twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

scope ロゴ

どうせ何かするなら、新しい一歩を踏み出したい、チャレンジしたいのです。ビンテージでしか買えない物を日常使いしたいと思えば、僕は復刻したくなります。復刻できないと断られれば、できるまで交渉。膨大なロットが必要であれば(万単位とか)その数量でオーダーすれば復刻できるのだから、売れるかどうかなんて気にしないで即決GO!オーダーです。売り切れるような企画を考えればいいんだし、売れるまで企画を考え続ければいい。仕入れるお金が足りなければ借りればいい(それしかないしねぇ)。とにかく実現あるのみ。満足いく物がなければオリジナルで製作すればいいし、日本の価格が高いっていうなら直接輸入&沢山仕入れて現地価格化するのもいい。誰もやらない事であっても、必要とあれば果敢にチャレンジ。不可能を全て可能にしちゃおう!それでスコープユーザーの皆さんが、よい物を手にして、物を使い捨てず、物を大事にするようになり、日々の生活に無駄がなくなり楽しくなるといいなってだけなんですが。そのために僕らはスコープ魂を燃やし、スリルとリスクを抱えまして、ジェットコースターのような日々を過ごしています。物と思考の趣味が合うようでしたら是非ご贔屓に。

house towel  ブルー / SCOPE

白がないから始まった

誰もが必ず加えたくなる、そんなタオルのど真ん中、白を敢えて作らないと決めた時にハウスタオルは生まれた。それだけで新しい価値が生まれるのだから面白い。楽しみな夕食を抜くと痩せるに似ているのだろうか。スコープは常にそんな発想ばかりだから、大事なオリジナルアイテムの王、ハウスタオルに白は無い。ハウスタオルは使っている時も、洗っている時も、干している時でも同系色のグラデーションだから気持ち良い。シャ

house towel ブルー / SCOPE

house towel バスマット / SCOPE

使って洗ってすぐ乾くバスマット

吸水性に優れ、滑り止め機能も備え、大判。機能を足しに足して多くのバスマットはできているけれど、最も大事な洗濯しづらく、乾かないは致命的。僕にとっては便利より衛生的であることの方が勝る。頻繁に洗う事が苦にならず、すぐ乾くバスマットでなければ。それはタオルの延長線上にあると考えた。ある五つ星ホテルに泊まる機会があったのだけれど、バスマットはタオルの延長線上にある似た物だったから、だよね、と思った。シャ

house towel バスマット / SCOPE

house towel  ベージュ / SCOPE

実家のタオルは安心系

ブルーだと爽やかでまぶしすぎる、グレーだとスタイリッシュでかっこよすぎる、実家タオルの色選びはすんなりとベージュに決まった。家はウォールナット系の濃い色目、家具も落ち着いてる、ついでに犬も柴犬だし、やっぱブラウン系が安心します。庭に干してある時も、棚に収まっている時も、洗面所にかかっている時も我が家に馴染み、その一部となっているタオル。口うるさい母も、これには満足してるようで何より。成

house towel ベージュ / SCOPE

house towel グレー / SCOPE

タオルに空いた長方形の穴

タオルの隅に空いた長方形の穴をみて、『このタオル、いつも愛用してる。』といってくれた人がいた。長方形のアイコンが、APEの猿の如く、一つのアイコンになり始めている。そんな特別な印をこのタオルには備えたかったから、僕にとっては嬉しい話だった。ブランドのロゴやマークを大きく織り込まなくても、スコープのタオルとわかって貰いたかった。そこを思いつくまでには時間がかなり掛かった。シャ

house towel グレー / SCOPE

house towel 坂本龍一 特別版 / SCOPE

坂本教授とコモンズとスコープ

こんな奇跡みたいなことが起こるのか!?と驚きました。後にも先にも、これを超える事はないでしょう。僕の地味人生が輝いた瞬間!不思議な縁あり、坂本龍一さんとコモンズさんとスコープのコラボ、ハウスタオルでコラボさせて頂きました。坂本教授の希望でカラーはグレー、タグはセンター配置、そしてスコープのページに坂本教授本人登場(涙)僕が世界で一番好きな曲は、教授のセルフポートレイトです。シャ

