• カート

東屋 / 子 925

極小、日本のフィギュア

小さく精巧な物、どうやってこれを作ったんだ?そんな疑問が浮かぶような小さなフィギュアを見てしまうと、多くの人が心惹かれてしまうんじゃないだろうか?僕はといえば、そりゃ~もう、当然です、大いに惹かれてしまいます。現時点でも、柄にもなく可愛らしい紙製のミニチュアトランクを買いそうになっていますし、大正時代に作られた招き猫ならぬ、招き鼠の小さな人形を買い、たまに手にしてイイもんだって眺めているぐらいですから。その招き鼠は高さ3cm、いつも仕事時、目に入る場所に飾っているというか、置いています。四角くカットした珪化木(ブックエンドとして使っている)の上にチョコンと。生活をしていて、仕事をしていて、常に目に入る場所に、そういった好みの小さなフィギュアを飾っておくというのは、なかなか良いものです。どんな物であっても大きな物になればなるほど飾る場所を選びます。もちろん、大きな物には大きな物にしかない迫力があり、力があり、魅力があるのですが、その逆、小さな物にも特別な魅力があり、そして飾る場所を選ばないという大きな利点があります。

干支フィギュア 子925

純粋で美しい日用品を作り続ける東屋から、日々使う物ではない(飾るという使い方はあるのだけれど)、飾り物がやっと完成しまして、2018年末より発売となりました。もう何年もの間、フィギュアを作りたいという、東屋社長さんの声を聞き続けてきましたが、まさかこんなに小さく、こんなに精巧で魅力的な物になるとは思ってもみませんでした。想像以上、すみません、ホント素晴らしいです。2018年末発売の亥925は早々に完売となりましたから、2019年末こそは必ず手にしたいと思っている方、そんな子年生まれの方は多いでしょう。日本には古くから、こういった小さな金属製の飾りは多くありますが、僕はこの干支フィギュアは特別小さいんじゃないかと思っています。加えて精巧です。 今年は昨年のウリボークラスがゾロゾロいるようなネズミの群れ、2cmに満たないネズミが、這ってるのから立ってるのまで群れをなして5匹います。本当に小さな物ですから、純銀で作りましてもナントカ手のでる値段となるわけです。東屋の干支フィギュア、2年目も100セット限定生産、そのうち70セットがスコープへ入荷しました。この純銀ネズミが白鼠に見えましたら、それは大黒様の使いとして福をもたらす鼠ですよ。そう考えますと自分の干支、その年の干支に関わらず、ずっと飾っておきたくなりますね、なる、なるなぁ。もちろん子年生まれの人、そして来年お子さんが生まれる予定の人にとっては、より手にしておきたい縁起物、飾物であるとは思うのですが、そうでない僕も欲しいです。

飾る場所がないなら
工夫して上品な物を飾る

フィンランドの家みたいに、ガラスオブジェや陶芸作品を飾るのに丁度良さそうな出窓が欲しいと思っても、それはいつか家を建てた時の話にしてしまいますと、物を飾って愛でるのもいつかの話って事になってしまいます。でも、それでは勿体ないじゃない。それならばと家具を購入し(それこそ01とかメッシーとか)飾っちゃえばいいじゃない。でも、そのハードルはなかなか高い。特に買い慣れない物だろうから、飾る物に加えて、家具まで買うとなればナカナカ大変だ。では、それなら、少し方向を変えてみよう。まずは物を飾る場所は無くても、工夫し上品なものを飾る、それもアリなんじゃないだろうか。飾る物が小さな物であれば、飾る場所は色々とみつかる。例えばトイレ小窓の枠、テレビや絵のフレームの上、本棚の片隅、ステレオやDVDプレイヤーの上、食器棚に収納した食器の傍ら。そういったさりげない場所に、凄く小さな物なんだけれど、精巧な作りで上品なものが飾ってあるのは素敵じゃない。そんなところから始める、部屋を飾る、日々を飾るというのもアリじゃない。まずは、今できることからやってみるの良いと思います。

~子年生まれの人~
大正12年生、昭和11年生、昭和23年生、昭和35年生、昭和47年生、昭和59年生、平成8年生、平成20年生、令和2年生

東屋 (あづまや)
佐藤司紋 si

商品スペック

材質 銀925
寸法 各サイズ詳細
生産 東京都渋谷区

 

エディションナンバーは箱に記載。本体には刻印されていません。
  • 個別販売商品


東屋 子 925

  • 子 925
  • 子 925¥49,500(税込)
  • 次回 入荷未定