twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

形が同じだと、たくさんあっても様になるといういいわけ。


Summer Theater

 

 

Arabia / Moomin マグ

アラビアムーミンサマーマグ2017
Summer Theater

2017年のアラビア夏季限定マグには、1954年に出版された「Moominsummer Madness(ムーミン谷の夏まつり)」のワンシーンが描かれています。夏の日差しにあふれた、ある日のムーミン谷。その夜は驚くほど静かでした。大地が揺れ始め、みんなが飛び起きるまでは。火山が噴火し、それによる大洪水で、ムーミンハウスから出ていくことを余儀なくされたムーミンたち。そして洪水により流されてきた、奇妙な家に移り住むことになります。新しいその家には壁がなく、両側の大きな穴には赤いベルベットのカーテンがかけられ、ドレスやカツラ、上った先に何もない階段など、奇妙なものでいっぱい。その建物は家ではなく、劇場だったのです。そして、そこに住んでいたのは彼らだけではありませんでした。エンマという名前のおばさんネズミもいました。最初は冷たい態度だったエンマも徐々にムーミン達に心を開いていきます。しかし、夜のうちに劇場が流され、木の上で寝ていたムーミントロールとスノークメイデンが取り残されてしまって、パパやママと離ればなれに。お芝居を上演して話題になれば、家族が再会できるかもしれない。そう願ったムーミンパパはムーミンママに励まされながら、なんとか脚本を書き上げます。

今年のサマーマグ、夏まつりのワンシーンかと思っていたら、シアターでの一コマだったのですね。マグだらけになるから、アラビアのムーミンマグ収集はもう卒業、何度と心に決めた事でしょう。でも、日々愛用しているのがムーミンの限定マグだったりすると、過去に販売していた気になる絵柄を思い出し、あの限定マグは買っておけば良かった、なんて後悔することもあるわけです。そんな時に、限定マグが好みの絵柄だったりすると、やはりもう一度!と収集再開。夏マグは2007年のドルフィンダイブを除くと表裏が反転した同じ柄で、黄色ベースが4年も続いて冷めたりもしましたが、去年からは一枚絵になりましたし、絵柄も良い雰囲気です。去年も人気になった夏マグ、今年は更に違った雰囲気で更なる人気柄になりそうだと、そう思います。僕の好み、ってだけなのですが。

ムーミン

パパ

ママ

左:ムーミン
右:ママ

ラブ

ミムラ婦人

アンセスター

トゥティッキー

アンセスター


 

生活感の薄いキャラクター物
終わると欲しくなるムーミンマグ

ムーミン谷に住むムーミン一家の生活を活き活きと描いた、誰もが知っている名作中の名作「ムーミン」。アニメーションのとは一味違う原作者トーべ・ヤンソンが描いたムーミンの世界感がじんわりと伝わってくるマグカップです。1990年の発売以来、 廃番・追加を繰り返し、さまざまなキャラクターが登場しています。加えてシーズン限定やアニバーサリーアイテムも含めれば、その数はカナリです。ムーミンファンにとっては少しずつコレクションしていくのも楽しみの一つとなっています。不定期で新キャラの登場もありますが、近年ではムーミン、スノークメイデン、リトルミイ、スニフなど主要どころが廃番となり、新柄で再び登場するパターンが続いています。

2014年にはパパとママが新柄に。
2016年はトゥティッキーがリニューアル
新キャラ「アンセスター」が追加されました。

メインキャラクターの新旧交代は続々進行中で、次の廃番が気になるところ。ちなみに現行品で一番古いのはピンク。 ピンクは現在の1マグ1キャラのデザインになる前の唯一の生き残りで、これだけ柄の雰囲気が違います。その次はなんだろう?と調べてみたら、なんと!スティンキーでした。どんな順番で廃番になるのかは全く分からないのですが、ムーミンマグは市場からなくなるとオークションでいきなり高額で取引されることも珍しくない、ちょっと特殊なアイテム。新しいものに関してはしばらく廃番の心配はないと思いますが、突然「しまったー!」となる前に、お気に入りキャラがいたら思い立ったときにゲッツしておいて下さい。

