twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

重さは素材の良さと比例している?いるのか??

SCOPE (スコープ) /  4040 テーブル
SCOPE (スコープ) /  4040

SCOPE / 4040 テーブル

変化の起こらないものほど
つまらないものはない

数年前にダイニングテーブルを買いました。自分なりに良いものを選んだつもりでいたのですがある日、同時期にシャチョウが購入していた別のテーブルを見て大きな衝撃を受けました。どちらも同じオーク材を使った幅はぎの天板。デザインも作りもほぼ一緒なのに経年変化の進み具合がまるで違う。シャチョウのテーブルの方が明らかに経年変化が進んでいて傷や色味の深みが増していました。僕の買ったテーブルはこれと言った変化がない。かろうじて新品の状態を保っているだけで、深みが無い。なんだかとても残念な姿に感じられたのです。使い続けた先の姿に価値があるもの。それを紐解くところからスコープのオリジナルテーブル4040のアイデアは生まれました。

SCOPE (スコープ) /  4040

オーク

チーク

オーク

オーク

オーク

オーク

左:チーク 手前:チーク 奥:オーク(2台)

SCOPE (スコープ) /  4040

裏面にはスコープの真鍮プレートと製造年とシリアルナンバーの入ったシールが付いています。
(写真は160×80×72 オーク)

天板と幕板は直接木ネジ止めせずに木のコマで固定し、
材が伸縮を起こしても許容できるようにしています。(写真は80×40×72 チーク)

材の幅も色もそろえない
節もある、だから自然に見える

4040で使用している材は北欧系の家具やビンテージ家具との相性がいいオークとチークの二種類。どちらも厚い(3cm!)無垢材を貼り合わせた質感の高い幅はぎ天板ですがその材の使い方が少々特殊です。一般的な無垢材のテーブルはクレームを避けるため材の色、幅を揃え、節は避け、修正跡なんてもってのほか。どの天板も均一になるように作られています。しかし、4040では節の有無や色の濃淡の違いによる材のより分けを極力行っていません。所々に大小の節がみられ時には節穴の修正跡もあります。さらに材の幅がランダムで、ワイルドな木目、おとなしい木目、様々な表情を持つ材を合わせ一枚の天板にしているからとにかく見た目が自然です。材をより分けないことでロスが減り、希少な材を有効に使うこともできます。こうして出来た天板は、おとなしい木目だけが集まった天板より格段にユニークで、使った先の姿も桁違いにかっこいい。シャチョウのテーブルも実にワイルドでした。僕の買ったテーブルが残念に感じられた理由はここが大きく影響していたのです。

極一部のクレームのために一番の魅力をあきらめてしまわずに自然のままの天板を作り、全ての天板を撮影し、好きなものを選ぶことができるようにしたのがスコープオリジナルテーブル4040。オイバのバードに続くスコープ十八番の個別販売スタイルを家具に持ち込んでみました。とにかく理想形が分かっているならその通りにやってみよう!というスコープスタイル全開です。結果、お店に行って天板を何十枚も並べてもらい、その中から選ぶなんて不可能なことが可能になりました。手前味噌ですがこれは本当に画期的な仕組み!

刻まれていく傷
残っていく価値

シャチョウのテーブルには猫の爪とぎ跡が残っていました。それは決してマイナスなものではなくうらやましいほど自然な姿に見えました。柱の傷のように残る記憶。何ものにも代え難い価値がそこに刻まれていました。オークはオイル仕上げ、チークは無塗装仕上げ。どちらも傷が付くし、凹むし、季節の移り変わりでクラックが入ってしまうことだってある。毎日少しずつ日々の生活を刻みながら長い年月を経て、好きな人にとってはたまらない、最高の姿へと変化していきます。たとえテーブルがその役目を全うしても素材の姿に近い4040は、削り直しや再加工ができるから、素材としての価値が残ります。ゴミになることなく、別の家具や小物に姿かたちを変えてでも存在し続けることができます。やはり良い素材をそのまま使うのが一番です。無理な使い方をしない限りそうそう壊れたりしませんのでどちらの材もあまり細かいことを気にしないで使ってください。その方が断然経年変化の魅力を味わえます。まずは天板を選ぶところからスタート。4040がヨレヨレになっても使っている今が常に一番なものであり続けますように。

SCOPE (スコープ) /  4040

80×60×72 オーク

120×80×72 オーク

160×40×72 オーク

160×80×72 オーク

120×80×72 チーク

120×80×72 チーク

80×40×72 チーク

80×60×72 オーク

120×40×72 チーク

120×80×72 チーク

手前:160×80×72 オーク 奥:160×40×72 オーク

物が変化できれば
その物には続きが生まれる

結婚すれば人も物も増え、子どもが巣立てば減る。長い人生、生活スタイルはどこかで必ず変わります。長く使い続けられることを紐解いていった4040は単体で何にでも化けられるシンプルな形にしました。大きなテーブルって憧れですが核家族の場合、2m近いテーブルはスペースを持て余してしまう。だったらテーブルを2つ用意して片方をキッチンのワークデスクとして使いながら人が集まったときにもう片方のメインテーブルと合体させて使うと勝手がいい。また4040には奥行き40cmの細長いコンソールテーブル的な形があります。これはデスク使いを考えたもので部屋を狭く感じさせてしまう奥行きを横に伸ばしたイメージ。デスクスペースを確保しながら本や書類は横に並べて置いてしまえば普通のデスクと一緒じゃない?という発想から生まれました。160×40サイズをデスクにすれば6畳にデスクとベッドを置いてもかなり広く使えます。一般的な学習デスクは機能的ではあるけれど学校卒業と同時に御役御免。だったらテーブルをデスクに、デスクをテーブルに使える方が子どもが大学に行き、就職しても愛着を持って使い続けられます。後の生活様式にデスクが必要なくてもコンソールテーブルとして使えるし脚をカットすればローテーブルにもなりテレビ台にもなる。これもシンプルな形だからなせる技です。

SCOPE (スコープ) /  4040

無料で脚カットできます。

今は床生活の鈴木家だけど将来はドムスを並べて置きたい。そうと思うとW160が余裕のサイズ。

高さは大人も子どもも使いやすい32cmに。

テーブルに味わいをもたらすミニカー。

ご希望のテーブル高さに合わせて無料で脚をカットします。

使い続けられるために
無料脚カット始めました!

