報を聞いたと、早速横向きにして乾かしていました。食器と同じ様に布巾で俎板を拭き、余裕がある時は両側面にA2ケアを噴霧して菌の繁殖を更に抑えたりしてちょっと手厚く扱っている事もあるのかもしれませんが、梅雨を越し、秋の長雨を越し、一年半程いつも通りに使い続けて様子を見ていたところ、一代前に使っていた俎板の時とは明らかに違っているのです。なんとまだ黒カビがそんなにキテない。私の感覚的な報告となりますが確かに黒カビの発生速度が違うと、そう実感しているので、この辺で堂々ご報告させてください。改めまして、俎板横向き時代の到来。タテからの、、、ヨコ。ヨコがいいみたいー!(スコープ酒井)

ブランド
東屋 (あづまや)
製造
山一 (やまいち)

商品スペック

材質
木曽ヒノキ無垢材
寸法
大 : W420×D230×H30mm / 約1100g
小 : W360×D180×H30mm / 約810g
*重さは個別に計測しています。カート上でご確認ください。
生産
Made in Japan
備考
ご使用前に湿らせることで匂いを吸い込みにくくなります。また使用後は粉状のクレンザーか粗塩で水洗いし、風通しの良いところで乾燥させてください。重曹は木を変色させる恐れがあるので使用を避けてください。

削り直しについて

購入前に確認ください

  • 木口面(短辺)は使用していると木の性質上ヒビが入ります。使用には問題ありません。
  • 割れの原因となるので、直射日光による過度な乾燥や長時間水に浸けたりしないで下さい。

説明書ダウンロード : 俎板

個別販売商品

  • 小 0334
    850g

    7,920(税込)
  • 小 0343
    650g

    7,920(税込)

    販売終了しました

  • 小 0345
    747g

    7,920(税込)

    販売終了しました

  • 小 0350
    770g

    7,920(税込)

    販売終了しました

  • 小 0357
    734g

    7,920(税込)
  • 小 0358
    799g

    7,920(税込)

    販売終了しました

  • 小 0359
    907g

    7,920(税込)

    販売終了しました

  • 小 0360
    776g

    7,920(税込)
  • 小 0361
    799g

    7,920(税込)

お気に入りが見つからない時、欠品時は登録してください

入荷連絡を希望する

  • 大 0374
    1070g

    13,200(税込)

    販売終了しました

  • 大 0375
    1136g

    13,200(税込)

    販売終了しました

  • 大 0376
    1183g

    13,200(税込)

    販売終了しました

  • 大 0377
    1108g

    13,200(税込)

    販売終了しました

  • 大 0378
    1091g

    13,200(税込)

    販売終了しました

  • 大 0379
    1161g

    13,200(税込)

    販売終了しました

  • 大 0380
    1082g

    13,200(税込)

    販売終了しました

  • 大 0381
    1481g

    13,200(税込)

    販売終了しました

  • 大 0382
    1095g

    13,200(税込)

    販売終了しました

お気に入りが見つからない時、欠品時は登録してください

入荷連絡を希望する

ワケあり品

  • 大 0383
    1332g

    13,200(税込)

    10,560(税込)

    販売終了しました