• カート
東屋 (あづまや) /  大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

東屋 (あづまや) /  大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

東屋 / 大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

大坊珈琲店の
ポットとネル

表参道交差点の近くにあった大坊珈琲店。小さな手廻しロースターで日々何度も焙煎し、ネルドリップで一滴一滴コーヒーをつくることを、38年間に渡り続けてきた名店です。(2013年12月にビルの取り壊しにより閉店)その大坊珈琲店で使われていたコーヒーポットとネルフィルターを東屋が製品化しましたので、もし宜しければ僕と一緒に、この道具を使い、大坊さんの本を読んで、ネルドリップに挑戦してみませんか?そんなお誘いです。僕自身、大坊珈琲店へは過去2回しか行ったことはなく、大坊さんとお会いしたのも3回ですから、大坊珈琲店について書くことは何だかおかしな気もします。なので、それは皆さま、本を読むなり、ネットに上がった様々な記事を読むなりして掘り下げて下さい。きっと大坊さんのファンになってしまうでしょうし、ネルドリップや焙煎に興味を持つことになるでしょうから。さて、東屋から発売となりましたコーヒーポットとネルフィルターの話をまず。日本にはお茶や出汁の文化があるから、コーヒーをゆっくり入れて味わうという文化が他国より広がり易かったのでしょうか。どうしたら渋みやえぐみ、甘味をうまく引き出せるか?大坊さんが使用するネルもそういった部分から、一番美味しく抽出できるものを選択されています。最初は両面起毛のネルを試したそうですが、どうも思うような結果にならなかった。そんな時、大坊さんの奥さんが合羽橋で見つけてきた片面起毛のネルを使ってみるとうまくいき、それをずっと使われていました。帝国ホテルでコンソメスープを濾す為に使用していた生地と同じだそうです。フィルターの持ち手は東急ハンズで売られていたやすりの柄を使い、(東屋の製品版も同じ職人さんに作ってもらっている。)ネルをとりつける金具は、ウィスキーの瓶を使い丸く成形。コーヒーポットはユキワのポットの先を潰して湯が細く出るように手で加工。全てを手作りしていたそうです。それを忠実に東屋が製品化しています。ポットの先は一滴一滴落せるよう手作業で加工しています。ネルは丁寧な手縫いで仕上げられています。あとは美味しいコーヒーを入れる為に、とにかくゆっくりゆっくり湯をおとす、これに限ります。こうして淹れれば誰でも美味しいコーヒーを淹れられる。忙しいことが多い毎日の中で、コーヒーを淹れるこのひととき、全てのことを忘れ、ここに集中する時間を持つということが重要なことだと思いますから、是非一緒にタチッタチッ、コロコロ、ツーーとネルにお湯を落としましょう。

東屋 (あづまや) /  大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

東屋 (あづまや) /  大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

あまり難しく考えず
自分が美味しければよい判定

ネルドリップを始めたいと思っても、ネルの保管が大変だからと躊躇ってしまう人が多いようです。ネルをしっかり洗い、乾燥は厳禁、冷水に浸して冷蔵庫で保存し水は頻繁に交換する。これが大変だと想像してしまうから、ネルドリップへの扉が重すぎて開かない。確かにその通りに保管すれば酸化臭も避けられ、理にもかなっているようですが、使ったらお湯でよく洗い流し(水で洗うという人もいます)、乾かしてしまっても良いと思っています。特にお店を開くわけでもないですし、果てしない探求心からコーヒーを淹れることに全てを注いでいる程でもないのですから。ただ、インスタントや機械で淹れた珈琲より、ハンドドリップした珈琲の方が美味しいし、ペーパードリップよりネルドリップで淹れた珈琲の方が美味しいと感じるからそうしているだけ。自身が美味しいと感じるのであれば、水で洗おうがお湯で洗おうが、乾かそうが冷水にいれて保存しようが、どんな方法でもいいと思うのです。美味しくなければ自分で調べて美味しくなったと思う方法で手入れすればいい。僕は美味しいからネルドリップでコーヒーを淹れているだけ、使った後のネルは洗って乾かしているだけ、たまに鍋で煮沸消毒するだけ、それで満足いってるからそうしているだけ。そう使っている人も僕の周りには沢山いますよ。特に問題を感じたことはないですし、そうしてネルドリップで淹れた珈琲は美味しいです。音楽好きな人はよりよい音のために、家の前にマイ電柱を立て、電圧を安定させるという話があるのだけれど、そこまでしなくても、多くの人が満足いく程度に良い音を鳴らすことはできる、そんな事と似ているように思います。もっともっとと極めたくなった時には色々な方法があるのですから、まずは難しく考えないで、自分のやり易い方法でネルドリップを取り入れてみてください。それだけで全然違う美味しいコーヒをつくれます。手入れがネックになってネルドリップを始められないなんて勿体ない話だと思うのです。

