• カート
iittala / Alvar Aalto Collection ベース95mm サーモンピンク

iittala / Alvar Aalto Collection ベース95mm サーモンピンク

アルヴァ・アアルト展
日本巡回を記念して

アルヴァ・アアルト生誕120周年を記念し、アルヴァ・アアルト展「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」が、2018年9月から2019年6月にかけ、日本国内5箇所を巡回したのですが、そのイベントにあわせ、特別なプロダクトがイッタラで生産されました。タイトル的には桜色をしたアアルトベース、具体的にいいますとアアルトベース95mm サーモンピンクが生産されたわけです。日本のみの特別限定品ということですが、期間限定で二度と生産されない!ナンテ事もないでしょうから、あまり『限定』というフレーズを購入理由の第一にはしない方が良いと思います。とはいえ、常に作られる物でもありませんから、購入の機会は少ないだろうというのは確かなのですが。さて、ピンクのアアルトベースというのは過去にも何度か作られたことがあります。そして、それが初めて世に出た時は、実に評判が悪かったなぁって、そんな事を思いだしました。アアルトベースにピンクなんて!フィンランド人だけではなく、スウェーデンの知人からも、そんな話を聞かされましたから。ただ僕の周りにいるのはデザイン好きな人々、デザイナーの人々ばかりですから、少し偏った意見だったのかもしれません。けれど、まぁ、ピンクのアアルトベースというのは、少しズレた物に見えた人が多かったようです。アアルトベースが始まった当初、そこに使われる色というのはグリーンやモスグリーン、ブラウン、オパール、レッド、あとは水のような淡いブルー、そんな自然を連想させる落ち着いた色ばかりです。そこに初めて登場したピンクが、少しズレて見えた。けれど、今回のサーモンピンクのアアルトベースを見ていますと、自然な美しさなんてのを僕は感じてしまうのです。それはきっと僕が日本人だからで、淡いピンクを見て、桜や春をイメージできるからなのでしょう。アアルトベースには自然をイメージした色が使われるべきだとなれば、日本で販売するアアルトベースにピンクがあるというのは正しい。日本でピンクが人気になるのは、ピンクに桜や春を連想させる四季のイメージがある、そこなのでしょう。よく考えれば過去に作られたカルティオのピンクも日本では特別人気でした。この桜色のアアルトベースをみて、なんだか、ずっと、そんな色の事ばかり考えています。

iittala / Alvar Aalto Collection ベース95mm サーモンピンク

フィンランド好みのオパール
そして、日本好みのピンク

フィンランドで人気の色といえば何色か?きっと、それはオパールです。日本ではイマイチ人気にならないオパールですが、フィンランドではとても人気の高い色。それは冬の美しい雪を連想させる色だからなのだと思います。ある有名なヴィンテージディーラーにアアルトベースを木型で作るとしたら、何色を選ぶか?と聞きましたら、オパールと即答でした。スコープで別注したALUEの色をハッリ・コスキネンと決めていた時、僕はアンバーとライラックで十分だったのですが、ハッリは何よりオパールだというからオパールが追加されました。オイヴァ・トイッカも2010年のArt Worksで、巨大なポムポムを作っていますが、それはクリア単色とホワイト単色のみでした。フィンランド人にとってのオパール、つまりホワイトというのは、綺麗な雪景色を連想させる大事な自然の色なのです。そして日本人にとっては桜や春を連想させるピンクは大事な色であると思います。そして、その二つがある景色というのが、またなんだか、美しく目に映ってしまう。フィンランド好みのオパールの横に、日本好みのピンク。この組み合わせが実によい。撮影の時に偶然生まれた組み合わせなのですが、なんだか平和な雰囲気があり、ステキな色の組み合わせじゃないかい!いい色の組み合わせが出来て本当によかった。サーモンピンクのアアルトベース、なんだかとても欲しくなってきません?なってくるんですよねぇ。あと、オパールも。

