• カート

使いやすい和食器と聞かれれば、角皿と応える。

東屋 / 木瓜角皿

角皿の使い勝手の良さ
角皿の収納性の良さ

この角皿はスコープからリクエストして東屋に作って貰った物です。とはいっても、スコープ別注ではなく、東屋の定番アイテムです。印判小皿豆皿や手挽きの取り皿、取り鉢伊賀、飯碗と色々揃えてきましたが、どうしても使ってしまうお皿が家にあって、それは、ずっとある、どこかで貰ってきた丁度良い大きさで、少し深めの角皿。そのお皿は本当に使い易い。丸よりも四角の方が盛り付けやすいそんな風に感じるからか、焼き魚、焼きナス、天ぷら、漬物、卵焼き、何をのせるにも選んでしまうわけです。それもあって、長角皿欲しさに古い物も少し集めて更に使い続けました。やはり四角いお皿はいい。そう思います。立派に見えるといいますか、少し料理の見え方が違うように感じます。

東屋 (あづまや) /  木瓜角皿 東屋 (あづまや) /  木瓜角皿

そうだ、角皿の事を考えていると僕は、オイバの事を思い出します。オイバが自宅で愛用する食器に自身の作品A4と言う角皿シリーズがあります。角皿はテーブルで使いやすいだけでなく、収納性がいいからなって、オイバは言っていました。そう、収納スペースというのは四角だから収めるお皿も四角の方が効率よく綺麗に収まるんですよね。それはそうです。でもいいなって思える角皿というのはそうそうない。だから東屋で作って貰いましたとさ。このお皿の誕生秘話は、そんなとこです。実際とても使えるお皿ですから是非試しに使ってみてください。生産は続きますから、気に入ってくれたら増やしていってくれればいいので。まずは一枚お試しに。

木瓜角皿 正角は東屋の
木瓜角皿 長角はスコープの
古い物を写した形です。

釉薬は少し雑味のある土灰釉、そして九州でとれる天草陶石を使い長崎県波佐見にある白岳窯で作っています。そして、このお皿のベースは古物です。長角はスコープがとても作りたかったのでスコープがもつ古い物から選びまた正角は東屋の持っている古い物から東屋に選んで貰い、写しています。どれも昔からある角皿の形です。木瓜角皿、角に少し装飾があり、この形と今回使っている土灰釉は相性がとてもいいなと思うわけです。綺麗なバランスで完成してくれています。

東屋 (あづまや)
白岳窯 (しらたけがま)

商品スペック

材質 磁器
寸法 正角 : W155×D155×H35mm / 330g
長角 : W215×D120×H35mm / 400g
生産 Made in Japan
備考
電子レンジ 食器洗浄器

購入前に確認ください

  • 陶磁器製品に共通して見られますが、小さな黒点やピンホール、多少のがたつきはどれにもあり、良品としています。

東屋 木瓜角皿

  • 土灰 長角
  • 土灰 長角¥2,310(税込)
  • 10月上旬 入荷予定
  • 土灰 正角
  • 土灰 正角¥2,310(税込)