house towel 坂本龍一 特別版 / SCOPE

キッチンツールキャニスター / SCOPE

効率とか安く作るをやめてみた

なんでこんなに使いにくいんだろうと思うと、そこには効率化の影が潜んでいる。使い勝手より、効率的に安く作る事を大切にしちゃう、つまり売れるを大事にすると、キッチンツール立てすら口広となりましてね、使いにくいわ!ってね、誰でも思うのですよ。だからコストや手間なんて無視しまして、スコープが作りたくもあり、使い易くもあるサイズと形にて、勝手に作りまくっていくキャニスター群。シャ

キッチンツールキャニスター / SCOPE

サイドカトラリー / SCOPE

ディナーのないカトラリー

サイドカトラリーの使い始めはミドルサイズで、取り分け用に使ってとにかく重宝した。試作ワンセットでは足りず、もっともっと欲しいと思った。これは使ってわかった事なのだけれど、料理を盛ったお皿にカトラリーを添える場合、お皿とカトラリーのバランスが重要になるのだが、柄が細く長いから、幅広いサイズのお皿とバランス良く馴染んでくれる。また物に品がある。ただ複雑に曲がっているので作る方は大変だ。ごめんなさい。シャ

サイドカトラリー / SCOPE

六寸皿 印判鳥獣五画 / SCOPE

僕もまだまだ、先は長い

百年後にも残るものを作りたい。東屋の影響を多大に受け、真面目に3年考えた。東屋、職人、クラウス・ハーパニエミ協力のもとやっと完成した5枚の六寸皿。絵柄と縁装飾のバランスを変えるという、自分の考えた新要素を加えられた事もあり、完成時は満足しかなかった。もちろん今でも出来は良いと思っているのだけれど、振り返れば固いとも感じる。もっと僕の枠が大きくならなければ、面白い物はできないだろうと振り返る。シャ

六寸皿 印判鳥獣五画 / SCOPE

messy / SCOPE  × graf

サイズと棚割りをずっと考えた先

家具が大きくなると部屋が狭くなるから、家具は余裕をみないで小さく作りたい。加えて無垢材を使い、カラーボックス的収納を作ってみたい。そんな二つのタイが重なった先。試作して使って修正してを繰り返していたら、こんな収納家具が完成した。全てにおいて満足していて、どこをどう修正したいという事が一切ない。これはこれで完成していると思う。ただ入荷数、入荷頻度が少なくすみません。grafとscopeのコラボ企画。シャ

messy / SCOPE × graf

4040 テーブル / SCOPE

節あり、色々あるからいいんじゃない

オークとチークの無垢材を使ったテーブル。デザインでなく、材料に全力を注いでみた。日本からのオーダーは節のない、とにかく綺麗な天板というリクエストが多いから、スコープのようなオーダーは珍しいと製造メーカーから聞いた。節があり、色々ある、あればある程いい。自然材料を使えば当然の事、無いなんて不自然だ。天板は全て写真に撮って選べちゃうのだから何も問題になんてならない。という事で、天板は好きなの選べます。シャ

4040 テーブル / SCOPE

ハンガー / SCOPE

綺麗に揃うと見た目が変わる

クリーニングから帰ってきた黒いプラスチックじゃ少々残念なのだけど、すべて揃えるとなるとそれなりの覚悟が要る、そもそもこれだというものもないものだから、とりあえず現状維持となってしまうハンガー問題。まずは目につくコートハンガー用だけでも取り替えられるよう、衣桁・ツララにあう、無塗装・金属部分にゴールドを使用したシンプルなハンガーを作りました。ハンガーが揃っていると見た目も美しく気持ちいいです。成

ハンガー / SCOPE

インナークッション / SCOPE

捨てて買うから抜け出したかった

つまりクッションの中材、一般的にヌードと呼ばれるけれど、恥ずかしいのでインナークッションと呼ぶことにした。安く作るという事から離れ、出来る限り長く使える物、つまり、へたりにくい物をと思い、3種類の中材を作る。この中材というのは思った以上に中身が入る。薄い肌掛け布団ぐらいの中身が入ってしまうのから高くなって当然なのだが、これを作って思うのは、安い中材の中身って何が入っているんだ?そこである。シャ