マグの箱について

スコープからお届けするムーミンマグは無地の白い箱に入っています。ムーミンがプリントされた箱に入っているわけではありません。かといって、並行輸入品でもありません。

Arabia (アラビア)
Kaj Franck (カイ・フランク)
原作:Tove Jansson (トーベ・ヤンソン)

 

ムーミントロール

物語の主人公、元気なムーミン族の男の子。
カバだと思っている人も多いようですが、トロールという架空の生きものです。
チャレンジ精神旺盛で、家だって自分で建てちゃいます。

スノークメイデン

ムーミントロールのガールフレンドで、おしゃれが大好きなスノーク族の女の子。
アニメではノンノンとかフローレンと呼ばれていましたが、
本当の名前はスノークのおじょうさん(英語だとスノークメイデン)。

ムーミンパパ

ムーミン一家の頼れる(頼られたい?)お父さん。
今は小説家ですが、若いころは冒険家でした。
スリルに満ちた海への憧れをいつも心に秘めています。

ムーミンママ

おおらかで包容力があるムーミン一家のお母さん。
片時も手放さない黒いハンドバッグとしましまのエプロンがトレードマーク。
ケーキ作りはお得意ですが、荷造りをさせると荷物が多くなるのが玉にキズ。

スナフキン

ムーミントロールの親友で、孤独と音楽を愛する風来坊。
テントを担ぎ、ハーモニカ片手に、自由きままな旅へ。
人間だと思われがちですが、ムムリクという種族で、リトルミイとは異父姉弟。

リトルミイ

砂糖壺や裁縫かごに入り込んでしまうほど小さな、ミムラ族の女の子。
怖いもの知らずで、イタズラが大好き。
物事の本質を突くような言葉をずけずけと口にします。

ミムラ

ミムラ夫人のたくさんの子どもたちのなかで最年長のミムラねえさん。
いつもおしゃれに気を配り、ご機嫌な日々を送っています。
コミックスでは恋多き女の子で、平成アニメでは署長さんと恋仲でした。

スニフ

ムーミンハウスに居候している、ムーミントロールの遊び友達。
おくびょうな性格で、キラキラ光るものに目がない欲張りなところもありますが、
自分より小さなこねこには無償の愛をそそいでいます。

ミムラ夫人

リトルミイ、ミムラねえさん、そしてスナフキンの母。
子どもの数は36人? 37人? ミムラ夫人自身も把握していないほど。
ぐるっと囲んでいる子どもたちはもちろん全員、彼女の子どもです。

ニョロニョロ

夏至の前の晩にたねを蒔くと、わらわらと生えてくる謎の生物。
その体は電気を帯びていて、触るとビリビリ感電します。
いつも集団で行動しますが、セットになるときはなぜか奇数。

スティンキー

何でも(ムーミンハウスまで!)かじって食べてしまったり、偽薬を売りつけたり、
しかも体から悪臭を放っているという、迷惑な悪党です。
でも、どこか憎めない人気キャラで、マグもロングセラーになっています。

ソースユール

ロッドユールの妻で、スニフのお母さん。
石や巻き貝、ガラス真珠などの立派なコレクションを持っていて、
ボタンの交換を通じてロッドユールと愛を育んで結婚しました。

ロッドユール

ソースユールの夫で、スニフのお父さん。
コーヒー缶に住み、ボタンなどのガラクタを集めていましたが、
若き日のムーミンパパたちと冒険の旅に出て、ソースユールと出会いました。

インスペクター

ムーミン谷の平和を守るおまわりさんは、バラの栽培が趣味の好青年。
英語ではインスペクターですが、日本語では署長さんと呼ばれています。
アニメではミムラねえさんと恋人同士という設定でした。

アンセスター

ふさふさの灰色の毛に覆われた体は、ムーミン族の約千年前の姿なんだとか。
水あび小屋の戸だなからムーミンハウスのタイルストーブに移り住み、
壁の絵や紐を自分好みに整えるというこだわりが。

