• カート
東屋 (あづまや) / 伊賀石本 花絵皿

野の束

東屋 (あづまや) / 伊賀石本 花絵皿

野の束

東屋 / 伊賀石本 花絵皿

日々の主役になってしまうほど
日々使いたくなってしまう!最高です。

本当に素晴らしい1枚が完成しましたぁ~。良すぎて嬉しすぎて困っちゃうナ!これは本当に最高過ぎて何もいうことはありません~っていいながら、アレコレ書き連ねます。石本先生の絵柄が素晴らしく可愛らしいです。やはり伊賀石本ってネーミングは良かったです。こんな立派なお皿を作ってくれる耕房窯さんに心底感謝です。そして、この完成形に至ることができる東屋さんはとんでもなく凄いです。僕では全く到達できない領域だって沁みます、本当に素晴らしい物を作ってしまうといいますか、ずっと価値を失わず残る物を作ることのできる稀有な存在となっていらっしゃる、完全に。このお皿のサイズは直径23cmという、実に使い易いサイズになっています上に、ホントどんな料理を盛り付けても絵になりますから素晴らしいです。洋食器と混ぜて使うことは少ないのですが、茶碗にお椀にお箸と一緒に、和洋料理を盛り付けましたメインプレートとして併用しましたら、最高に映えまくってしまいます。パスタや焼きそば、ハンバーグにハムエッグ、そしてカレーにオムライスと料理を選ばない。和食は和食器で、洋食は洋食器で。そう使い分けますのがベスト、和洋混ぜますと少し雰囲気イマイチとなりがちですが、僕らの食事というのはそもそもが和洋混ぜこぜでありまして、そんな食卓にはこういった器が本当にしっくりくるのだとよくわかりました。これなら和食も洋食も全てカバーできちゃうんじゃないか?ってぐらいに重宝しまして、使い始めの日々は食卓が此れに染まってしまいます。そして、その先にはやはりこの料理ならティーマにしよう、パラティッシにしようという区分が出来てきて、イイ感じに料理と食器の使い分けができていくのだと思います。和なのか?洋なのか?よくわからない食卓であれば和でもあり洋でもある伊賀石本 花絵皿が映えるというわけです。ホント最高です。

東屋 (あづまや) / 伊賀石本 花絵皿

菜の束

東屋 (あづまや) / 伊賀石本 花絵皿

菜の束

そもそもは小皿でしたが
大皿に切り替えてよかった

石本藤雄先生のアトリエで僕が発見した小皿、それは中央に花や植物が手描きされたKoKoプレート10cmホワイトでした。その図案を取り入れた和食器を作ろうと即決しましたのは、既に石本先生と向付を作ろう!(で、ウメッスができた)と動いていたからでして、石本先生との和食器づくりに対して強いアンテナがバリバリに立っていたからです。ただ作ろう!と走り出しましたが完成に至るまでナカナカ難航しました。といっても制作に奮闘したのは東屋さんですから、僕は出来上がった試作をみてどうする?を考えるだけの仕事ですから、一番楽な役割です。難しかったのは価格とのバランスでした。それというのも、そもそもの元ネタが小皿ですから、どうしても小皿として完成させる頭になっているわけです。で、いい物に仕上げようとしますと絵付けに手間をかける必要がある。でも、価格を下げるために絵付けを効率化すれば面白くなくなる。その絵付けに手間をかけると小皿ながらかなりの高額となってしまうのです。絵付けのうまい方法を考えてコストダウンできないか?という思考が続いていた先に、絵の雰囲気を損なわないまま、つまり絵付けについては極端なコストダウンをしないまま、お皿のサイズを大きくして価格とのバランスが取ることにしたらどうだろう?というアイデアが生まれ、そこから方向転換しました先に《伊賀石本 花絵皿》遂に完成にいたりました。大きさは僕が愛するメインプレートのベストサイズ直径23cmです。そして東屋さんと耕房窯さんが見事な一枚に仕上げてくれたわけです。これには石本先生も驚いていました。水ごてで成形した生地に判で絵柄を押して凹凸を作り、その凹凸を綺麗に整えた上で鉄と呉須で色付けします。リム部分にも筆で色を付けます。これがなかなか大変な作業だと聞いていますが、コロナの影響もあって僕たちも現場を見ることはできていませんから、またいつの日か石本先生と一緒に耕房窯を訪れ、生産現場をレポートするようなこともしたいと思っています。各絵柄1000枚とか、ある程度生産しましたら、新柄を作ってリフレッシュしていきたいとも思っていますが、またそれは生産と販売の状況をみながら考えたいと思っていますので、今の所は未定ということで。どうぞ末永くお付き合いください。

