• カート
iittala / Teema プラターロング

iittala / Teema プラターロング

iittala / Teema プラターロング

これが無ければ
困ってしまう必須の1枚

スコープが取り扱う洋食器のなかで、これが無ければ困ってしまう必須の1枚はなに?そう聞かれましたら、真っ先にTeemaプラターロングが頭に浮かびます。もちろん日々の生活では必要のないサイズですから、このプラターより頻度高く使うお皿はいくらでもあります。けれど、そこは好みの変化、季節の変化、イベントや料理によっても使う食器は違ってきますから、常に入れ替わる物ばかりです。ティーマメインだったり、パラティッシメインだったりと変化するわけです。ただ変化するといっても、僕の場合はアラビアやイッタラが洋食器の中心にあることは変わりません。そんな中でのココぞという特別な食事、人が集まるホームパーティーを考えることになれば、そこにはやはりセンターピースとして大きな器が必要となってきます。そのテーブルセンターに鎮座するのは常にTeemaプラターロング、何かというとコレを手にしますから、僕にはコレがベストなのだと思います。そこまで巨大でもなく、でも存在感はあり立派です。横に長いバランスはどこか洒落ても見えます。そして、その横長という形状が長方形のテーブルでは邪魔にならず使い易く、料理も盛り付け易いというメリットもあります。イッタラやアラビア食器をメインにしている方でしたら、Teemaプラターロングホワイトが手持ちに1枚あれば、それほどに心強いことはないです。コレさえあればなんとかなるシーンが多いですから。プラターロングのような大皿があることで食卓も盛り上がり、また一気に大人数分の料理を出すことができますから効率もよく、そうして段々とパーティーがパーティーらしくなっていきます。とはいえ、こんな大きな器を色々と持ていましたら邪魔で仕方ないのですから、特別使える1つ2つがあれば十分。そうしますとやはりTeemaプラターロングで決まりです。スコープ的セレクトが趣味に合い、スコープの選んだ物が生活に多くある方には持っていて欲しい1枚です。ただ、これはホワイトだけあれば十分だと思っているので、もしホワイト以外のカラーが欲しくなってしまった方はヴィンテージを探すとよいですよ。キルタや古いティーマにはイエローやグリーン、ブルーなども存在しますから。形状は少し違いますけれど現行ティーマと併用しましても違和感は勿論ないです。そしてスコープアパートメントでは結構頻繁に使いますので、取りだし易い場所、常にパントリー角の上に少し出っ張ったまま置かれ、ハウスタオルキッチンを敷いてチーズボードカッティングボードを立てかけて置く場所化し、いつでも出動できるよう渋い役割を担ってもらっています。

iittala / Teema プラターロング

iittala / Teema プラターロング

プラターロングを使った
僕なりのテーブル構成の考え方

僕がテーブルのセットアップを考える順序としましては、まずメインの料理を決め、テーブル中心から食器構成を決めていくことが多いです。そして、テーブルセンターに鎮座する大皿は大体のところTeemaプラターロングホワイト、そしてTeemaスクエアプレート16×16cmホワイトがその脇を固めます。そうしますとテーブルの雰囲気はいつも同じになってしまいそうですが、実はそんなこともないのです。周りの食器、そして料理が変化するだけで雰囲気は全然違ってきますから。実際、スコープがこれまで組んできたテーブルセットの中心はほぼTeemaプラターロングホワイト、実はいつも同じです。またお時間がある時にでもスコープサイトを徘徊して見て回ってください。センターピースの大皿はシンプルでとにかく使い易く、どんな食器ともマッチするホワイトが重宝します。あとは周りを囲む食器の色とサイズがよいバランスとなるよう注意しながら銘々の食器を選びます。うまくいかなければ色数を減らし、色やサイズを組み替えながら自分なりにテーブルを組み立てます。加えてバターケースやチーズボードのような木製品、ガラスボウルやグラス、ピッチャーといったガラス製品が加わり、素材のバリエーションも豊富になりましたら、テーブルの雰囲気もどんどん良くなっていきますし、テーブルクロスを敷きましたら、それこそ無双でございます。ちなみに、食器のセットアップは料理する前に完成させておきましょう。その方が間違いなくうまくいきますし、セットアップをゆっくり考えられますから食器の組み立てもメキメキうまくなっていきます。それに慣れてきて自分なりのフォーマットができましたら、次は料理と食器の色のマッチングを考えることに興味が芽生え、段々とテーブルは綺麗に整っていくと思います。料理ができてから食器を選ぶのでは、時間に余裕もないですし、盛り付けた皿を替えるなんてこともできない一発勝負となりますから、それではナカナカうまくいかないです。食器構成は料理する前に考えて、テーブルに並べてしまうといいですよ。

iittala / Teema プラターロング

2021年3月5日
朝食にロングプラターの思い出

フィンランドでの朝食、そんなひとコマ。この時の朝食をよく思い出します。日本でもチョイチョイ真似をして、撮影にもよく取り入れているほどですから、かなり気に入っているようです。日本の手巻き寿司みたいな雰囲気のサンドイッチなんだけど、手巻き寿司より圧倒的に準備が楽です。Teemaプラターロングに具材を盛りつけ、皆で好きに取り、パンにのせて食べる。どこか日本的雰囲気のある食事です。 もし試したことがなければ一度やってみてください。ハムチーズ野菜パンがあれば、それで実行可能ですから。 つまり、ティーマプラターロングの普段使いも悪くないのです。大きいといっても、そこまでじゃない。重いんだけど、持てないことはない。イッタラ・アラビア食器を使っていてセンターピースとなれば迷いなくこれでいい、普段使いもできるんだから尚よろしい。ティーマ以前、キルタ時代からずっとある物、長く使われ続けて生活にしみこんでる物ってのは、そんな雰囲気が物にも備わっているように思います。

iittala
Kaj Franck (カイ・フランク)

商品スペック

材質 磁器
寸法 約W378×D165×H45mm / 約1200g
※個体差があります。
生産 Made in Romania
備考 オーブン(直火不可):○ / フリーザー:○ / 電子レンジ:○ / 食器洗浄機:○

購入前に確認ください

  • 小さな黒点やピンホール、多少のがたつきはどれにもあり、良品としています。

説明書ダウンロード

Teema プラターロング

  • ホワイト
  • ホワイト¥9,350(税込)
  • 2021年夏入荷予定