オーダー超集中によりパニック気味ですが出荷は続けているのでどうか待っていてください。予定より早く届く予定。by シャチョウ
現在のご注文は12/14(水)までに出荷します 12/6(火)は12/4(日)20時までのご注文を出荷予定
ラインナップ

東屋 / 鉤

かぎ、カぎ、かギ、カギ、鉤
覚えました?思い出しました?

じっくり時間を掛けて仕上げられた、物を掛けるための小さな道具、S字フックと呼んでしまうと、見えない角度からブーメランフックをお見舞いされそうなので、呼称は正しく。鉤「カギ」です。「コマ」でも「ク」でも「ヌ」でも「シュン」でも「カナ」でもなく、主に「かぎ」ですから、念仏のように10回は繰り返し音読学習をどうぞ。見た目にも綺麗な真鍮の小さな道具。どう使うかといえば、和室の長押・なげし(わからない場合は検索)に引っ掛け、服や帽子と色々な物を吊り下げるのに使います。家具を増やす事なく、掛けられる場所が生まれるのだから、とても簡単で便利。部屋に長押があれば取り入れてみましょう。立派な家屋であっても引けを取らない、品ある雰囲気を備えていて、想像以上に満足いく結果となるはずです。穴をあけたりの加工を加えずに、掛けて取り付ける。物を大事にしていた昔の日本らしい良い仕組み、長押と鉤。

驚愕の事実、まるで専用みたい
東屋の衣桁にピッタリです。

そして、この鉤、長押はなくとも引っ掛ける場所があれば掛けられます。形を見れば、誰でもわかる事ですから大袈裟にお伝えする必要もないでしょうが幅さえ合えばコートハンガーにも取り付ける事はできます。そして、驚愕の事実!なんと!東屋の衣桁にジャストサイズなのです。こんなに!?計ったようにピッタリ!まっ、まるで専用みたい~。衣桁にピッタリなので、どれぐらいの厚さの物、場所に掛けられるか?は衣桁を参考にしましょう。衣桁のハンガーを掛ける部分は、厚さ20mmですから、20mmであればよい塩梅に掛けられます。それ以下でもS字フックのように活用する事ができます。20mmを超える場合は使用できないという判断で良いと思います。もともと東屋の衣桁は洋室に合わない。そう食わず嫌いしていました。でも実際に使ってみれば、洋室でもとても新鮮な雰囲気で綺麗に合いますし、全く違和感を感じない。今や衣桁、Tra-ra、そして Mamaは僕の生活に欠かせない三大軽家具です。そんな衣桁に鉤を取り付けると品が増し、更にステキになってしまう。この鉤、最初は一つだけ使っていました。衣桁に帽子やトートを掛けられるので、とても満足していたのですが、スタッフが3個欲しいけど高いから1個しか買えないと言っているのを耳にして、複数併用?ふぅーん、思いつかなかった。と、真先に追加し2個併用してみました。それが素晴らしくカッコいい。二つ必要?といわれれば必須ではないけど、あっても困る事ではない。で、見た目に満足です。なんでだろう。複数並ぶ様が、妙に洒落てみえる。僕は衣桁+鉤×2にとても満足しています。そして、僕もまだ3個は試していません。

小さな物に膨大な手間をかけ
よい物に仕上げていく

タンカー2の製造現場を取材しに東京の坂見工芸さんを訪れた時に、奥で一人の方がずっと作っていたのが、この鉤でした。タンカー2の製造現場を撮影している合間に眺めていましたが、こりゃ大変な事をしてるなと素人目にもわかる程、膨大な手間をかけて作っていらっしゃった。まずは100個貯まったら発売しようとそんな目標を設定していましたがその100個貯まるまでに何カ月掛かったでしょう。そもそも1日何個作れる?1個?2個?どれだけ頑張っても数個。100個作るなんて気が遠くなる。その100個が売り切れましても順次入荷はします。しますが、月30個ぐらい、そんな感じですから。型を使い、鋳込みで作った物ではない。鋳込みで作ると、こういった風に角が綺麗に立ったラインにはならない。また離れた金属をロウ付けして作った物、でもない。それでは強度が出ない。僕が見ていた時には、板チョコを縦方向一列だけ切り取ったような、真鍮の板を順番に加工していく所でした。先を少し曲げ、刻印を打ち、端から順に折り曲げ、ロウ付けし、黙々と磨く。デザインは猿山さんですが、この鉤の形はとんでもなく職人泣かせ!なのだそうです。どこが?というと一番はその太さ。太さがが均一でない。両端が少しばかり太くデザインされている。このせいで側面を面で研磨する事ができないから、部分的に少しづつやらざるを得ない。だから黙々と研磨が続きます。とにかく手間の掛かった小さな道具。その価値は材料よりも遥かに大きな手間という部分が占めています。あまり見ないバランスで出来ている物だから、多くの物を見てきた人には、他にはない特別な価値を感じ、お手頃に見えてしまう。作っている所をみると申し訳ない気持ちになってしまう。それ程、これは良い物だから、もし長押、衣桁があるのならいやなくても、手にしておいて損はない。これはどこにもない物ですから。

ブランド
東屋 (あづまや)
デザイン
猿山 修 (さるやま おさむ)
製造
坂見工芸 (さかみこうげい)

商品スペック

材質
真鍮
寸法
W50xD80xT8mm (掛ける部分の内寸:20mm) / 30g
生産
Made in Japan

購入前に確認ください

  • 鏡面仕上げ、ヘアライン仕上げにかかわらず、表面に若干のキズが見られる場合がございますことご了承ください。メンテナンスは柔らかい布で汚れ(特に汗や油汚れ)を拭き取って下さい。硬い布でこすると傷が付き汚れが付着する原因となります。