今は部屋のスペース的にダイニングテーブルが置けないけど兼用できるリビングテーブルが欲しい。初めからローテーブルとして使いたい。と言う方へ、無料の脚のカットサービスを始めました。カットの依頼方法はとても簡単。オーダーの際、「ご意見・ご連絡事項」欄に希望するテーブルの高さを5mm単位でご入力いただくだけ。加工に一週間ほど時間をいただいていますので納期等の詳細は各商品ページでご確認の上ご注文ください。床に座って使うローテーブルやリビングテーブルは一般的に高さ35cmぐらいと言われていますがこれは大人が使う場合の高さ。子ども一緒に使う場合はもう少し低めがちょうどいいです。上の写真のスタッフ鈴木家では高さ35cmのときに子どもが使いにくそうだったいう実例があったので3cm低くして高さ32cmに。ただ、4040は強度を保つため天板の下に幕板がありますので、高さを低めの32cmとした場合、胡坐かいて座ると、体格によっては幕板に膝が当たる可能性があります。それを考えると、直接床に座って使うときのテーブル高さは最低で32cm、高くても36cmくらいが目安。床から幕板までの間隔は希望のテーブルの高さ-9cm(天板3cm+幕板6cm)で計算できますので、膝の当たりが気になる場合は座布団の上などで胡坐をかいてメジャーで床から膝までの高さを測り、希望のテーブル高さに膝が収まるかどうか調べてみるとより安心です。将来家を建てたり、広いスペースに引っ越したとき用に今後スコープで脚のみの販売を開始できたら愛用してきたリビングテーブルを椅子が置けるダイニングテーブルに変身させる技が可能になります。将来を見越してテーブルを選ぶ。スコープが実現したかったことがまたひとつ増えました。使い続けられるテーブルのためのサービス、これからも続けていきます。

text: スタッフ 平山

SCOPE (スコープ)

自然に集まってきた4040
使用法の集積インスタグラム

テーブルだから使い方が色々あるってことではないけど、イスはどんなの使ってる?細長いテーブルはカウンター的に使える?勉強机として使える?お手入れはしないとやばい?いろんな買う前疑問に答えてくれる投稿は本当に役に立ちます。特にキャンペーンもやっていないのに自然発生的に集まって来た投稿の集積。みなさん、ありがとうございます。

☆こんな感じで投稿してくれたら感激☆
1)写真の4040に《scope_japan》をタグ付け
2)ハッシュタグ 《#scope_4040》を付けて

使っていたら4040オークの表面がカサカサしてきたのですが、メンテナンスはどうすればよいですか?

オーク材を使用した4040の普段のお手入れは乾拭きで十分です。表面が汚れた時は固く絞った布で水拭きします。使用を繰り返し、表面がかさつく感じが現れたり、汚れがひどくなってきたら「オスモ ワックスアンドクリーナー」でのお手入れがおすすめです。実際にスタッフの酒井が実家のお父さんの家にある4040をお手入れしてみましたのでブログを参考にしてみてください。

4040 オークのカサつきをメンテナンス

ちなみに、チーク材は無塗装のため新品状態では、表面に木粉が残っています。使い始めにテーブル全体をしっかりと水拭きしましょう。油分を多く含む材なので、普段は乾拭きでおていれすれば十分です。
もし、表面を少しでも保護したい場合はオイル塗装をするのがおすすめで、リボス社カルテッド(クリア)がおすすめです。スタッフ平山が初心者でも案外簡単に塗れる方法、まとめています。

4040 チークにオイル塗装してみよう!

材質 オーク: ホワイトオーク幅はぎ材 (アメリカ、ウエストバージニア州産)/ オイルフィニッシュ
チーク: チーク幅はぎ材 (インドネシア産)/ 無塗装
寸法 W1800×D800×H720mm / 約55kg
W1600×D800×H720mm / 約50kg
W1200×D800×H720mm / 約40kg
W800×D600×H720mm / 約26kg
W800×D400×H720mm / 約21kg
W1600×D400×H720mm / 約32kg
W1200×D400×H720mm / 約27kg
生産 Made in Indonesia
備考 組立必要:15分~30分

脚のカットをご希望のお客様は、オーダーの際、「ご意見・ご連絡事項」欄に希望するテーブルの高さを5mm単位でご入力ください。基本的にカットして残った脚は同梱しておりません。残り脚が必要な場合はオーダーの際に合わせてご連絡ください。カット加工には一週間ほどお時間をいただいております。
【 入力例:テーブル高さ 345mm希望 】

説明書ダウンロード

4040の組立は難しくないのですが、120×80サイズ以上となると重量があり女性一人で設置するのはかなり大変。組立サービスを利用するのが安全、安心です。4040テーブルと一緒に組立希望の台数分注文してください。大人2人いれば、問題なく設置できるので必要ないです。

SCOPE 4040 テーブル

  • 組立て・設置サービス
  • 組立て・設置サービス¥4,500(税抜き)