インナークッション / SCOPE

Fabric of the day Spring Diamond / SCOPE

テーブルクロスとのリンク

リピート柄もいいけれど、絵のような一枚絵をテーブルに広げられたらきっと新鮮に見えるんじゃないか?そんな思いから始まったアート布シリーズ。岩、砂利、その合間に生える苔や花が描かれたスプリングダイヤモンドは、落ち着いた色目の中に少しだけ優しい緑や黄色が入るから、とても明るく爽やかな一枚に仕上がっています。クロスの色に食器を合わせ選ぶのも良いですが、グラスに注がれる白ワインとリンクなんてのも洒落てます。成

Fabric of the day Spring Diamond / SCOPE

Fabric of the day Summer Night / SCOPE

ファブリックオブザデイの始まり

巨大な一枚絵の布、柄も生産もリピートしない。そんなコンセプトで布を作ろうと考えたのは、アーティスト ヤーッコ・マッティラに布の仕事をさせたかったから。このサマーナイトは、実に生産が大変で、純粋に3色を重ねてプリントしています。ヤーッコのアートワークと工程的に同じです。これをできる工場がない。探しに探して手を上げてくれたのは中国の工場でした。思いっきり人力でやってくれた。この中国製は素晴らしい。シャ

Fabric of the day Summer Night / SCOPE

Fabric of the day CHECK グリーン / SCOPE

クロスが主役のパーティー開催

Bob FoundationのペーパーブランドNo.62シリーズより選んだお気に入りの柄、チェック。チェックがぐにゃーっと動き出すこのパターン、新しくて洒落てますよね。これを一枚絵のように布にプリントしたら、きっと面白いテーブルができるんじゃないか?って想像は的中。食器は白、グラスは多めにピッチャーにもグリーンを、花にも思いっきりグリーンを使う、クロスがメインのパーティーってのも盛り上がります。成

Fabric of the day CHECK グリーン / SCOPE

ファブリック ウミウチワ / SCOPE

そのウミウチワ、第何版?

名古屋を拠点に活動するプルーフオブギルド。ミネラル好きで、ウミウチワ好き。アトリエにいけば、色々な所にミネラルとウミウチワが飾られている。だから彼らがデザインした物はウミウチワ柄の布で包もう!って所から布が生まれ、リクエストもあり販売するようになった。生産する度、版を重ねる度に、柄を少しづつ変えていってるの知ってました?誰も気づいてないでしょうけど。僕の思い付きに振り回されデザインする側は大変。シャ

ファブリック ウミウチワ / SCOPE

Frutta / iittala

1968年のつづき

オイバ・トイッカのガラスで広く知られるフローラとファウナ。その間に少しだけ作られたフルッタという小さなシリーズがある。フルーツモチーフで可愛らしい。突然、その続きを作ってみたくなった。クリアは昔も今も変わらないけれど、色はレモン、グリーン、アメジストと新しい展開。オイバからはスウィートな色を選んだなと言われたけれど、モチーフにマッチしてていいじゃない。最近オイバもスウィートな色ばかり選んでるよ。シャ

Frutta / iittala

Flora / iittala

人気ビンテージを復刻し日常使いする

北欧ビンテージに興味があるなら、知らない人はいないんじゃない?オイバ・トイッカがデザインしたプロダクトの中で最も有名なフローラを復刻しまして日常使いできるようにしてみました。ヴィンテージにしかない色もあるから、それらと組み合わせて使うのもナイス。更に発売当時のパッケージの柄をテキスタイルにし、箱にいれるのではなく布で包んで梱包しています。再入荷が難しい物だから在庫あるうちにどうぞ。大きいのどうぞ。シャ

