twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
薬味まな板
台所以外にも持ち出して使いやすい
臭い移りが気になる食材に取り回ししやすい
テーブルに持ってきて使える小さなまな板
薬味専用のまな板としても
移動させて使いやすいサイズ感
薬味をきった後、さっと洗えて使いやすい
持ち運びやすい
何枚か同時使いもできます

東屋 / 薬味俎板

料理屋で使う道具を
家庭で使える道具にしてみたよ
小回りの効く道具は便利ダネ!

スコープの人々がいつも使っているのは
東屋の木曽ヒノキ一枚板の俎板です。

台所で使う道具は、東屋の物が多くを占め
その中心にあるのが木曽ヒノキの俎板で、
これがなければ料理も生活も始まらない。
つまり、はじめの一歩な物です。

長年お付き合いしていく事になるのだから
そこをとりあえずでプラスチックにはせず
素材の良い物を選ぼう、僕はそう思います。
台所の中心に良い素材があると、台所が
非常に締まり、とても気持ちの良い雰囲気
になってくれますから。

さて東屋の俎板を愛用し、かなりの年月が
経過した頃、葉山の寿司屋で下駄の付いた
薄く小さな俎板のような物をみました。

小さな板を沢山使い調理しているのを見て、
これを家庭で使う事ができれば、とっても
便利じゃないだろうか?そんな物が欲しいと
東屋に相談した事から薬味俎板が出来ました。

寿司屋も、メインに使う立派な俎板では、
生の魚以外をあまり切りたくはない。
それ以外の肉を切り、焼き魚の串を抜くのに
のせるのは、やき板ともぬき板ともいわれる
小さな木の道具が多いという事なのです。

ただ、反り止めの役割も担う下駄が付いて
いるので、それなりにかさ張ります。
積み上げておくのは料理屋であればOKでも
家庭にはなかなか向かないだろうと、
そんな所から薬味俎板へと変化をしました。

ただ、板を薄くすると反りが出るので
その反り問題を極力回避するために
板厚も厚くしています。そして反り止めの
意味も多少ありますが、価格面も考えて
薬味俎板では、はぎ材を使っています。
個人的には薄い一枚板がベストでしたが、
それは素人の浅知恵、反るので廃案。

こうして出来た薬味俎板。まずは
OMKで配布され、好評を得られたので
スコープのラインナップに加わりました。

これをうまく複数枚活用する事で、効率的
に料理する事ができると僕は思っています。
是非、取り入れて、それぞれにあった
使い方を組み上げてみて欲しいです。

スコープ的使ってみまして
果物専用は必ず1枚いるよ

薬味俎板、という名前をしているから
ニンニクのような臭いの強い食材、
つまり薬味を切る為の専用俎板として
当然のように使い始めました。

ニンニク、ネギ、唐辛子、アンチョビ等々、
別にして刻みたい食材は思ったより多く、
小さな俎板はデビュー間もなく
不動のレギュラーとして定着します。

そして、そこに大きな変化が起こります。
更に薬味俎板をキッチンへ追加し
薬味俎板×2枚、檜俎板×1枚、計3枚の
俎板が並ぶ事となったのですが、
これがとにかく調子良く使えるのです。
実に効率的に使えてしまうのです。

下ごしらえの時、3枚も俎板があると、
切った食材をボウル、バットなどに
移し変えずとも、料理ができてしまう。
洗い物も減って一石二鳥でした。
小さな俎板をヒョイと持ち上げ、鍋や皿に
ダイレクト投入している様子は軽やか。
そんな薬味俎板イイネ!ブログどうぞ。
≪俎板増えて、手間が減る、私の料理大革命。≫
http://www.scope.ne.jp/now/yotei/4332

と、ここまで書いて、料理しているスタッフに
食材で使い分けるのは止めたの?と
確認すると、そんな事ないですよ、という。
薬味俎板1 →生もの
薬味俎板2 →匂い移りの気になるもの
檜俎板 →それ以外
そんな感じでざっくり使い分けているそうだ。

しかし、ある時、テーブルに出てきたイチゴ
からニンニクの匂いがした。きっと匂い移りの
気になるもの用薬味俎板を使ったのだろう。
その時に、果物専用薬味俎板を作り、それは
台所で使う俎板というより、テーブルで使う
俎板として使う事がいいだろうと思い付いた。
果物だけではなく、ケーキなどの菓子を切る
のにもいいのじゃないだろうか。これはかなり
の頻度で使う機会がある。果物用というより、
テーブルで使う専用の一枚を持つことを
僕は強くおススメしておきます。

大きな俎板を使うまでもない時には
小回りの効く薬味俎板がある事で
ちょっとした調理も気兼ねなくできる。
わざわざ、これだけを切るために大きな
俎板使って洗うのも手間だという心理が
消え、調理を遮る心理的障壁もなくなるし、
テーブルで果物を切ろうかって気にもなる。

とても小さな木の道具なのだけれど、
多くの扉を開ける素晴らしい道具なのです。


違う木種の薬味俎板について

薬味俎板に使われているのは木曽ヒノキ。
ヒノキを材にした俎板は、これからも扱っていく
予定ですが、他にも俎板に向いている素材は
いくつかあります。

そして木の種類が違えば、使い心地も様々だと
いう話ですから、材を替え、どれが自分に合うかを
試せるようにしたらいいんじゃない?という事で
木種の違う薬味俎板を、随時作っていきます。
ただ材を調達できればの話なので、数量も時期も
マチマチの成り行き任せですから、ヒノキはぎ材
以外の薬味俎板は、基本
東屋キャンペーンノベルティのみです。

 

東屋 (あづまや)
山一 (やまいち)

 


材質 木曽檜
寸法 正角:W150×D150×T20mm 約200g
長角:W240×D150×T20mm 約300g
生産 Made in Japan
  <削り直しについて>
  • 直射日光による過度な乾燥や長時間水に浸けたりしないで下さい。割れの原因となります。
  • ご使用後は粉状のクレンザーか粗塩で水洗いしてください。合成洗剤や漂白剤は木の持つ天然の殺菌の働きを弱めてしまい、黒ずみ、カビ等の発生をしやすくしてしまいます。重曹は木を変色させる恐れがあるので使用を避けてください。
  • 木製品について

東屋 薬味俎板

  • 木曽檜 長角
  • 木曽檜 長角¥2,200(税抜き)
  • 木曽檜 正角
  • 木曽檜 正角¥1,700(税抜き)