東屋 (あづまや) /  大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

東屋 (あづまや) /  大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

ネルの交換時期

何度かネルドリップとペーパードリップをいったりきたりしながら、遂にネルドリップでコーヒーを淹れることが2,3カ月続いています。ほぼ毎日これで珈琲を淹れています。ネルドリップになれてしまえば、案外続くものでして、多分このままずっと続くと思います。だって珈琲が美味しいですから。トロッと甘い珈琲に舌も慣れてくるようで、今ではペーパードリップで淹れるとどこか物足りなさを感じるようになりました。家で美味しい珈琲が飲めるって、ホント幸せなことです。珈琲を淹れ終わったら豆を捨て、お湯で(水道の温水)汚れをよく洗い流し、乾かすという手入れのサイクル。2、3回に一度ぐらいのペースですが、気が向いたタイミングで小鍋で煮沸します。それくらいの気軽さだから続いているのだと思います。ある日、ネルを煮沸していたら、いつもよりちょっと匂いが強くなったような気がしました。珈琲を淹れている時は感じないのですが、煮沸すると湯気がモワっとくるのです。ネルを煮だしているお湯も前より濃くなったような。そろそろネルの替え時なのか?それと同時期に掲示板でも、ネルの取り替え時期に関しての質問がありましたから、ざっと巷の情報をネットで調べてみたところ、大体みなさん50回くらい(毎日使うと2カ月程度)を目安にしているようでした。大坊さんの本には、『目地がつまると流れが遅れます。このころがネルの替え時です。汚れが目についてくるころと大体同じ時期ですから、ネルを新しくする。』とあります。こんな知識もふまえつつ、使っている人がそれぞれ珈琲を淹れながら、洗いながら、煮沸しながら、ネルの様子を眺め、そろそろかな?と思った時が取り替えのタイミング、そんな感じでいってみましょうか。

東屋 (あづまや) /  大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

東屋 (あづまや) /  大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

ネルを取り替える
by スコープ成戸

ネルを取り替えました。わっかに替えネルを縫い付けました。お裁縫、というとちょっと構えがちですが、そこまで難しいことはありませんから、まずはやってみましょう(と自分に言い聞かせる)。これから何度もやっていけばきっとうまくなるはず。美味しい珈琲をいただくためですから、ここはネルの縫い付け、習得してやろうじゃありませんか。準備するものはこちらです。

  • 手縫い針(短めのもの)
  • 糸(ハンドキルティング用のポリエステルと綿の混合糸。40番手がおすすめ)
  • 糸切ばさみ
  • 指ぬき(生地を重ねた部分を縫う時にあると便利)