Flora / iittala

Art Flora / iittala

オイバのタヒチに憧れて

フローラのユニークピースという物も存在する。それでオイバのアート作品タヒチみたいな、色ガラスを散りばめたフローラを作りたくて、オイバが色を決めアートフローラを試作した。丸型でこういった色ガラスを散りばめるという事が非常に難しいことだと知る。それで全体的に色が薄く、色数が少なくなった。かといって四角いフローラは存在しない。静かな装飾になった分、人気も静かだ。買ってくれた人は神だと思うことにしている。シャ

Art Flora / iittala

Kivi キャンドルホルダー / iittala × marimekko

集めたくなるんだけれど

豊富なカラーバリエーションで色により価格も違い、既に生産されていないカラーもあり、コレクション対象と見れば、それ程な高額アイテムでもないから集めやすい。だから集めたくなるのだけれど、使うには同色が2~3個あった方が綺麗だから、あまり1個づつ集める方向へは進まない方が、イイ気がしている。アメジストが一番使え、一番高い。今後もスコープ別注を頻繁に考えていきたい。シャ

Kivi キャンドルホルダー / iittala × marimekko

Kartio グラス / iittala

スタンダード界の神ワザ

イッタラに興味を持つ人が最初に突き当たるのが、グラスをアールトにするかカルティオにするかってところ。タンブラーに関しては、容量もシンプルさも同等だから、もうそれは好みってことになってしまうんだけど、私はずっとカルティオ推しだ。シンプルだけど、似たものには到達できない特別感があり、カラーバリエーションも魅力の一つ。それはティーママグに似ている。カイフランクは本当にスタンダード界の神だって思います。成

Kartio グラス / iittala

Kartio ボウル390ml / iittala

全てにおいていい具合

気取らず、でしゃばらず、普段使いなイメージが強いから、結果的に日々使ってるカルティオガラスボウル。シンプルで厚手のガラスというのは安心感もあるから、食事だけでなく、調理中にも自然と手が伸びます。サラダやヨーグルト、フルーツを食べるのに丁度いい容量っていうのも重要。あまりにも日常に馴染んでいるので、無くなると少々困る、よってイッタラで生産終了した後もスコープでは別注生産を続けます。力業が続く限りは。成

Kartio ボウル390ml / iittala

Alue / iittala

最高じゃないか!何故売れない?

買わなかったことを後悔するぜ。そう言い切れるほどの自信は無くしてしまっているけれど、本当に価値ある物だと今も思っている。作っている時には自信満々だった。ハッリ・コスキネンの代表作といえるアートワーク。これに勝る作品はない。ALUEは既に入手困難だったから、ハッリに話して新色を作って貰った。素晴らしいじゃないか、ハッリもオパールは最高だと言っている。出来はよく、色も綺麗で、木箱に入っている。何故だ。シャ

Alue / iittala

Eeva オーバルプレート25cm / Arabia

フィンランドのアラビア工場製

残念ながらフィンランドのアラビア工場は閉鎖されてしまったわけですが、最後の最後に何か作っておきたくて、思いっきりシンプルなEevaオーバルプレート25cmを別注しました。ですから、これはフィンランドのアラビア工場で作られた製品なのです。といっても魅力に感じない人が多いとは思いますが、魅力に感じる人もいるはず。現ラインナップではArabiaカラーズオーバルプレート25cmという名前になっています。シャ

Eeva オーバルプレート25cm / Arabia

スターターセット / iittala

お得な上にイッタラキャンペーン対象

食器に興味のなかった僕もティーマやアイノ・アアルトから始まったから、スターターセットというお得セットを組んでみた。これでとりあえずの生活が始められる。お得に加え、イッタラキャンペーンの対象でもある。まとめ効果でそれなりの価格だからノベルティが常に射程圏内にある。とてつもなくお得だ、お得すぎる。僕はそこに気づいてなかった。でもスタートに花を添えられるのだから、細かいことは気にしない事とした。シャ

スターターセット / iittala

ハサミ (クラウス・ハーパニエミ)/ Fiskars

僕好みのクラウス・ハーパニエミ

クラウス・ハーパニエミとの付き合いは長く、彼から色々頂いてきたけれど、このハサミを発売前にプレゼントしてくれた時は、かなりの衝撃をうけた。持ち手の左右、物によっては表と裏も柄が違う。そんな装飾の仕方は見た事なく、とにかく僕の目には魅力的に映った。あまりに好きすぎて廃版後も別注して取り扱いを続けている。とはいえ1ロット1万個は途方もなく、もう一度は困難なので在庫あるうちに買っておいて欲しい。シャ

ハサミ (クラウス・ハーパニエミ)/ Fiskars

Birds by Toikka Sieppo / iittala

在庫限り 何故15種も作ったのか?

