ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

東屋 / ACTP 17 傘立 丸型

真鍮の傘立

真鍮風仕上げでもなく、真鍮メッキでもない、真鍮無垢の傘立。厚さ5mm、直径180mmの真鍮丸管をカットし、真鍮無垢の底がつけられている。底に小さな刻印。シンプルな円筒ではあるけれど、目にすることのないスケールの特殊な円筒だから、初見の衝撃はカナリ強い。長く愛用し続けていて、その存在感は大きく薄れることなく、玄関に置かれた様を目にしながら日々を過ごしていると、表面が経年で変化していく様子にも気付く。風合いが落ち着く程、自分の生活に溶け込んでいっているような気持ちとなり、これはイイものだと思えて仕方がない。傘立を目にしながら外出と帰宅を繰り返すわけだから、大体はこうなるはずだ。手にすればズッシリを超えた印象をうける程に重い。重い物には特別な価値を感じるって、僕周りでよく聞く言葉なんだけど、やはり厚い無垢の木、大きな石、そんな素材の良さが全面にでていて余分のない重い道具はイイもんだ。これを見た多くの人は興味を惹かれるも、価格を聞いて『エッ!』と声が漏れる。でも最終的には『いや、これは欲しい人いる。』『いい家を建てても、その場所に見合った、いい傘立って少ないから欲しい人いいる。』とポジティブな意見を聞かせてくれる。特殊な物だけあって、特殊な材料を使っているから、サッと発注し、パッと入る物でもなく、その重さの印象みたいに、発注から納品までの動きも鈍いだろうし、欲しいという人が現われるのも鈍いだろう。全ての動きが鈍いと思うんだけど、これを買って失敗したと思う人も、そうはいないだろう。

無塗装の真鍮、
付き合いかた。

スコープの新事務所でも真鍮を大量に使っているし、アルテックの照明A330S SAVOY、東屋の真鍮盆と色々な真鍮製道具を日々愛用しているから、僕らなりに真鍮(無塗装)との付き合い方が少し蓄積してきたので、少しでも綺麗に変化させたい方のために、ここにまとめておきます。まず手元に届いた時点で部分的に酸化(無塗装の金属だから仕方がない、諦めて下さい。)しています。それを綺麗にしたいのでしたら、酢を薄手の木綿につけて磨く、もしくは、お湯と重曹を混ぜてペースト状にしたものを薄手の木綿につけて磨く、そうすることで綺麗にできます。灰を水に溶いた液体でこすっても綺麗になります。綺麗な状態の真鍮無垢、それには手を触れず、2週間ぐらい外気に晒すといいますか、静かに置いておきます。そうしますと真鍮表面が酸化するからか指紋や汚れが付きにくくなります。もしピカピカ綺麗に保ちたいのでしたら、頻繁に乾拭きしましょう。真鍮盆も毎日使い続け、拭き続ければ、酸化した鈍い表面とは違った、輝きある深い風合いになっていきます。ただ、その方向でこの傘立を手入れし続けたことはないので、あくまでも未来予想図であり、実際に使い続けた傘立を、僕も見たことはありません。また過去の残念な経験とその対処法を一つ。厄介なことになった!と慌てたのは金属をピカピカにしちゃうクリームで、指紋などの汚れを簡単に落としてピカピカにしてしまった場合です。綺麗に拭き取れていればよかったのだと思いますが、そのクリームが少し残っていたからか、気付けば悲惨な変色が起きていました。で、そう変色が起こってしまうと再度磨くしかないようです。ジュエリー職人の知人が色々試してきた結果、スポンジ状のヤスリがいい塩梅だとアドバイスしてくれたので、ホームセンターで『3M スポンジ研磨剤5085 ♯1200~♯1500相当』というのを買ってきて、磨き直して見事復活しました。どう手入れして、どう変化させていくかは、人それぞれ、好みの話で正解もマニュアルもないのですが、あくまでも参考まで。ここまで書いてなんですが、指紋が付こうがどうなろうが、細かなことは気にせずガンガン使い込む。それがいいんじゃない!ってのが王道です。それであれば何も考えなくていいので気楽です。思いっきりどうぞ。使い始めの1年ぐらいは特に指紋などなど目立ちまくりますから気になるでしょうが、どんどん気にならなくなっていくと思います。3年もすればいい雰囲気になるんじゃないでしょうか。どちらにしても雰囲気深まるには数年かかります。一番上の写真が開封したばかり、中段の写真が使用から1年未満、最下段の写真が使用から5年程度です。手入れは特にしない王道の放置型例ばかりです。

梱包箱について

傘立は東屋が準備した段ボール箱に入っています。それにはスタンプも押されているので、商品パッケージの表層を少なからず感じられる箱なのですが、その箱に直接送り状が貼られて納品されますから、僕らもその箱をそのまま流用し、その箱に更に送り状を貼りお届けします。コレでいいのか?と考えまして、コレでいいと結論しました。この傘立に関しては、パッケージ不要だと思いますし、その箱を綺麗な状態で届けるには、東屋から発送する際に2重箱にしなくてはいけないですし、スコープから発送する際も同じく2重箱にしないといけない。無駄な資材を大量に使わないといけなくなりますが、そうして届けられたパッケージ的箱も、大きな段ボールですから、邪魔になりますしゴミとして捨てられるでしょう。そう考えますと全てが無駄であり、それにより価格が上がるのは何より残念な結果ですから、パッケージとしての段ボールを使い、直接送り状を添付して発送します。この製品に関してはパッケージはない物、それぐらいに思ってください。

東屋 (あづまや)
荒木信雄
坂見工芸 (さかみこうげい)

商品スペック

材質 真鍮丸菅、真鍮板、錫
寸法 φ180×H430mm / 約11kg
生産 Made in Japan

購入前に確認ください

  • 個別販売商品


東屋 ACTP 17 傘立 丸型

  • 000300030003
  • 0003¥198,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0004000400040004 / 内側にすり痕が見られます。
  • 0004¥198,000(税込)
  • 0005000500050005 / 内側に溶接跡が見られます。
  • 0005¥198,000(税込)
  • 0006000600060006 / 内側にすり痕が見られます。
  • 0006¥198,000(税込)
  • NO IMAGE
  • ¥198,000(税込)
  • 次回 入荷未定