twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
東屋 (あづまや) /  急須、茶海、茶葉

平急須 後手

茶海 大

沸かしたお湯はまず急須に入れてから茶海に移し、
80℃ほどに冷まして茶葉を入れた急須に再び注ぎます。

「おいしくなあれ」おまじない。1分ほど待ちます。

茶海に最後の一滴まで注ぎきります。

注ぎ終えたら二煎目のために急須の底を手のひらでトントン。

色は薄めだけど煎茶のうまみが凝縮された一煎目。

茶葉が蒸れないように蓋をずらして置き、二煎目を待ちます。

二煎目は色は濃いけどさっぱりした味に。

東屋 / 急須、茶海、茶葉

とにかく上品で上質で洒落ている。
東屋 後手の急須。これはいい。

小さい頃はお婆ちゃんがいたから
よくお茶をいれてくれて飲んでたけど
日本茶、飲まなくなったなぁ。
なんて思いながら日々コーヒーや紅茶を飲んでる。
でも、美味しい日本茶は日々飲みたいと思うし
日本茶を飲んでると長生きできるって聞くし
和食を食べたら、お茶飲みたいな、やっぱ。
でもペットボトルの日本茶は、少しせつない。

何でこうも、自宅で美味しい日本茶を飲もう
って方向に気がむかないのかな?
それは僕達のせいじゃない。それは、もう、
道具の問題!そういう事にしましょうか。
これがいいなっていう道具が周りにないから
お洒落アイテム多々な紅茶やコーヒーに
僕達の日常シェアが占拠されているんだと。

そして遂に、スコープ的最高傑作!
とよんでしまいたいぐらいの、
これがあれば他は考えなくていいと、
そう思える程の急須が東屋から届きました。

東屋から急須のラインナップは
いくつか出ていますが
後手が特に、いや最高に良い。恰好も良いです。
とにかく上品で上質であります。
日本茶に限らず紅茶、中国茶に合うスタイルは
なんとも素敵です。洒落ています。
この後手スタイルは一般的な横手の急須より
収納性に優れていて、そこも便利で良いです。

丸急須 後手

丸急須 後手

丸急須 後手

平急須 横手

茶海 大

平急須 後手

平急須 横手

見た目だけでなく

見た目が洒落ているだけ、
ではないのが東屋の日用品。
生まれは急須の産地として知られる
愛知県常滑(とこなめ)市。
常滑焼というと赤色の焼き物を思い浮かべますが、
この急須は赤色の朱泥に対し烏泥(うでい)を用いて
黒色に焼き上げられています。
焼き締められた常滑焼の肌は無釉のため、
お茶の香りを蓄え、使うほどに香りのよい
お茶を淹れられる、まさにお茶のために
存在しているような焼き物です。

そして、磁器の急須とは違い、育ちます!
使用を重ねるうち、肌はつややかに味わいを増し
使えば使うほどに価値が高まっていく。
昔、常滑を訪れた時に、使い込まれて艶やかな
急須がとっても高値で売られていました。
それ、とっても素敵だったんですよね。
自分で育て、そんな域まで使いこんでいけたら、
それ程素敵な事はない。将来に楽しみのある物は
付き合っていくのが楽しいし、
そういう物を本当に大事にしていきたい。

茶漉しについて

以前販売していた「極細」タイプは、
設備に不具合が出てしまったため、
現在は「並細」タイプのみの販売となっています。
こちらは極細よりも目が少し粗いので、詰まりにくく、
茶柱を楽しむこともできます。
また、紅茶や中国茶を淹れるのにも向いています。

小急須 後手

小急須 後手、茶海 小

平急須 横手

茶器セット 丸急須 横手、茶海 中、茶葉 薩摩

一人用急須のススメ

大は小を兼ねる、急須は大き目を選びたくなる。
となると一人用なんて必要ないように思えるけれど
実は美味しいお茶をいれるにはとても大事。
まずは自分の好みのお茶を淹れられるようになろう。
自分好みの茶葉の量や時間、温度をあれこれ試すには
一人用急須があると便利。自分で飲みたい時に自分の
分だけ淹れる。お手軽で回数が圧倒的に増えます。
これが上達の近道、お茶レベルの上がり方が早いそう。
自分なりの美味しいお茶を淹れたい方は2~3人用と
1人用を持つべし!そう思います。
→急須と茶海のベストな組み合わせ

