• カート
踏み台
女の人でも片手で軽々持てます
軽くて持ち運びやすい
綺麗な作りで端正な立たずまい
腰掛けとしても使える高さです

東屋 / 踏み台

踏み台とスツールの関係
踏み台の方が優れている?

踏み台ってのはいいのがない。踏み台というより脚立のような工具に近い物ばかりだから、手を出した先は完全にやるせない。だから、そんな踏み台に手を出さずスツールや椅子を買い、踏み台にしたらダメですよと言われながらもそう使って事をしのぎ続ける。でも、よくよく考えると踏み台に座っちゃダメとは言われない。つまり踏み台は踏み台としても椅子としても使えるのです。でもスツールや椅子は椅子としては使えるけれど、踏み台として使ってはいけないといわれるのです。なんか踏み台の方が得な気がします。ただ、それは出しっぱなしに家のどこにあっても嫌ではない、そんな踏み台があればの話ですが。そんな踏み台はナカナカない。だからコレを手にして使ってみると素晴らしく良い方向に進むのです。画期的に使い処が多いし、ダメといわれて使うのと違い、安心して使う事ができるから気が楽です。

100倍以上の重さを支える
軽くて丈夫な踏み台
まるで最新の製品開発のよう

この踏み台は重量1.1kg程度で耐荷重は130kgにも及んでいる。車やノートパソコン、スマホ開発はいかに小さく軽くするかという事に投資をし、膨大な研究を重ねている。素材を軽く丈夫な物に変え、あらゆる無駄を省き続ける。そんな軽量、コンパクト化の努力を重ねた結果が、僕らの使っている便利な電子デバイスや車なのだが、踏み台の世界において、それを全く意図せず、革新的な結果をだし、一つのゴールのように感じる物を完成させてしまっているのだから、実に東屋らしく、気持ちがいい。とにかく安くするを目標にすれば安価な材を選ぶ事になり簡単な構造になる。加えて丈夫にするため金属、接着剤を多用し、安く太い材を使う。その結果、重く安い家具が出来上がる。色々な材を使うから、どこかが劣化し壊れてくるので、先まで使い続ける事もできず、それらは早くに重いゴミになる。そんな踏み台を作るメーカーがスマホや車の技術者を雇い入れ研究に研究を重ねたとするとその辿り着く先の一つは、この踏み台なんじゃないだろうか。寺院の鐘楼や水屋といった日本建築にみられる四方転び〈しほうころび〉と呼ばれる工法で作られた踏み台。その工法は建築や家具作りにおける基本のひとつで、宮大工が修業の際、必要な技術を身につけられたか確かめる最終課題として製作されます。木曽檜という良材を使い、金具は使わず最低限の竹釘に加え接着剤はニカワ。昔からある工法に材料は生分解する自然の物だけ。全てが正しくまっすぐであり、余計な事を一切していないから、こんな素晴らしい物になるのだろう。日本の歴史的な木造の建築物がずっと丈夫に存在し続けている例を多く目にする事ができるのだから、この踏み台も正しく使っていれば、いくらでも使い続ける事は可能だと過去の建築をみればわかるんだね。

キッチンでの出番が多いです 高い所を掃除する時も必須

日本の台所にはこれ
撮影にもこれ
収納問題も解決!?

これが台所にある絵は様になる。出しっぱなしで全く問題はない。イヤむしろ出しておきたい。料理している最中に少し座る。流し前からコンロ前に移動し座る。そんなちょっとした移動も1.1kgと軽いから気兼ねがない。そして何がいいというと台所に踏み台があるものだから使いづらかった高い位置の収納もうまく活用できるようになるのだ。これがあるだけで、台所を今まで以上に有効活用できるのだから実に素晴らしい事だと思う。なんというか出荷場のボトルネックを一つ解消したら全体がスムースに動き出したような感覚に近い。日本の天井は低いとはいえ日本人の背も小さいのだから高い位置の収納をうまく活用しようと思えば踏み台はいる。そして踏み台があるだけで収納を有効活用できるのだから実に簡単な事だ。安い物ではないけれど、それ以上に耐荷重以上に効果が大きい。加えてスコープでは撮影にも実に重宝している。上からのアングルで写真を撮りたい事があるのだけれどその場合は何かの上に立たなければいけない。それに、この踏み台は実に重宝するのだ。椅子やスツールより安定して使えるから安心だし何より軽いのがいい。女性が片手で軽く持てますからね。1.1kgって2Lの水のペットボトルより遥かに軽いのだから片手で余裕なのです。しほうころびーという声が撮影の時にはよく聞こえてきます。

東屋 (あづまや)
猿山 修 (さるやま おさむ)
橋渡 弘幸
山一 (やまいち)
和室にも洋室にも合います

商品スペック

材質 木曽檜
寸法 W400×D320×H450mm / 約1100g
生産 Made in Japan
備考 耐荷重 130kg

購入前に確認ください

説明書ダウンロード

東屋 踏み台

  • ¥46,200(税込)
  • 2020年冬入荷予定