シエッポ復刻は1つの大きな目標であり、そこには価格面の理想も含まれていたから、かなり交渉は難航しまくった。けれども最終的には全て希望通りになったのだ。その時、こんな値段で作れるのは今しかないと焦った。少々常軌を逸してしまい、気付けば15種類×1000羽という膨大な数をオーダーする事を決めていた。でも、まぁ、こんなこと二度とできないから、良かったじゃない。お付き合い頂いた皆様に感謝しています。シャ

Birds by Toikka Sieppo / iittala

Birds by Toikka Little Tern アメジスト / iittala

在庫限り 別注のアメジスト

スコープ別注とはいえ、リトルターンのような定番バードの色替えを限定アイテムとはできないので、ナンバリングもされていません。だから僕らがオーダーしなくても他から出てくる可能性は十分にあります。スコープでは友の会500羽、一般販売500羽、合計1000羽作りましたから、これで十分でしょう。次はレモンでも作ります?シャ

Birds by Toikka Little Tern アメジスト / iittala

Birds by Toikka Egg / iittala

在庫限り 人気になると思ったのに

初めてオリジナルバード4種を作った後で、エッグを作ってオリジナルバードを買ってくれた人へクリスマスのプレゼントとして突然届けちゃおう!って閃いた。そしたらオイバもいくつか試作してくれて、ロットもそれなりの数になったから、見積もりも良かった。まてよ?1万円でエッグ売れたら凄い人気になるんじゃない?勢い4種のエッグを追加で作ってみた。さて、その結果は?まだ在庫あるんだな。こういう事がよくあるのです。シャ

Birds by Toikka Egg / iittala

Flora ベース / Holmegaard

なるほど~!ナ、その形

使ってみてなるほどー!と激しく感心した、感動した。シンプルでいいね!っテナ、安直な惹かれ方を、最初ばかりはしたのだけれど、使って素晴らしく感嘆。フローラに敬礼!口が狭くて底が広い。それだけなのだが、こんなに飾り易くて見栄えよく、なにより安定という、あらゆる事を兼ね備えた花瓶も少ないだろうよ。大きいサイズに桜の枝すらいけて室内で花見をした事もあるからね。人気とか、そういう話じゃ~ないんだ。シャ

Flora ベース / Holmegaard

Scala / Holmegaard

日本にはその用途が沢山あった

デザイナー、オーレ・パスルビーの自宅を訪ね、このスカーラを復刻したいと話した時の事を今でも思い出す。何に使うか?なんて具体的なイメージはなかった。ただビンテージのスカーラが好きだった。結果、ホルムガードが復刻し、スコープでは他に先駆け販売開始した。どう使うかなんて何もなかったのだが、予想以上に人気となり、多くの人が多くの使い方をインスタで見せてくれた。日本に用途が沢山あり本当に良かった。シャ

Scala / Holmegaard

ABILD,EGYPT ティータオル / Georg Jensen Damask

もう水切りカゴは探し続けなくていい

10%より80%コストダウンする方が早いみたいな事、でもないか。長らく続いた洗いカゴ探しが必要なくなりました。キッチンタオル敷けばいいじゃない。洗い物が多ければキッチンタオルで拭けばいいじゃない。体積の大きな洗いカゴがなければ、キッチンが広くていいじゃない。もう、いらんようです、洗いカゴ。いいのが見つからなければ代用工夫。そんな先にも正解はある。同意見多いようで今やスコープを代表する人気アイテム。シャ