モラン

ムーミン谷の住人たちから恐れられている、孤独な女の魔もの。
ランプのあたたかな光に吸いよせられるように姿を現します。
長く触れたものは凍ってしまいますが、不気味なだけで特に悪さはしません。

トゥティッキー

マイペースだけど親切な、ムーミンたちの友人で、日本語名はおしゃまさん。
冬の間、ムーミン一家の夏の水あび小屋を勝手に住みつき、
春がくると手回しオルガンを鳴らして、冬眠中の住人たちを起こしてまわります。

トフスランとビフスラン

大きなスーツケースを抱えて、ムーミン谷に現れた仲良しのふたり。
いつも手をつなぎ、ふたりだけに通じる独特な言葉を話します。
ふたごみたいにそっくりですが、赤い帽子をかぶっているのがトフスラン。

ピンク

2002年までのムーミンマグは、背景色の上にモノクロ線画が配置されたデザインでした。
ほかの色は廃番になりましたが、ひとつだけ今も作られているのがピンク色のLOVE。
今まででもっとも売れたムーミンマグなんだそうです。

材質 磁器
寸法 約φ83×W110×H80mm / 250ml
生産 Made in Thailand
備考

ベース:Teema マグ

オーブン
(直火不可)
フリーザー 電子レンジ 食器洗浄器
  • 陶磁器製品に共通して見られますが、小さな黒点やピンホール、多少のがたつきはどれにもあり、良品としています。

説明書ダウンロード

Moomin マグ

  • 【2017夏限定】<br> サマーシアター
  • 【2017夏限定】
    サマーシアター¥4,000(税抜き)
  • ムーミン
  • ムーミン¥3,000(税抜き)
  • スノークメイデン
  • スノークメイデン¥3,000(税抜き)
  • ムーミンパパ
  • ムーミンパパ¥3,000(税抜き)
  • ムーミンママ
  • ムーミンママ¥3,000(税抜き)
  • スナフキン
  • スナフキン¥3,000(税抜き)
  • リトルミイ
  • リトルミイ¥3,000(税抜き)
  • ミムラ反対面
  • ミムラ¥3,000(税抜き)
  • スニフ反対面
  • スニフ¥3,000(税抜き)
  • ミムラ夫人
  • ミムラ夫人¥3,000(税抜き)
  • ニョロニョロ反対面
  • ニョロニョロ¥3,000(税抜き)
  • スティンキー反対面
  • スティンキー¥3,000(税抜き)
  • ソースユール反対面
  • ソースユール¥3,000(税抜き)
  • ロッドユール反対面
  • ロッドユール¥3,000(税抜き)
  • インスペクター反対面
  • インスペクター¥3,000(税抜き)
  • アンセスター
  • アンセスター¥3,000(税抜き)
  • モラン反対面
  • モラン¥3,000(税抜き)
  • トゥーティッキ
  • トゥーティッキ¥3,000(税抜き)
  • トフスランとビフスラン反対面
  • トフスランとビフスラン¥3,000(税抜き)
  • ピンク側面反対面
  • ピンク¥3,000(税抜き)
    Moomin  マグ 【2017夏限定】<br> サマーシアター
  • 2017-09-15
  • Arabia (アラビア) / (B) Moomin マグ サマーシアター
  • 使用には問題が無い程度のB級品の為クリアランス価格での販売となります。
  • ¥4,000(税抜き)
  • ¥2,800(税抜き)

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  • Moomin  マグ ミイ
  • ミイ
  • Moomin  マグ パパ
  • パパ
  • Moomin  マグ ママ
  • ママ
  • Moomin  マグ ムーミン
  • ムーミン
  • Moomin  マグ フローレン
  • フローレン
  • Moomin  マグ スナフキン
  • スナフキン
  • Moomin  マグ ファミリー
  • ファミリー
  • Moomin  マグ フィリフヨンカ
  • フィリフヨンカ
  • Moomin  マグ ヘムレン
  • ヘムレン
  • Moomin  マグ 2016 Midsummer
  • 2016 Midsummer