iittala / Alvar Aalto Collection ベース95mm サーモンピンク

色の濃淡のはなし

これはサーモンピンクに限った話ではないのですが、アアルトベースに透明の色ガラスを使った場合、色の濃淡に個体差が生まれます。これはガラスの厚さによる違いというのもありますけれど、単にガラスが厚い、つまり重量のある物ほど色が濃いのか?といえば、そればかりでもありません。その理由をサーモンピンクのアアルトベースで説明しますと、このアアルトベースは、サーモンピンクの色ガラスだけでは作られていないからです。まず初めにガラスを吹く竿に巻き取るガラスはクリアです。そのクリアの上にサーモンピンクを巻き取ります。更にその上に薄っすらとクリアを巻き取りまして、そこから吹きます。これで吹く作業は終わり。つまり見た目にはわからないのですが、内側からクリア・サーモンピンク・クリアの順でガラスが層になっているわけです。だから艶やかで美しい発色となるそうなのですが、色の濃淡はサーモンピンクをどれぐらい巻き取られているかで変わってきます。なかなか複数個の物を並べて色を見比べる機会もないでしょうから、ここに焦点が当たることがそもそも無いのですが、良し悪しは別として、スコープでは個体それぞれの写真を撮って個体ごとに販売する、個別販売を行っていますから、こんな話も少しばかり面白いこととなってきます。全くこういった事を知らないで色を選ぶより、知ったうえで選んだ方が、より大事な物になってくれるんじゃないかと思いまして、少しばかり余計とも思える話を付け加えてみました。

iittala / Alvar Aalto Collection ベース95mm サーモンピンク

2021年3月30日
桜の季節とピンクのベース

ピンクのアアルトベースって、年中使いたいわけじゃないから気持的オフシーズンには、やっぱり必要なかったのかな?って思うこともあったんだけど、桜を目にする季節となってみれば、どの色よりピンクがよく、どの色より素敵にみえるんだから、やはりあって良かったと思います。冬は雪のようなホワイト、オパールがいいと思うんだから季節によって感じ方の変わる色というのがあるようです。年から年中なんとなくいいより、ピンポイントで素晴らしくいい、そんな道具や食べ物が見つかり、それらが毎日を彩れば、きっと素晴らしい日々になる!そう思うのは老化でしょうか。花鳥風月で興味がわくみたいなことなのでしょうか。久しぶりに花屋へいきましたら桜を売っていたので2本買って、いけてみました。あたたかい日だったから、家での花見みたいで、とてもよかったです。(シャチョウ)

iittala / Alvar Aalto Collection ベース95mm サーモンピンク

2022年1月27日
ゲイシャとピンク

スコープ事務所にはみんなで買ったお菓子の残金を貯めておく「みんなのお金」と呼ばれているスーザンベルの小さなポーチがあるのですが、コロナ禍でスタッフが各地点にバラけたのもあり2000円ほど残ったまま間もなく2年~。そろそろ整理しようと思い、食べられる何かに変えました。⁡フィンランド大好きスタッフマツオからのリクエストで購入したのは、皆大好きフィンランドファッツェル社のチョコレート。ピンク色のパッケージに桜が描かれた「ゲイシャ」は、ミルクチョコレートの中にヘーゼルナッツのペーストとクリスピーが入った香ばしい味で青い包装の定番ミルクチョコレートと並んで人気があるのです。⁡ゲイシャってネーミング、ずっと気になっていたので調べてみたら、やはり日本の芸者に由来していたようです。フィンランドの方から見る日本のイメージは桜のピンク、アアルトベース95mmの日本特別限定品もサーモンピンクだったなと繋がりましてゲイシャを入れてみたところ、やはり期待通りに可愛らしく納まりました。⁡アアルトベース95mmには名古屋スタッフ2人分、他のスタッフ分は小分けにしていつか会えたら渡しますね~、って社内伝達かー。⁡(スコープ酒井)

iittala
Alvar Aalto (アルヴァ・アアルト)

商品スペック

材質 無鉛ガラス
寸法 W105×D100×H95mm / 約365g
生産 Made in Finland
備考 刻印: The 120th Anniversary of the Birth of Alvar Aalto
他カラーと同様のパッケージとなります

購入前に確認ください

  • 型跡があります。
  • 小さなヨレや気泡、黒点がガラス内部に含まれていることがあります。
  • 個別販売商品


Alvar Aalto Collection ベース95mm サーモンピンク

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  • Alvar Aalto Collection ベース95mm サーモンピンク