茶海は絶対必要

急須があれば十分とは言わないで
茶海は持ってて下さい。
美味しくお茶を淹れるには
コーヒーもそうですが、お湯の温度が大切。
熱々のお湯を冷まし、うまみを抽出する、
適温にするのが、茶海の役目です。
沸騰したお湯で一気にお茶を入れないで
茶海を使って温度を下げましょう。
まずはお湯を空の急須へ。マイナス10度。
急須から茶海へ。マイナス10度。
そして茶葉を急須にいれ、茶海から急須へ。
こんな流れ。急須のお茶も直接湯呑へ注がないで
茶海へ移してから、湯呑へ注げば
均一に淹れる事ができます。
この茶海があると
コーヒーを淹れる時にも便利ですよ。
茶海の必要性は使うと確実に実感するから
スコープとしては、とにかく持っていて欲しい。
あと、これ書くと怒られるかもしれないけど
杓文字を入れるのに便利な形をしています。
密かに別方向にも大活躍なアイテム。

そして最後に茶葉のお話。

煎茶「薩摩」は、日常気軽に飲むのに適した、
甘すぎず程よい渋みがありしっかりとした
緑の味がする煎茶です。
日本で2番目の茶葉の生産量を誇る鹿児島県で
ユタカミドリという品種の茶葉を製茶したあと、
静岡で1年間寝かしながら火入れをして
作られています。美味しいのでお試しを。

お気に入りの茶器があると
美味しいお茶を飲みたくなって
自分好みのお茶を探したくなります。
どう淹れたら美味しくなるか試してみたくなります。
そう、日本茶に強い興味がわいてくるんです。
そうなれば上達も早くて、
気付けば美味しいお茶を淹れる事ができるようになってる。
そうして、生活の中にお茶の時間が生まれれば、
そこから、人との会話や自分にもゆとりが生まれる。
何もかもが丸っといいわけです。
生活がまた一歩豊かになります。
だから、ここは強く踏み込んで欲しいと、
そう、スコープは思うわけです。

東屋 (あづまや)
茶海:猿山 修 (さるやま おさむ)
茶葉:北川製茶(きたがわせいちゃ)
茶海:白岳窯 (しらたけがま)
急須:高資陶苑(たかすけとうえん)

茶漉しの目詰まりを取り除く道具

常滑の急須は使い続ける程に光沢が増し良い雰囲気となるから当然、使い続けるんだけど、使っていくと茶漉し部分が目詰まりし始め、段々とお茶の出が悪くなる。茶漉しの目が細かければ細かい程によく詰まる。だからメンテする道具がいるんだけど、東屋の茶漉し帚でメンテすればすっきり、元の精度の高い茶漉し機能を取り戻します。

材質 急須 : 烏泥(無釉)
茶海 : 磁器(透明釉)
茶葉 : 薩摩(鹿児島産ユタカミドリ)
寸法
  • 急須
    平急須 後手 : W170×D105×H80mm / 210g / 適量 240ml
    平急須 横手 : W175×D130×H80mm / 200g / 適量 240ml
    丸急須 後手 : W145×D90×H85mm / 140g / 適量 180ml
    丸急須 横手 : W150×D110×H80mm / 140g / 適量 180ml
    小急須 後手 : W120×D80×H60mm / 100g / 適量 90ml
  • 茶海
    大 : W148×D95×H100mm / 300g / 適量 300ml
    中 : W130×D81×H88mm / 215g / 適量 200ml
    小 : W110×D72×H78mm / 110g / 適量 150ml
  • 茶葉
    50g
生産 Made in Japan
備考 茶葉の賞味期限 : パッケージに記載(開封後は2週間が目安となります。)
  • 茶漉し部分はとても繊細なので、硬いものは使わず、歯ブラシなどの柔らかいもので洗ってください。
  • 陶磁器製品に共通して見られますが、小さな黒点やピンホール、多少のがたつきはどれにもあり、良品としています。

東屋 急須、茶海、茶葉

  • 茶葉 薩摩
  • 茶葉 薩摩¥858(税抜き)
  • 次回 入荷未定
  • 茶器セット(丸急須・茶海 中・茶葉)
  • 茶器セット(丸急須・茶海 中・茶葉)¥9,338(税抜き)
  • 次回 入荷未定
  • 小急須 後手
  • 小急須 後手¥5,100(税抜き)
  • 次回 入荷未定
  • 丸急須 後手
  • 丸急須 後手¥5,800(税抜き)
  • 丸急須 横手
  • 丸急須 横手¥5,600(税抜き)
  • 平急須 後手
  • 平急須 後手¥6,000(税抜き)
  • 平急須 横手
  • 平急須 横手¥5,800(税抜き)
  • 茶海 小 石灰釉
  • 茶海 小 石灰釉¥2,300(税抜き)
  • 茶海 中 石灰釉
  • 茶海 中 石灰釉¥2,500(税抜き)
  • 茶海 大 石灰釉
  • 茶海 大 石灰釉¥2,700(税抜き)