twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

東屋 / 大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

大坊珈琲店の
ポットとネル

表参道交差点の近くにあった大坊珈琲店。小さな手廻しロースターで日々何度も焙煎し、ネルドリップで一滴一滴コーヒーをつくることを、38年間に渡り続けてきた名店です。(2013年12月にビルの取り壊しにより閉店)その大坊珈琲店で使われていたコーヒーポットとネルフィルターを東屋が製品化しましたので、もし宜しければ僕と一緒に、この道具を使い、大坊さんの本を読んで、ネルドリップに挑戦してみませんか?そんなお誘いです。僕自身、大坊珈琲店へは過去2回しか行ったことはなく、大坊さんとお会いしたのも3回ですから、大坊珈琲店について書くことは何だかおかしな気もします。なので、それは皆さま、本を読むなり、ネットに上がった様々な記事を読むなりして掘り下げて下さい。きっと大坊さんのファンになってしまうでしょうし、ネルドリップや焙煎に興味を持つことになるでしょうから。さて、東屋から発売となりましたコーヒーポットとネルフィルターの話をまず。日本にはお茶や出汁の文化があるから、コーヒーをゆっくり入れて味わうという文化が他国より広がり易かったのでしょうか。どうしたら渋みやえぐみ、甘味をうまく引き出せるか?大坊さんが使用するネルもそういった部分から、一番美味しく抽出できるものを選択されています。最初は両面起毛のネルを試したそうですが、どうも思うような結果にならなかった。そんな時、大坊さんの奥さんが合羽橋で見つけてきた片面起毛のネルを使ってみるとうまくいき、それをずっと使われていました。帝国ホテルでコンソメスープを濾す為に使用していた生地と同じだそうです。フィルターの持ち手は東急ハンズで売られていたやすりの柄を使い、(東屋の製品版も同じ職人さんに作ってもらっている。)ネルをとりつける金具は、ウィスキーの瓶を使い丸く成形。コーヒーポットはユキワのポットの先を潰して湯が細く出るように手で加工。全てを手作りしていたそうです。それを忠実に東屋が製品化しています。ポットの先は一滴一滴落せるよう手作業で加工しています。ネルは丁寧な手縫いで仕上げられています。あとは美味しいコーヒーを入れる為に、とにかくゆっくりゆっくり湯をおとす、これに限ります。こうして淹れれば誰でも美味しいコーヒーを淹れられる。忙しいことが多い毎日の中で、コーヒーを淹れるこのひととき、全てのことを忘れ、ここに集中する時間を持つということが重要なことだと思いますから、是非一緒にタチッタチッ、コロコロ、ツーーとネルにお湯を落としましょう

ネルの保管方法

ネルドリップを始めたいと思っても、ネルの保管方法が大変だからとどうも躊躇ってしまいます。ネルは水洗いし、乾かさずに水に浸して冷蔵庫で保存する。この鉄則があまりに大変だと想像してしまうから、ネルドリップへの扉が開かない。確かに鉄則通りに保管すれば酸化臭を避けられるし、理にもかなっているようですが、使ったらお湯でよく洗い流し、使わない時は水気をよくとり、乾かしてしまってもいいんじゃないか。また使う時には、よく洗って水気をとって使えばいいんじゃないか。そう話す人も、そうしている人もいるので、僕もそうして使っています。周りも含め、特に問題と感じたことはないです。音楽好きな人はよりよい音のために、家の前にマイ電柱を立て、電圧を安定させるという話があるのだけれど、そこまでしなくとも、多くの場合は満足いく程度に良い音を鳴らすことはできる、そんな事と似ているのかもしれません。水に浸しての冷蔵庫保管というのは、もっと!もっと!と極めたくなった時の手段として考えたら良いのではないだろうか。そこがネックになってネルドリップを始められないというのも勿体ない話であるのだから。

やっと、僕も
ネルドリップを始めた。

僕にとってのコーヒーは、インスタント時代が極めて長くて、ハンドドリップ歴はそこまで長くなく、僕の知らぬ間にスコープ内ではハンドドリップ(ペーパーフィルター)でコーヒーを淹れることがスタンダードになっていた。撮影の合間にコーヒーを淹れることになれば、常に美味しくコーヒーを淹れようとしてくれるスタッフが何人かいるので、珈琲をいれる係はとても人気だし、その珈琲の抽出方法、お湯の落とし方は皆それぞれに違いがあって、一緒じゃなかったのは面白く見えた。淹れてくれた珈琲も美味しかった。それが切欠となり、ハンドドリップでコーヒーを淹れなきゃいけない気分半分、淹れたい気分半分。僕もペーパードリップでコーヒーを淹れるようになった。僕はケメックスを買った。ハンドドリップでコーヒーを淹れるようになり、コーヒーを美味しいと思うようになり、好きになった。コーヒーに関する会話も多くなった。そして東屋の社長さんから大坊珈琲の大坊さんの話をよく聞き、お店へも連れていって貰い、そこから何年か経過してから、大坊珈琲のコーヒーポットとネルフィルターを取扱うことになった。それならば、まずは僕自身が大坊珈琲式のネルでコーヒーをつくってみなければ。僕もネルドリップでコーヒーを淹れるようになった。大きな違いの1つは味だった。味がいつもよりスッキリとしていて厚く感じた。とはいえ素人の個人的感覚だから当てにはならないのだけれど、ペーパードリップとは違った珈琲だった。そしてもう1つ大きな違いがあった。それは珈琲を淹れる時、両手がふさがるから、他所事ができない。これは大きい。スマホを触りながらコーヒーを淹れることもできない、ながらができない。だからコーヒーに集中するしかない。そして大坊さんの本に書かれている「ゆっくり、焦らずに。」「もっとゆっくり・・・いそがないで・・・」を守っていると、もうコーヒーしか見ていない時間ができあがる。それがなんだか休息のように感じられるのだ。珈琲を淹れる時間も、珈琲を飲む時間も普段よりゆっくりと流れている。ちなみに、ネルは1人、2人分淹れるなら小でよいようです。