ABILD,EGYPT ティータオル / Georg Jensen Damask

印判豆皿(別注) / 東屋

スコープ的な今を和食器に描く

今の洒落た絵柄を和食器に染付したい。昔の物の良さにならうだけでなく、今を取り入れた物にしたい、それは誰もが思うことだろう。僕がその時に図案を頼んだのはボブ・ファンデーションの二人で、無茶な方向性も示してしまい、無駄仕事をさせてしまったのだけれど、この豆皿に関しては良かったんじゃないかと思っている。ひょうたんにリボンは僕の特にお気に入り。それにしても、この方向は本当に険しい。シャ

印判豆皿(別注) / 東屋

印判箸置撰集(別注:ヘイニ・リータフフタ)  / 東屋

ヘイニの最小デザイン

アラビアアートデパートメント在籍デザイナー、ヘイニ・リータフフタ。彼女との付き合いは長く、仕事を頼み易い関係であり、箸置きの柄を依頼した。彼女らしい植物柄、12本セットには買えない2柄が含まれる。そんなスコープっぽい余計なギミックも盛り込んでみた。私のデザインした物の中で最も小さな物と、よく口にしているから、彼女自身も気に入ってくれてるんだと思う。これはこれでいいじゃないと僕自身も満足いっている。シャ

印判箸置撰集(別注:ヘイニ・リータフフタ) / 東屋

印判箸置撰集(別注)  / 東屋

古くて新しい習慣

集めた印判箸置き10本以上。その中から、今日の一本を選んで箸と一緒に並べるというテーブルセッティングが娘の役目。けっこう好きみたいでこれだけは文句を言わずにやってくれます。私の実家では箸置きを使う習慣がなかったので、箸置きを日常生活に取り入れる事は、私にとって新しい試みだったのですが、なかなかこの流れは気持ち良い。いつか使い慣れて日常になっていくといいなと思っています。酒

印判箸置撰集(別注) / 東屋

花茶碗(別注) / 東屋

ティーマと相性の良い茶碗

夕食がハンバーグの時はTeema、Avec、EEVAなどのプレートを主に使うのですが、ご飯と味噌汁に使うのはいつも通りの茶碗とお椀。日本人ですからね。Bob Foundationデザインの花茶碗はそんな洋食器と一緒に使っても違和感のない大胆な水玉&ストライプ。不注意で過去に2度も割ってしまいましたが、速攻で2度同じものを買ったほどのお気に入り。ちなみにお椀はTSUBAKI 丸椀と相性良し。酒

花茶碗(別注) / 東屋

伊賀 丸湯呑 / 東屋

お茶で一息つくならば

せっかく家でお茶を淹れたのなら、そこはマグじゃなく湯呑でしょう。取っ手付きの器で飲むお茶はどこか味気ない。やっぱり熱い湯のみでズズズってのが美味いんです。伊賀の土モノは手馴染みよく口当たりも優しい。ざっくり描かれたゆるい手書きの絵もじわっとあったかく、お茶の効能を最大限にしてくれる気がする。最近はプーアール茶をこれで飲むことも多いのだけど、茶渋が貫入に入り込みいい雰囲気に育ってきました。成

伊賀 丸湯呑 / 東屋

Stool60 (スツール60) スコープ別注 リノリウム / Artek

僕の骨董収集は趣味じゃない

なんの根拠もなく別注しているわけじゃーないんだ。骨董、ビンテージを集めましてね、それを眺めているうちに、自分が使い続け、子供たちが引き継ぎ使い続け、そんな使い続けた先に良い雰囲気になっている物ってのを探し、別注してみている。アルテックのスツール60のリノリウム天板は、1950~60年代に最も輝いていたんだよ。それを、今一度、引っ張りだして見ただけの話。ただ色数はスコープ別注が史上最多だろうけど。シャ

Stool60 (スツール60) スコープ別注 リノリウム / Artek

Stool60 (スツール60) スコープ別注 リノリウム ×ハニーステイン / Artek

スコープ結構はずしてる

濃い木材が使われた日本住宅が多いのだから、白木のスツールではマッチしないだろう。じゃぁ、そこにマッチするスツール60を別注しよう!と閃きましてハニー×リノリウム誕生です。これは超人気になる!と思ったんだけど、あんまでした。なんでだろうなぁ。ビンテージみたいだからビンテージと併用しても最高だと思うんだけど。そうなのです、スコープ別注は当たりばかりじゃーないんです。よくハズしてるんです。シャ

