現在のご注文は2月27日(火)までに発送します

スコープ特注

ラインナップ
SCOPE (スコープ) 4040140×60×72
140×60×72 / Chair 69×2
SCOPE (スコープ) 4040140×60×72

SCOPE / 4040テーブル 140×60×72

コンパクトなダブルスペース

発売当初、4040テーブルのラインナップになかった奥行60cmサイズを2021年3月から実験的に追加しました。デスク使いすることを考えますと奥行40cmでは浅すぎる、もう少し深さが欲しいという要望が当然ありますから、主にデスク使いを考えて加えています。奥行60cm、これでもデスクとしては浅い類ですが、デスクトップPCを設置しましても問題なく作業できます。自身が座って作業する前方スペースには、デスクトップパソコン以外に本だとかオーディオだとか収納箱、ファイルといった物を置かなければ、デスクとして過不足なく丁度よく使えます。幅140cmですとデスクトップPCを2台並べて作業するには少し窮屈に感じます。ただ、不可能ではないです。Chair69のようなコンパクトサイズの椅子を合わせましたら、少し窮屈ではありますが大人二人が並んで作業することも可能です。また一人用のデスクとして使うのでしたら、横方向にかなりスペースが余りますから、奥行きの深いデスクだったら前方に置くような物、つまり本やオーディオや書類ケース諸々を全て横に置いてしまえば便利です。勿論デスク下にも大きく空間が生まれますから、収納棚であったり台を設置することで、ひと所にモノが収まり、部屋の中も実にスッキリです。さて、ナゼここまで奥行きを狭くすることを考えるのか?奥行きの深いデスクは前に物を置けるので便利ではありますが、壁面に向かって設置する家具の場合、奥行きがあればあるほどに、部屋の中でぼこんと飛び出た存在になってしまいます。その奥行きが部屋を圧迫し部屋を狭くするわけです。部屋を狭くするのは幅ではなく奥行きというのが僕の経験からの感覚です。部屋をなるべく狭くせず、デスクに広くスペースを確保したいのであれば、奥行を深くとるより、横にスペースを広げた方が部屋は広く使えます。奥行60cmタイプは幅120cm、140cm、160cmのバリエーションを揃えていますが、快適に作業できる範囲内で出来るかぎり奥行き浅く、幅は出来るかぎり広く、そう選んだほうが便利に使えて良いと思います。

ブランド
SCOPE (スコープ)

商品スペック

材質
オーク: ホワイトオーク幅はぎ材 (ドイツ産)/ オイルフィニッシュ
寸法
W1400×D600×H720mm / 脚:6cm角 / 約31kg
生産
Made in Indonesia
備考
組立必要:15分~30分

脚のカットをご希望のお客様は、オーダーの際、連絡事項の欄に希望するテーブルの高さを5mm単位でご入力ください。基本的にカットして残った脚は同梱しておりません。残り脚が必要な場合はオーダーの際に合わせてご連絡ください。カット加工には一週間ほどお時間をいただいております。【 入力例:テーブル高さ 345mm希望 】

説明書ダウンロード : OAK


おつかれさまアイテム ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  • 4040テーブル オーク
    オーク
  • 4040テーブル チーク
    チーク