twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

干す男2015 総清算

今年一年は使った花や植物をできる限りドライにしてみよう。
そうすれば、使った花が長く楽しめる。
そして、一年の最後には、ドライになった植物を使って
クリスマスリースが出来たらいいな。
そんな気持ちで始めた「干す男」シリーズ。
12月も中盤に差し掛かったある日、衝撃の書き込みが掲示板に!
「干す男2015…まさか本当に干されましたか?」

確かに、ページを見たら、最終更新日は6月。
だいぶ音沙汰なしでございましたが、安心してください。生きていますよ。
忙しさにかまけてそーっとしておいた感
満載ですが、2015年の最後くらい何とかせねば!と。
せっかくだから、年初めに考えていたリースを実現しよう。

そう決めたのが12月11日。
花屋さんにも急いでもらって、ばたばたの17日撮影の本日アップ。
何とかXmasに間に合った。

今年せっせと作ったドライフラワー。
ブーケのコンテンツに限らず、
花のある生活、花瓶の商品ページなど
植物を飾るたびに、可能な限りドライにして来たので、材料は選び放題。
正直、沢山ありすぎて、どれがどのドライだか
忘れてしまったってのもあったり。

でも、土台だけはドライで出来ないから
ヒムロスギの枝を使った。
このヒムロスギ、クリスマスシーズンに出回る
ヒバよりも、枝も葉も柔らかいので
素手で扱ってもちくちくせず、曲げやすくリース向き。
この時期は花屋さんにも並んでいて
手に入れやすいところもいい。

まずはヒムロスギを3本用意。
枝の1/3くらいが重なるように、ワイヤーで固定し繋げ輪っかを作る。
うん、ここまでは簡単。

土台が出来たら、使うドライフラワーを決めて、
土台の上に仮レイアウト。
最初はなるべくたくさん種類を使いたくて
全体に散りばめるように並べていたけど、なかなかまとまらず、
種類を絞り、一部に固めてレイアウトする方向に。
ざっくりレイアウトが決まったら、
その状態をスマホで写メモ。

この後の作業が地道。
ドライフラワーを1本ずつ土台に差し込み、ワイヤーで止めていくのですが
終わりが見えず、焦る焦る。
焦っちゃだめだけどと分かりながらも、何本か折ってしまった。
ここは慎重第一で作業を進めなくては。

差して、差して、ワイヤー巻いて、永遠とこの作業を繰り返し、
時折、スマホの画面でレイアウトを確認。
なかなか、最初のレイアウトどおりにならず、差しなおし、差しなおしたら、他が抜けてやり直し。
こんなことを小一時間繰り返し、やっと完成形が見えてくる。

ある程度のところまで完成したら、
遠目から見て、バランスを見ながらパーツを追加し
「コレでOK!」完成にこぎつける。
始めたのが午前10時50分、途中休憩1時間はさみましての、14時8分完成。
正味2時間18分で完成。映画1本分って考えれば
こんな充実したすごし方もあるんですね。

もう一回作れば、もっとうまくできる自信がある。
でも、これはこれで、一度も作ったことがない僕が
やったにしては、上出来。上出来。

クリスマスには、「お父さんが作ったんだぞ」って
家に持って帰って、バードが沢山並んでる棚の上
部屋の真ん中にどんと自慢げに飾ってやろう。
子供たちの気を遣った「すごい!」じゃなくて
素直に「すごい!」って言ってくれるといいんだけど。

—————————————————–
使った植物と道具
・ ドライフラワー
・ ヒムロスギ 3本
・ 地巻きワイヤー(太さ:#24)
—————————————————–

text:スコープ 鈴木