ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
Arabia (アラビア) / Paratiisi オーバルプラター36cm

Arabia / Paratiisi オーバルプラター36cm

大きい皿は迫力がある
出しておけばいいじゃない!

ビンテージを探してフィンランドをウロウロしていると、パラティッシやアピラ、アアタミ、スンヌンタイといったカイピアイネンがデザインしたサービングプラター、大皿をよく見かける。僕が大きな物、迫力ある物を強く好む傾向にあるから特に目がいくのかもしれないのだけれど、よく見かける気がする。36cmサイズもあれば、もっと大きなサイズもある。カイピアイネンのアートプレート(飾り皿)は、遥かに大きな物が多いし、カイピアイネンがパラティッシをデザインした時、パーティーでより立派に見えるようにと考えていたと聞いているので、そこには大皿は必須であるから、数多く作られていたのだと思う。実際、パーティーをしようと思えばセンターピースは必要であるし、大きな皿があると、ちょっとしたデザートなども一皿に盛りつけテーブルへドーン!と出せばインパクトがあり、立派に見えるし、何より盛り上がる。さて、問題は使わない時にどうするかという事だ。こんな大きなお皿、どこに収納するんだ?場所がない。では、出しっぱなしにしておけばいいんじゃないだろうか。ダイニングテーブルやリビングテーブルにでも置いておき、フルーツでも置いけば絵にもなるし、ただお皿がおいてあるだけでも洒落て見えるだろう。もし、それでも場所が無いなら、どこかに立てて飾るのもいい。日本でも多くの家で大皿を立てて飾っていたし(思い出そう!)、ビンテージを見ているとサービングプラターは壁に飾ってあった痕跡のある物も多い。ファブリックパネルを飾るような感覚でいいのだと思う。そして、必要に応じて使えばいいじゃない。特にクリスマスシーズンはフィンランドに倣って、お菓子を沢山盛りつけたプレートを準備し、クリスマスまでの日々をお菓子と一緒に楽しむのもいいんじゃない。そんなお菓子テーブルを作るのであれば、これぐらいのサイズ感があると立派である。

Arabia (アラビア)
Birger Kaipiainen (ビルガー・カイピアイネン)
  • Ravintola Sunnuntai
  • Piparkakutピパルカック

    ジンジャーブレッド

レシピ
材 料
  • グラニュー糖

    150g

  • モラセス

    250g

  • *黒蜜で代用可
  • ジンジャーパウダー

    小さじ2

  • カルダモンパウダー

    小さじ1.5

  • シナモンパウダー

    小さじ1

  • 小さじ1/2

  • 無塩バター

    200g

  • 1個

  • 薄力粉

    650g

  • 重曹

    小さじ2

作り方
  • レシピレシピ
  • グラニュー糖、モラセス、スパイス、塩を鍋に入れ、混ぜながら温める。

  • バターをボウルに入れ、その上に温めたシロップを流し入れ、バターを溶かす。(バターにシロップを入れることによって分離しにくくなります)

  • 触れるくらいの温度になるまで、10分ほどそのまま冷ます。

  • 卵を入れ、混ぜる。

  • 薄力粉と重曹を混ぜたものをふるいながら加え、混ぜる。(混ぜるだけ、捏ねないように注意)

  • ラップをし、一晩冷蔵庫で寝かせる。

  • レシピレシピ
  • 〈翌日〉生地を2等分にし、棒状に形を整え、麺棒で伸ばし、型を抜く。(台には打ち粉をして、くっつかないように)

  • オーブンを200℃に温め、約10分焼く。(焼き色を見ながら時間は調整してください。生地の厚さや型抜きのサイズによって焼き時間が変わってきます。)

ANTTO

バターの上に温めたシロップを流し入れることで、分離せず、綺麗にバターが溶けるんだぜ!

Arabia (アラビア) / Paratiisi オーバルプラター36cm

また取り扱うのだから
大きい物が好きってだけか

2009年頃はパラティッシブラックが人気となり、波にのりまくっていたスコープ。輸出のラインナップになかったパラティッシブラックのサービングプラター36cm&ボウル23cmという大物を、パラティッシユーザーから激しく支持されるはずだ!と強気オーダーし、日本への輸出OKをゲット。2009年7月に発売した。その半年も経たない2009年12月にはパラティッシオーバルプレート25cmブラックをスコープ別注にて復刻しているのだから、2009年というのはパラティッシクイヤーだったし、大いに予想を外しに外して焦りまくった年でもあった。そう、サービングプラターとボウル23cmは全然人気にならなかったし、オーバルプレートが人気だったとはいえ1万枚を売り切る程の力は、当時のスコープには到底なく、売り切るのに3年を要しているから、その3アイテムとは非常に長い付き合いを続けた。そして、またブラックではなく、パープルではあるのだけれど、サービングプラター36cmが生産されると聞けば、やはり大きな器は力があっていい!と強気オーダーをしている。ボウル23cmがないのは寂しいナンテ思っていたりもする。アホなのかもしれない。結局、売れる売れないより、その物が好きか嫌いかだけなのだ。そして続けていればいつかきっと!と心のどこかで思っている。

Arabia (アラビア) / Paratiisi オーバルプラター36cm Arabia (アラビア) / Paratiisi オーバルプラター36cm
{ALT}

アラビアを代表する食器
フィンランドデザインの名品

数多くの世界的な賞を受賞し、1960年のミラノ・トリエンナーレでは「ビーズ・バード」でグランプリを受賞。『フィンランド陶芸界のプリンス』と称されフィンランドデザインを世界に知らしめたアーティスト 、ビルガー・カイピアイネン(Birger Kaipiainen)。彼は数多くのアートピースを残していますが、プロダクトをデザインする事は少なく、現在も生産が続く物は1969年発表のパラティッシだけです。カラーバリエーションは発売当初のカラーとブラックに加え、2012年にフィンランドの百貨店ストックマンで先行販売され、現在も稀に生産されるパープルの計3色。元々ブラック人気が高かったところに、ブラックと相性の良いパープルが追加され更に人気は高まりました。パープルの綺麗な配色はフィンランドのインテリアやデザインに興味ある人たちの間で広まり、ブラックを超える人気になったとフィンランドに住む友人から聞いています。とても綺麗なパープルは、まさにパラティッシ(楽園)に相応しい配色ですからティータイムが良く似合い、落ち着きあるブラックは食事の時に重宝します。ブラックとパープルの合わせ使いも洒落ています。ただパラティッシは全て不定期生産であり、その時々でラインナップも変わります。ピッチャーサービングプラターは極稀に、コーヒーC&Sプレート14cmの生産も常ではありません。買うタイミングが難しい物ですから、必要な物は買えるうちに買っておいてください。スコープではブラックとパープルを取り扱うことにしていますが、カラーの取扱予定は当面ありません。

商品スペック

材質 磁器
寸法 約W355×D310×H40mm / 1500g
生産 Made in Thailand
備考
オーブン
(直火不可)
フリーザー 電子レンジ 食器洗浄器

購入前に確認ください

  • 陶磁器製品に共通して見られますが、小さな黒点やピンホール、多少のがたつきはどれにもあり、良品としています。

Paratiisi オーバルプラター36cm

  • ¥24,200(税込)

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  • Paratiisi オーバルプラター36cm カラー
  • カラー