東屋 (あづまや) / 伊賀石本 花絵皿

秋の束

東屋 (あづまや) / 伊賀石本 花絵皿

秋の束

使い始めとお手入れについて

使い始めは目止めした方が良いと思います。それなりに大きさのあるお皿ですから《ス的なる物づきあい 伊賀、目止めどうする?》を参考にやってみてください。そして、何より大事なのは使う前によく水を吸わせることです。温かい料理を盛り付けるのであればお湯につける、深さもありますからお湯をはって放置するでも良いと思います。食器が十分に水分を吸っていれば、料理の汁気を吸わなくなりますから。そして使い終わったらよく洗って乾かしましょう。汁気のある料理を盛り付けたまま長時間放置するというのはやめた方がよいです。残った料理をお皿にのせたままサランラップして冷蔵庫へというのは厳禁と思ってください。器が料理の水分、匂い、色を吸ってしまいますから。なので使う前にはしっかり水分を吸わせる、使ったら洗うということをお忘れなく。ある程度、注意していましたら、そこまで恐る恐る使うこともないですよ。汁気のない料理を盛り付けるときには、僕自身も水をしっかり吸わせるまでしていなくて、ざっと濡らして使ってしまうこともありますし、これまで水に浸すことをしないまま焼きそば盛り付けたり、デミグラスソースをよそってしまった事もありますが、翌日匂いを嗅いでみましても、そんな匂いが残ってるという感じはありませんでしたから。そこまで大変な物ではありませんけれど、使う前には水に浸して水分をしっかり吸わせ、使ったらなるべく早く洗うという流れで付き合った方が、色々気にしなくてよいですし、あとで後悔もないと思います。僕はアレコレ試す意味も含め、多少ズボラ方向で使ってみているだけですから。今の所なんの問題もなしです。案外ズボラでも大丈夫なぐらいですから、多少注意して使えば余程問題は起こらないと思います。

石本 藤雄 (いしもとふじお)
耕房窯 (こうぼうがま)
東屋(あずまや)

商品スペック

材質 伊賀土、呉須、龍石、石灰釉
寸法 約φ230×H35mm
*詳細なサイズは各カート上をご確認ください。
生産 Made in Japan
備考 電子レンジ × / 食器洗浄機 × / オーブン ×

