現在のご注文は7/6(水)までに出荷します。 7/4(月)は7/1(金)朝10時までのご注文を出荷予定
ラインナップ
東屋 (あづまや) 伊賀 布袋鍋
大 石灰
東屋 (あづまや) 伊賀 布袋鍋
大 石灰

東屋 / 伊賀 布袋鍋

やはり本物がいいと思った。
育っていく楽しみもあるし、
なにより鍋が美味しい!

名古屋で味噌煮込みうどんを食べると長く使い込まれた非常に味わい深い小さな土鍋で出てくることが多くてそれがまた、美味しそうにみえるから自分の鍋も、いつかそうなればいいなっていつも思うんだけどずっと使っていたよくあるお手頃な鍋は全くそうはなってくれないようです。やはり全ての鍋がそうなるわけではなく本物、真面目な土鍋でなければなかなか、いい成長は見せてくれない。最近の土鍋はお手入れしやすいようにと様々な加工が施されているようだから変化という面では非常に乏しいよう。だから、ここは余計な事をしていない本物の土鍋がいいと使い始めたのがこの東屋の伊賀、布袋鍋です。もちろん、昔ながらの道具だから使い始めてみると色々ありましたが育っていく鍋を見るのは楽しい。そして、なにより、この土鍋を使って食べる鍋はうまい!もう元には戻れないって素直に思います。あっ、もちろん僕が経験した事からのアドバイスは下の方にまとめてありますから大丈夫。実際はそんな心配する事でもなかったっていうのがホントの所です。サイズ的な事を少しだけ。4人も含めそれ以上の人数で使う場合は大サイズが丁度良いと思います。

東屋 (あづまや) 伊賀 布袋鍋
大 石灰
東屋 (あづまや) 伊賀 布袋鍋
大 石灰

伊賀の土、伊賀の釉薬
伊賀の職人による手挽き。

伊賀の土を使い、伊賀の釉薬を使い伊賀の職人が手挽きで作る土鍋。伊賀は土鍋作りに適した土地として知られその製造は江戸時代から続いてます。何故、伊賀が土鍋作りに適しているか?それは、もともと琵琶湖に堆積していた土が表面に現われた土地で、その時代の層からとれる陶土はプランクトンなどの有機物を多く含むので焼成時にそれが燃え、細かな気泡のある素地ができます。それが土鍋に向いているのです。土鍋がしっかりと熱を蓄える為、火から外しても長く保温されるし食材の芯までじっくり火を通しうまみを逃さず美味しい料理に仕上げてくれます。

東屋 (あづまや) 伊賀 布袋鍋
東屋 (あづまや) 伊賀 布袋鍋
使用して貫入が入った布袋鍋

お手入れは初期のおかゆ
あとは念入りに乾燥
熱い土鍋の底に水かけたら割れるよ。

まずは目止め。といっても土鍋ですから御粥を作ればそれでOKです。まず鍋!はしないで、御粥を作りましょう。そして使う前には水やお湯をはりよく水分を吸わせてから使うといいです。特に濃い味の鍋をする時は、水を十分に吸わせてからの方が匂いもつきにくくよいようです。そして終わったらよく乾燥させましょう。非常に厚い鍋ですから、乾いたかな?と思っても、更にしっかり乾かしてください。完全に乾くまで数日はかかると思います。シーズンも終わり、仕舞う前は念入りに。熱した土鍋の底はとてつもなく熱いです。コンロ無しでも沸騰が続く程ですから。樹脂の鍋敷きは溶けますし、木製の鍋敷きは焦げます。またその熱い時に底や側面に水やお湯をかけ、急激に冷やすと割れます。とにかく洗う時は土鍋を十分に冷ましてから!それが一番大事です。当日はお湯をはっておいて翌日洗うぐらいが丁度良いように思います。あと、使っていると激しく貫入が入るので心配になる人もいるようですが(スタッフにも約1名いた)それは絶対入るものなのでご安心を。その入り方がまた個性というか味になります。逆にないと寂しく感じるようになりますよ。

東屋 (あづまや) 伊賀 布袋鍋
小 黒飴

2021年1月28日
味噌煮込み専用機

外食の機会が減り、スコープの愛するきしめん屋新市川中川店の味噌煮込うどんもかなりのご無沙汰で寂しい日々。とはいえ、年がら年中味噌煮込うどんを欲するだがや県民の我々は、この季節はやっぱりミソニコ。家でもミソニコ。ひとり用の小さな土鍋でグツグツ煮立たせて作る味噌煮込うどん、ほぼほぼ、それ専用機として布袋鍋小サイズ黒飴を愛用中なのですが使う度に吹きこぼれた味噌が焦げ付いたりして、少しずつ雰囲気が出てきました。老舗の土鍋感が出るまでにはまだまだですが、もう割れたら泣くレベルまできてます。名古屋近郊のスーパーで買える味噌煮込うどんは数種類ありますがお気に入りと言えば、山本屋本店の2食入りのもの。ちょっとお高めですが、お出汁パックが別で付いているので、味噌出汁が美味しいのです。ちなみに、生まれも育ちも名古屋、ヒゲの先まで名古屋メシで出来ているスタッフ鈴木のミソニコ作法は、白ご飯添え。ご飯茶碗を取り皿にして炭水化物オン炭水化物でご飯と一緒に食べるのが最高だで!とのことですがこれ共感してくれる人いるのかしら。(スコープ酒井)

ブランド
東屋 (あづまや)
デザイン
渡邊 かをる (わたなべ かをる)
製造
耕房窯 (こうぼうがま)

商品スペック

材質
伊賀土、石灰釉 / 黒飴釉
寸法
小 : 約W215×H118mm(内径φ145mm) / 1.3kg / 1人用
中 : 約W310×H152mm(内径φ210mm) / 3.1kg / 3~4人用
大 : 約W340×H185mm(内径φ245mm) / 3.6kg / 4~5人用
*詳細なサイズはカート上をご確認ください。
生産
Made in Japan
備考
電子レンジ × / 食器洗浄器 × / 電磁(IH)調理器 ×
目止めについて

蓋が破損した時は

購入前に確認ください

  • 取手の付け根にがみられます。

説明書ダウンロード : 土鍋 伊賀

個別販売商品