twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

東屋 / 印判 小皿 カッコー (別注)

印判小皿のセンター
スコープ別注カッコー柄

今や世界的に名を馳せておりますデザイナーのクラウス・ハーパニエミ。クラウスがスコープのスケジュールノート(現在は廃版)の表紙絵として2010年に描いてくれたのがカッコー柄でした。クラウスのグラフィックは和食器、特に印判と相性がいい。それを示したく、試しに作ってみた印判小皿カッコー。スケジュールノートの柄をそのまま小皿に印判で転写しました。その出来がよかった。クラウス本人も気に入ってくれたので そのまま製品化し、今に至っております。このカッコー柄の小皿は2011年2月に呉須東屋の定番小皿と同じ)で販売開始し、2015年5月に黒呉須で9,000枚生産した後に一旦生産終了。そこから六寸皿の印判鳥獣五画へとバトンタッチし2018年9月まで販売しておりません。でも振り返りますと、あれこれ難しく考えず、スケジュールノートの柄をそのまま小皿に写したところが良かったんだと思うわけです。多くの人から再生産のリクエストを貰い、多くの人が大事に愛用してくれていて、此れは良いといってくれる。その様子をSNSでも見ていますし、カッコーが欠けた~割れた~という話は、掲示板にも多く寄せられます。飲食店で使われている様を何度か雑誌でも見かけました。みんな気に入って使ってくれているからこそ、そういった行動や露出になるんですよね。そして、何枚あっても困らないから沢山ある小皿群、その中にあってカッコー柄は何だか特別な魅力があるようで、特別に見えます。この不思議な魅力、なんなんだろ。東屋の定番柄には申し訳ないけれど、カッコーが小皿界のセンターのように僕には見えます。何がいいたいかと言いますと、素晴らしく良い物だから、やっぱ生産を続けることにしました、という事です。

三代目カッコー
印判小皿 カッコー緑彩

過去に人気だった呉須黒呉須を再生産すればいいんだけれど、新しい一歩を踏み出したい性分だから、ただ同じ物を再生産するという選択ができない。2018年9月リリースの三代目カッコー(クラウスショールのオマケにしている金彩はノーカウント)は、古い印判手の皿によく見かける緑彩をやってみました。絵柄の色だけでなく、釉薬も雑味あるものに変えているので、地には黒点や茶点が多く含まれます。東屋が過去に作った製品の中に、これという肌の雰囲気をした品があり、それを取り入れて頂いてます。だから他カッコーとは雰囲気が少し違っています。こうしたかったのであって、こうなってしまったのではないです。また釉薬を変えたことにより、型の修正も必要となり、お皿自体の形も若干ですが、他の印判小皿とは異なっています。ほんの少しの違いですから、見極めるのは難しいレベルでして、一緒に使って違和感はありません。そこは心配無用です。

四代目カッコー
印判小皿 カッコー黒呉須

もう作らないと決めたカッコー黒呉須ですけれど、リクエストも非常に多いですし、緑彩をやりましたら良い雰囲気に仕上り、この釉薬にて改めてカッコー黒呉須をやってみたくなりました。それで2018年12月改めましてのカッコー黒呉須再登場。とはいえ、以前の黒呉須とは釉薬が違います。緑彩と同じく雑味が多い釉薬に変えていますし、形も緑彩と同じく少し変更されています。ですので、単純に二代目の黒呉須を再生産したという訳ではなく、つまりは緑彩からの流れを組む、微妙に新しいカッコー黒呉須ということになります。ただ、過去に作った黒呉須と大きな違いがあるわけではないので、一緒に使っても違和感はないと思います。そういった微妙に違う物が入り乱れるのも、またいい雰囲気になるんじゃないかと、そう思います。

柄がズレたり、切れたり、
滲んだり、色のブレもある。
それら全てOKと思ってみよう。

紙の絵柄を、素焼きした皿に転写する。皿の上に転写紙をあて、濡れた筆で紙を濡らしながら押し当てていき、皿に絵を写す。これが難しい。特に皿の縁近く、つまり曲面が難しい。小皿の上に濡れた薄紙を綺麗に貼り込むような作業だから、どこかに当然シワはできる。そのシワが柄の上であれば柄は切れ、柄がズレる。水の量が多ければ滲むし、水が少なければ薄く写る。人の手仕事で紙から皿に柄を写すことで生まれる、その諸々様々個々の絵柄、そこがイイんじゃない。それはダメ、あれはダメと言ってしまえば、クレームや問い合わせのない物を作ろうと人は考えるようになり、作り方が根本的に変わり、シリコンを使って機械でスタンプする方向へと進路変更し、今の物作りに至ります。それが悪いわけでは無いのだけれど、違いのない綺麗で同じ物というのは、同じなんだけど違う物より、面白みに欠ける。ここで敢えて印判にて物を作るということは、そういった手仕事から生まれる違いを良しと感じられる人のため、加えて、そう感じられる人が増えて欲しいと思うからです。それを良いという人が増えれば、もっと手の届く価格帯で良い物を作れるようになります。少しでも何かが違っていたらB品、というような物の見方の人ばかりであれば、高価な物となるか、機械で作るかになってしまう。だから、もし、手元にお皿が届き、気になる点があったとしても、それをOKと思ってみませんか?どんな違いであっても、気になっても、それをOKと思って使ってみましょうよ。きっと手仕事から生まれる個体差が良く見え、これは面白い、味わい深いと感じられるようになりますから。色の違い、滲み、そこがいいんじゃない!って思うようになりますから。逆に、この考えが理解できそうにない人、受け入れられない人は、申し訳ないのですけれどオーダーしないで欲しいのです。クレームを受け、交換対応を重ねる度にコストもかさみ、心も疲弊していきます。そうしますと、すぐに物作りの方向を変える思考に至ってしまうからです。無理にこれを手にしなくても、均一で均質な物はいくらでも世にありますから、わざわざ選ぶ事もないでしょう。ただただ、今の物がつまらなく見える人、印判が目に合う人、合うようになりたい人、そんな皆様どうぞどうぞ。

東屋 (あづまや)
Klaus Haapaniemi (クラウス・ハーパニエミ)

商品スペック

材質 磁器
寸法 約φ115×H15mm 90g
生産 Made in Japan
備考 電子レンジ 〇 / 食器洗浄器 〇

購入前に確認ください

  • 印判という手作業による手法で染付しています。色の濃淡、柄の抜け、滲み、切れ等の個性があります。 →[ 印判について ]

印判 小皿 カッコー (別注)

  • 黒呉須
  • 黒呉須¥1,000(税抜き)
  • 緑彩
  • 緑彩¥1,000(税抜き)