変化した時間の進み方

ネルドリップでゆっくり過ぎる時間を体感し、なんでこんなに日々忙しいのだろうと考えるようになった。そこでテレビを見ない、スマホを極力触らないという事を試してみると(合わせて禁酒も)、夜が暇になった。便利な物が増えると、どうも場所は狭くなり、効率的なアプリが揃うと時間が速く進む。アレもしたい、コレもしたい、だからこんなに家電を揃えました。そんなCMを見た記憶があるのだけれど、大きな家電がそんなに沢山いるのだろうか。今ある道具から別の道具に置き換えるなら、便利・時短より、大袈裟でなくする、シンプルな道具立てにする事が大事なんだろう。で、その道具を使っている時間がゆっくりと感じられたら、僕にとっては成功なんだろう。ネルドリップが切欠となり、僕の夜は暇になった。今は針と糸で簡単な縫い仕事をしてみたいと考え始めている。手間は増えているはずなのに、時間はゆっくり過ぎていて、忙しさを少し感じなくなった。

コーヒーのつくり方
(大坊珈琲店式)

大坊珈琲のポットとネル、その発売に併せ1000部限定「コーヒーのつくり方(大坊珈琲店式)」が東雲書林(東屋さんの出版社)から出版された。アーティスト立花文穂さんが大坊勝次さんを思い描き、コーヒーのつくり方という本をつくるとこうなる、そんな特別な一冊です。印刷は写植、インクも黒のように見えて実は濃紺(でも黒に見える)、そういったこと、紙の選択、当然装丁も含めて全て立花さんによる仕事。実は1冊づつ立花さんにより製本されています。コーヒーは焙煎から抽出まで大坊さんにより一杯づつつくられ、コーヒーのつくり方という本は、製本まで立花さんにより一冊づつつくられている。100杯オーダーがあってもすぐには淹れられないコーヒーのつくり方を、100冊オーダーきてもすぐにはつくれない本で解説している。なんだか対のよう。立花さんが自家焙煎&ハンドドリップで淹れた本のよう。軽いし、行間があいて読み易いし、文字も優しい。大坊さんはそうおっしゃっていた。とても気に入っている様子だった。1000部限定とはいえ、発売時に納品されたのは200部にも満たなかったし、スコープへの初回納品に関しては僅か20部だから、1000冊全て製本完了するのは、いつのことになるだろう。まぁ、ゆっくりいきましょう。ただ、値段が高過ぎると感じる人もいると思うんです。もしそうであれば、他の本から学ぶ手もあります。大坊さんの本はいくつか出版されていますから。大坊さんが言われる事、コーヒーのつくり方は一貫しているので、大体どの本にも大事なことは同じように書かれています。

東屋 (あづまや)
大坊珈琲
コーヒーポット 三宝産業 / 坂見工芸
ネルフィルター MAROBAYA / 永井木工所 / 坂見工芸
コーヒーのつくり方 著者:大坊勝次 発行所:東雲書林 造本:立花文穂

商品スペック

材質 コーヒーポット: ステンレス
ネルフィルター: 綿 / ステンレス / 楢
寸法 コーヒーポット: 約W209×D100×H175mm 口径約Φ64mm / 約490g
ネルフィルター 大: 約W209×D100×H95×Φ95mm / 約55g (豆の適量 65g)
ネルフィルター 小: 約W194×D85×H85×Φ80mm / 約50g (豆の適量 35g)
本・コーヒーの作り方: W141 × D185 × T4mm
生産 Made in Japan
備考
  ガスコンロ 電気コンロ ラジエントヒーター 電磁(IH)調理器 食器洗浄器
コーヒーポット × × × ×

説明書ダウンロード

東屋 大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

  • コーヒーポット
  • コーヒーポット¥18,000(税抜き)
  • ネルフィルター 小
  • ネルフィルター 小¥2,300(税抜き)
  • ネルフィルター 大
  • ネルフィルター 大¥2,500(税抜き)
  • コーヒーのつくり方(大坊珈琲店式)
  • コーヒーのつくり方(大坊珈琲店式)¥3,704(税抜き)
  • 次回 入荷未定