購入前に確認ください

  • 外側・内側共に石はぜが複数みられる場合があります。
  • 説明書ダウンロード

  • 個別販売商品


伊賀石本 花絵皿

  • 0001 / φ232×38mm / 464g0001
  • 野の束 0001
    φ232×38mm / 464g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0002 / φ237×37mm / 484g0002
  • 野の束 0002
    φ237×37mm / 484g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0003 / φ232×37mm / 436g0003
  • 野の束 0003
    φ232×37mm / 436g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0004 / φ238×35mm / 468g0004
  • 野の束 0004
    φ238×35mm / 468g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0005 / φ234×37mm / 469g0005
  • 野の束 0005
    φ234×37mm / 469g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0006 / φ229×35mm / 410g0006
  • 野の束 0006
    φ229×35mm / 410g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0007 / φ231×37mm / 451g0007
  • 野の束 0007
    φ231×37mm / 451g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0008 / φ231×36mm / 404g0008
  • 野の束 0008
    φ231×36mm / 404g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0009 / φ227×37mm / 477g0009
  • 野の束 0009
    φ227×37mm / 477g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0010 / φ232×35mm / 400g0010
  • 野の束 0010
    φ232×35mm / 400g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0011 / φ233×36mm / 434g0011
  • 野の束 0011
    φ233×36mm / 434g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0012 / φ236×36mm / 491g0012
  • 野の束 0012
    φ236×36mm / 491g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0013 / φ230×36mm / 481g0013
  • 野の束 0013
    φ230×36mm / 481g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0014 / φ230×35mm / 403g0014
  • 野の束 0014
    φ230×35mm / 403g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0015 / φ232×35mm / 442g00150015 / 高台に溝が複数みられます。
  • 野の束 0015
    φ232×35mm / 442g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0016 / φ230×35mm / 405g0016
  • 野の束 0016
    φ230×35mm / 405g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0017 / φ234×35mm / 448g / ガタつきがみられます。0017
  • 野の束 0017
    φ234×35mm / 448g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0018 / φ236×36mm / 474g00180018 / 底に60mm程の溝がみられます。
  • 野の束 0018
    φ236×36mm / 474g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0019 / φ233×39mm / 458g00190019 / フチに釉薬の抜けがみられます。
  • 野の束 0019
    φ233×39mm / 458g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0020 / φ232×35mm / 463g0020
  • 野の束 0020
    φ232×35mm / 463g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0021 / φ235×36mm / 466g0021
  • 野の束 0021
    φ235×36mm / 466g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0022 / φ233×37mm / 468g00220022 / 高台に溝がみられます。
  • 野の束 0022
    φ233×37mm / 468g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0023 / φ231×36mm / 392g0023
  • 野の束 0023
    φ231×36mm / 392g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0024 / φ233×36mm / 437g0024
  • 野の束 0024
    φ233×36mm / 437g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0025 / φ228×37mm / 491g0025
  • 野の束 0025
    φ228×37mm / 491g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0026 / φ233×37mm / 443g0026
  • 野の束 0026
    φ233×37mm / 443g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0027 / φ232×38mm / 464g0027
  • 野の束 0027
    φ232×38mm / 464g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0028 / φ233×37mm / 462g0028
  • 野の束 0028
    φ233×37mm / 462g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0032 / φ231×39mm / 500g00320032 / フチに釉薬が抜けている部分がみられます。
  • 野の束 0032
    φ231×39mm / 500g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0033 / φ230×39mm / 510g00330033 / フチに釉薬の抜けがみられます。
  • 野の束 0033
    φ230×39mm / 510g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0034 / φ232×36mm / 482g0034
  • 野の束 0034
    φ232×36mm / 482g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0035 / φ230×38mm / 500g0035
  • 野の束 0035
    φ230×38mm / 500g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0036 / φ231×38mm / 512g00360036 / 高台に溝がみられます。
  • 野の束 0036
    φ231×38mm / 512g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0037 / φ231×38mm / 510g00370037 / 高台に溝がみられます。
  • 野の束 0037
    φ231×38mm / 510g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0038 / φ233×37mm / 511g0038
  • 野の束 0038
    φ233×37mm / 511g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0039 / φ233×37mm / 483g0039
  • 野の束 0039
    φ233×37mm / 483g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0040 / φ232×36mm / 457g0040
  • 野の束 0040
    φ232×36mm / 457g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0041 / φ232×37mm / 511g0041
  • 野の束 0041
    φ232×37mm / 511g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0042 / φ232×37mm / 505g0042
  • 野の束 0042
    φ232×37mm / 505g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0043 / φ232×36mm / 505g0043
  • 野の束 0043
    φ232×36mm / 505g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0044 / φ233×38mm / 519g0044
  • 野の束 0044
    φ233×38mm / 519g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0045 / φ231×36mm / 497g00450045 / 底に80mm程の溝がみられます。
  • 野の束 0045
    φ231×36mm / 497g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0046 / φ232×36mm / 482g0046
  • 野の束 0046
    φ232×36mm / 482g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0047 / φ230×38mm / 479g0047
  • 野の束 0047
    φ230×38mm / 479g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0048 / φ230×37mm / 490g0048
  • 野の束 0048
    φ230×37mm / 490g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0049 / φ231×36mm / 509g0049
  • 野の束 0049
    φ231×36mm / 509g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0050 / φ230×38mm / 489g0050
  • 野の束 0050
    φ230×38mm / 489g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0051 / φ232×36mm / 489g0051
  • 野の束 0051
    φ232×36mm / 489g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0052 / φ231×38mm / 499g0052
  • 野の束 0052
    φ231×38mm / 499g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0053 / φ232×36mm / 514g0053
  • 野の束 0053
    φ232×36mm / 514g¥13,000(税込)
  • 販売終了致しました
  • NO IMAGE
  • 七寸半 野の束¥13,000(税込)
  • 次回 入荷未定