Stool60 (スツール60) スコープ別注 リノリウム ×ハニーステイン / Artek

Stool 60 無塗装 / Artek

自由に塗装したくて別注したけれど

自由に塗装し、好きに仕上げればいいんじゃない?といった考えからアルテックへ別注したスツール60の無塗装、これを全く塗装しないまま、つまり無塗装で使い込むのも日本らしいんじゃないだろうか。古い日本の家具を見ていて、全てが塗装されていないとは言わないけれど、無塗装の家具が多くあり、それらの今の姿を良いと感じ、そんな事を考える。最初は汚れるだろうけれど、それを超えた先にいい景色があるはずなのだ。シャ

Stool 60 無塗装 / Artek

Pirkka (ピルッカ) Chair / Artek

ピルッカの配色、買うならどれ?

ピルッカといえばハニー+ブラックだろう。けれどアルテックの定番はブラウン×ブラックのみ、ハニー×ブラウンは別注扱い。僕の尊敬するアートディーラーは『ピルッカはハニー×ブラウンだが一番美しい。』と言う。それを聞いた時に僕の頭の中にはハニー×ハニーという配色が浮かんでいた。配色の展開はオリジナルに忠実に広げるならハニー×ハニーを加えて完了する。あとは使う人が好きに選べばいい。皆、見方は様々なのだから。シャ

Pirkka (ピルッカ) Chair / Artek

Pirkka (ピルッカ) Table / Artek

小さな台所に120cmピルッカ

台所のすぐ後ろにテーブル。昔の家や団地によくある、小さな台所と小さなダイニングテーブルが置ける程度の間取り。そこに120×70cm のピルッカテーブルと、ピルッカチェア2つを置いています。座りながら俎板のものが取れるほど密集した台所ですが、そんな場所にもピルッカはぴったりでした。向かい合わせにチェア2つなら、テーブルと椅子の脚はぶつからずノーストレス。人が増えた時は、stool60!酒

Pirkka (ピルッカ) Table / Artek

Pirkka (ピルッカ) Stool 44cm / Artek

チェアとして使うなら高さ44cm

座面がパイン材のピルッカスツールは、お尻への当たりも優しく、座面の穴に手を入れると片手で簡単に持ち上がる軽さ。年々老いてゆく両親から「来客用のダイニングチェアがひとつ欲しいんだけど」とリクエストされ、これを選んだところ「持ち運びやすくて、掃除や移動がすごく楽!」と、とても気に入ってもらえた。一言目には「結構お値段するのね~」と言う両親にして珍しく喜びのコメントしか聞いてない。酒

Pirkka (ピルッカ) Stool 44cm / Artek

Chair 69 / Artek

スーパースタンダード

アアルトのデザインしたチェアはいくつかあり、チェア66が中でも一番人気だと思うのだけれど、ビンテージを眺めていると僕にはこのチェア69が一番魅力的に見える。最もスタンダードな形であり、特徴のないデザインともいえるチェア69が、どうも素敵に見える。日々、座ることが多いのはドムスチェアなのだけれど、その脇にはいつもチェア69がある。使い込んだチェア69は本当に魅力的に見える。シャ

Chair 69 / Artek

Domus Chair / Artek

ドムスチェアがいいは変わらない

家具を扱わないと決めていた時期があり、その時は実生活も撮影も全てビンテージを使っていた。だから色々なビンテージを使い込んできたのだけれど、中でも壊れることなく、座り心地もよく、長時間の座り仕事も疲れない。何もかもに満足がいき、何よりイイと思ったのはドムスチェアだった。そしてそれは今でも変わっていない。体重100kg超えてくると、色々な椅子が壊れるのだけれど、ドムスチェアは大いに耐え続けている。シャ

