現在のご注文は7/6(水)までに出荷します。 7/4(月)は7/1(金)朝10時までのご注文を出荷予定
ラインナップ
iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)プレート25cm iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)プレート25cm

iittala/ Ultima Thule (ウルティマツーレ)プレート25cm

やっぱ、よかった
結局、よく使ってる

イッタラを代表するガラス食器、そのひとつがウルティマツーレです。巨匠タピオ・ウィルカラがデザインし、イッタラ史上最も売れた食器といわれています。ただ、そんな人気アイテム、ブランドを象徴するシリーズだからこそ、ラインナップ豊富、これがまた豊富過ぎまして、フルラインナップすることが難しい。思い切ってフルラインナップ化したこともありますが、やはり僕の生活において用途が明解に見えていないアイテムはあまり使うことがなく、するとスコープでも売れてくれないので在庫の山となる結果を生みました。それでアイテムを絞り、その時にプレート25cmは取扱終了としたのですが、その後になって急に僕の生活で活躍の場が増えてしまい、取扱再開したのが2019年冬のことです。銘々皿的メインプレートとして使うには少し大きい?そんな印象もありますが、豪華さが魅力のウルティマツーレですから、250mmというのは立派で見栄えよく、テーブルでとても映えます。また、リムがないのでお皿としてはサイズいっぱいに使用できますから、センターピースとして活用しましたら立派に役割を果たしてくれます。そう、この用途があるからラインナップしているに等しいです。日々に使うというより、少し特別な日に前菜や果物を盛り合わせたプレートとして最適です。これだけではセンターピースとして物足りないとなればUltima Thuleプレート19cm、東屋のチーズボードカッティングボードなどで補えば良いですし、それこそSunnuntaiTeemaRunoParatiisiなどの食器群と組み合わせましても、クリアのガラス皿ですから違和感がでることはありません。まさにパーティーとなれば、特別なテーブルとなればの1枚です。人数分そろえる必要もありませんので、そのままずっと1枚かもしれませんが、まず1枚、そんなウルティマツーレプレート25cmです。

iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)プレート25cm

Ultima Thule
Finnair

Ultima Thule(ウルティマツーレ)は1968年にストックマンで開催された展示会でお披露目となり、1969年5月15日、フィンエアーが新たにオープンしたヘルシンキ ヴァンター空港からニューヨークへの定期便を就航した際、ファーストクラスで使う器として選ばれました。一般販売される前にフィンエアーです。初期のUltima Thuleの生産にはグラファイト型が用いられ、それはウィルカラ自身が削り出したそうです。僕自身、実物を見たことはないのですが、フィンエアーのロゴがデカールで転写されていて、デカールを転写し易いようスムースな部分が作られていたそうです。(実物見てみたい。)そして、1980年代にファーストクラスが廃止になってからは、特別便のみで使用され、1988年4月1日フィンエアーの75周年を記念して、Ultima Thuleは長距離便のビジネスクラスで再度使用され始めます。当時のグラスにはフィンエアーのロゴがサンドブラストで入れられていました。さて、今日はどうなっているか?ご存知の方も多いと思いますが、フィンエアーのビジネスクラス、フィンエアーの空港ラウンジでは、沢山のUltima Thuleが使われています。ただ、ロゴは施されていません。こうしてフィンエアーのあらゆる箇所でUltima Thuleが使われ続けるから、旅の思い出とともにUltima Thuleと人々の記憶が結びつき、愛用者が世界中に増え続けていく。フィンランドと聞いて一番に思いだす食器がウルティマツーレという人も多いでしょうし、ウルティマツーレがイッタラ史上、最も人気のあるガラス食器と言われるのも、それ故でしょう。

iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)プレート25cm

2022年2月14日
皿所持数と食事人数

ウルティマツーレプレート25cm、比較的大きなガラスプレートの類になりますから、前菜を盛り合わせましたり、冷菜を盛り合わせましたりして、主には愛用しています。で、そんな用途では大活躍なのですけれども、皆でシェアーなセンターピースではなく、個々のメインプレートとして、つまりパスタなんぞ盛りつけるには大きいか?いや、案外いいんじゃないか?と試しましたら、優雅な感じもあって凄くイイ雰囲気でした。このパスタは冷製のようで冷製でもなく、つまりサッパリした雰囲気の料理ならイイ感じになるんだなってことも併せて思いました。さて、このUltima Thuleプレート25cm、ナカナカ家族分を揃えることのないサイズなのですが、もしお持ちでありましたら、皿所持数と食事人数が一致した時は試用チャンスだと思います。今回のパスタ用というように、普段とは違った食器使いを試しましたら、新たな扉がオープン!することがありますから。1人2人で試してみるだけでしたら気軽ですし、あんまな結果となりましても、ダメージ小さいですからナイスです。大きなガラスプレートでパスタを食べる、これ、どこか外食的優雅感もありいい感じ、やってみて良かった。

ブランド
iittala
デザイン
Tapio Wirkkala (タピオ・ヴィルカラ)

商品スペック

材質
無鉛ガラス
寸法
約φ248×H25mm / 940g
生産
Made in Finland
備考
食器洗浄器 : ○

購入前に確認ください

  • 小さな気泡や黒点がガラス内部に含まれていたり、多少のガタツキがみられます。

2022年7月20日より価格改定

7,700→8,250円

Ultima Thule (ウルティマツーレ)