綿とポリエステルの混合糸を探すのに少し時間がかかりましたが、手芸用品屋さんのネット通販で探したら一発でヒットしました。(そりゃそうか。)糸は細目の40番手がおすすめとのこと。太い糸にすると、針穴が大きく開くので、そこに珈琲の粉が詰まりやすいのかな?と予想します。しかしそこもあくまで知識として。まずはご自宅にある糸を使ってやってみればいいんじゃないかと思います。もしそれで具合が悪いようでしたら、次は変えてみればいいんですから。さて、では、どのようにネルをぬいつけていくのか?ですが、替えネルの包みを広げてもらうと、とてもわかり易い説明が載っていますので詳しくはそちらをご覧ください。基本的にまつり縫いで針を進める感じです。個人的にネルの端、重なる部分を縫うのがちょっと難しかったですが、出来上がってみれば形にはなってましたから、まあ最初にしてはOKレベルでしょう。私ができるんですから、どんな人でもできると思います。大坊珈琲シリーズの取扱いを始めてしばらく経つにも関わらず、ラインナップに追加できていなかった交換用アイテムたち。針仕事というところが、実際私たちにとっても大きなハードルになっていたのですから、きっとそういう方も多いはず。しかし、針仕事も始めてみればなかなか面白い。静かに集中する時間が心地よいのです。針を進めながら、この感じ何かに似ているな、と思ったら、そう、ネルドリップしている時間にどこか似ているのでした。真っ白なネルにチクチクと針を進める作業は、珈琲にテキテキと注意深くお湯を落とす作業に通じるものがありました。大坊珈琲店のネルは全て奥様が手縫いしてらっしゃったというお話を聞いたことがあります。あのご夫婦の独特な雰囲気、静かで優しく温かい空気は、こうした日々の時間からできていたんだなぁと、なんだか妙に納得してしまったのでした。ネルドリップが続けられる人であれば、きっとネルを繕う時間も楽しめると思います。(スコープ成戸)

東屋 (あづまや) /  大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

東屋 (あづまや) /  大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

コーヒーのつくり方
(大坊珈琲店式)

大坊珈琲のポットとネル、その発売に併せ1000部限定「コーヒーのつくり方(大坊珈琲店式)」が東雲書林(東屋さんの出版社)から出版された。アーティスト立花文穂さんが大坊勝次さんを思い描き、コーヒーのつくり方という本をつくるとこうなる、そんな特別な一冊です。印刷は写植、インクも黒のように見えて実は濃紺(でも黒に見える)、そういったこと、紙の選択、当然装丁も含めて全て立花さんによる仕事。実は1冊づつ立花さんにより製本されています。コーヒーは焙煎から抽出まで大坊さんにより一杯づつつくられ、コーヒーのつくり方という本は、製本まで立花さんにより一冊づつつくられている。100杯オーダーがあってもすぐには淹れられないコーヒーのつくり方を、100冊オーダーきてもすぐにはつくれない本で解説している。なんだか対のよう。立花さんが自家焙煎&ハンドドリップで淹れた本のよう。軽いし、行間があいて読み易いし、文字も優しい。大坊さんはそうおっしゃっていた。とても気に入っている様子だった。ただ現在においては特殊な本ですから、値段が高過ぎると感じる人もいると思うんです。もしそうであれば、他の本から学ぶ手もあります。大坊さんの本はいくつか出版されていますから。大坊さんが言われる事、コーヒーのつくり方は一貫しているので、大体どの本にも大事なことは同じように書かれています。

東屋 (あづまや)
大坊珈琲
コーヒーポット 三宝産業 / 坂見工芸
ネルフィルター MAROBAYA / 永井木工所 / 坂見工芸
コーヒーのつくり方 著者:大坊勝次 発行所:東雲書林 造本:立花文穂

商品スペック

材質 コーヒーポット: ステンレス
ネルフィルター: 綿 / ステンレス / 楢
寸法 コーヒーポット: 約W209×D100×H175mm 口径約Φ64mm / 約490g
ネルフィルター 大: 約W209×D100×H95×Φ95mm / 約55g (豆の適量 65g)
ネルフィルター 小: 約W194×D85×H85×Φ80mm / 約50g (豆の適量 35g)
本・コーヒーの作り方: W141 × D185 × T4mm
生産 Made in Japan
備考
  ガスコンロ 電気コンロ ラジエントヒーター 電磁(IH)調理器 食器洗浄器
コーヒーポット × × × ×

東屋 大坊珈琲 コーヒーポット、ネルフィルター

  • コーヒーポット
  • コーヒーポット¥19,800(税込)
  • ネルフィルター 小
  • ネルフィルター 小¥2,530(税込)
  • ネルフィルター 大
  • ネルフィルター 大¥2,750(税込)
  • 替えネル 小
  • 替えネル 小¥660(税込)
  • 替えネル 大
  • 替えネル 大¥770(税込)
  • わっか 小
  • わっか 小¥770(税込)
  • わっか 大
  • わっか 大¥880(税込)
  • 柄
  • ¥550(税込)
  • コーヒーのつくり方(大坊珈琲店式)
  • コーヒーのつくり方(大坊珈琲店式)¥4,074(税込)