Domus Chair / Artek

Domus Chair オーク 革張り Luxor Grey Artek

更なる座り心地を追及するなら

ラウンジと同じ、ナチュラル仕上げのレザーを使用した革張りドムス。オークと渋めレザーの組み合わせが絶妙だ。ヘルシンキのスタバで使われるラウンジと同配色のグレーとスコープ好みのベージュの2色展開だが、今のところ人気はスタバに軍配が上がる。ドムスは座面も背板も広く小ぢんまりとした肘掛け付、それ自体十二分な座り心地ではあるのだが、更に革張りともなれば気分も見た目も高まり、実際、居座り続けるお尻にも優しい。成

Domus Chair オーク 革張り Luxor Grey Artek

Domus Lounge Chair / Artek

始まりはヘルシンキのスターバックス

ヘルシンキのスタバはアルテックの家具が多く使われている。ビンテージのスツール60も置かれているのだから驚きだ。そしてその中で一番話題となり、取扱希望がスコープへ殺到したのがドムスラウンジチェアだった。それでヘルシンキのスタバと同じ革Luxorのグレーを使った仕様の発売を開始し、長らく入荷と欠品を繰り返している。使い込んだ様、革の変化はヘルシンキのスタバを訪れた際には是非チェックしてみて欲しい。シャ

Domus Lounge Chair / Artek

LEHTI コットン・コーテッドコットン生地 / Artek

スコープで別注を続けるテキスタイル

アイノ・アアルトがデザインするテキスタイルはよく生活に馴染む。日本的要素を多く含むからだろうか。中でも特に気に入っているLehtiという柄はあまり生産される事がないものだから、スコープで別注を続け、生産する度に色も変える。色々使ってみたいからだ。白地に黒、青地に白、そして今は黄地に白である。この柄は和食器にも向いているから、アルテックの販促ノベルティとして、いくつか和食器も制作し、そちらも好評だ。シャ

LEHTI コットン・コーテッドコットン生地 / Artek

スロー & ショール / Klaus Haapaniemi

シンプル好きにこそ巻いてほしい

普段あまり柄物を選ばない私でも、これならすんなりと身に着けることができるクラウスのショール。細かな柄は色んな色を使っているから、どんな服装にも馴染みやすく、取り入れやすい。かといって派手すぎ浮くこともなく、いい塩梅の上質感もプラスしてくれる。海外に出かける時は忘れず持参、予想外の寒さにも対応でき、助かったって時は多い。あと、これを巻いていると素敵なショールだねって褒められることが多いのも嬉しい。成

スロー & ショール / Klaus Haapaniemi

ハンカチ / Klaus Haapaniemi

頑張ってリクエストしたんだけど

クラウス・ハーパニエミと会う度に、ハンカチを作ろう!とプッシュしまくり、ようやく製品化したのが、スコープでは特に人気の高いカッコー柄のハンカチ。コットンとシルクを使い、クラウス好みに仕上げて貰った。お試し価格で頑張ってもみたから、流石に自信はあった。が!そんなに反応は良くなかったのですよね。かなり苦戦した。今は売り切れているけれど、もう一回作るかどうか悩む。それでストップしているというのが現状。シャ

ハンカチ / Klaus Haapaniemi

pocket string

スコープミックスは青春の瞬き

なにか始める時には、なにか新しいアプローチをしたい性分だから、ストリングポケットをスタートする際にも色々考えた。それで思い付いたのが、フレームと棚板を僕好みに組み上げたスコープミックスという特別パック。棚板が1色でないってだけなんだけど。強烈に盛り上がることなく、静かに息をしています。在庫限りで終了でしょう。ただ写真は日本的な使い方をうまく伝えられたんじゃない?と思ってるんだけど、どーだろう。シャ

pocket / string

waft ペンダント / graf

スコープ別注は真鍮バージョン

好きな物に囲まれて生活したいと思うけれど、個々に選んでいけば、やはり個性強い物が集まってくるから、こういった静かな照明というのも必要だ。ヘラ絞りで作られるグラフのwaftは、カットではなく全体が歪むことで特殊な形を作っている。これは日常に馴染む良品だと感じたから、真鍮バージョンを別注してみた。少し小ぶりなそのスコープ版は、通常仕様の物より特別な物になった。そう、考えれば考える程、特別になっていく。シャ

waft ペンダント / graf