twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

フルッタ、1日足らずで売り切れ。次回は2017年7月

iittala Frutta

iittala / Frutta

フフフの見つからないフ
50年ぶりに生産されたフ
オイバ・トイッカのフルッタ
スコープ的大一番の企画にて

1960年台の1年やそこらの短期間、
フィンランド企業が別注し、ただ一度
生産されたオイバ・トイッカのフルッタ。
生産期間が短い上に企業別注だから
生産数も他シリーズと比べ極端に少ない。
それ故、ビンテージもそう見つからない。
でも柄はキャッチ―な果物であるから
欲しいという人は多い。まぁ、多い。


植物柄のフローラ(1966-1991)

果物柄のフルッタ(1968)

動物柄のファウナ(1970-1984)



フフフのうち、
フルッタが一番見つからないフ、だ。
それ故オイバのビンテージコレクター宅
(主にフィンランド)を訪れると、
フルッタで飲み物が出てくる事が多い。
オイバ好きにとって自慢のグラスである。

そんなフルッタを日常使いする機会が
50年ぶりに巡ってきた。久しぶりに
オイバの名品が日常に戻ってくるのだ。

オイバ・トイッカのフルッタ復刻。
誰も実現できると思ってもいなかった
特殊案件だと思うのだが、今回も
それを実現したのはフローラ
パラティッシオーバルプレートに続き
スコープ!日本!イエーイ!面白い。

と、軽く書いてはいるけれど、
実際に復刻許可を得るのはハードル高く、
オーダーするのも相当な度胸がいる。
メーカーも大変ではあるが、必要ロットは
万を超えるので発注側の負担も半端ない。

そもそも企業別注アイテムだから、
復刻するのなら企業別注であるべきだ!
と、激しく強く自身に暗示をかけ
ブルブルと震えながら、
フローラに続く第一歩を踏み出してみた。
2017年初の大ネタ。どうでしょう。

ただフルッタはラインナップが少ない。
アイテムはグラスとピッチャーのみ。
それはスコープにとって救いともいえる。

さて、スコープ的展開はどうなる?
クリアについてはどうしようもないので
再生産するが、他色は過去と異なる方向
でラインナップしたい。つまりグレーと
ライトブルー以外の展開を計画している。

2017年初夏、タンブラークリア再入荷に
合わせ、ピッチャークリアもリリース。
2017年9月からタンブラーの新色を続々
リリースしたい。とはいえ予定は未定、
希望的予定なのだけれど。

フフフのフ、最難関フルッタ。
ここで生活に取り入れてやろう。


oiva tiokka Frutta
iittala Frutta

完全ナル赤字企画ではあるけれど
いい未来につながるかも?な実験

発売しても誰も知らなければ売れない。
だから広告を出す。では、その広告費を
多くのユーザーに使ったらどうだろう?
そんな発想から生まれた今回の企画で、
スコープの新章を極端に表現してみた。

最近のスコープは独自企画ばかりで、
イッタラの復刻でも、知ってる人が
少なくなってしまう傾向にある。
情報を発する場がスコープのみだから
それは当然なのだ。輸入元企画であれば
日本中のショップが取扱し宣伝するから、
広まっていくが、スコープ単独では
それに遠く及ばない。ではユーザーの
協力あればどう?それ以上に広がる
可能性も十分にあるのでは?
そんな目的はあったりもするのだが、
その意図は無視すれば単に超絶お得企画、
それだけは間違いない。

フルッタのタンブラークリア限定だが
思い切り利益を消した上に
日頃のお礼も込め、赤字にしてやった。

気持ち悪いぐらいにお手頃だと
手にした多くの人たちが
フルッタを宣伝してくれるかもしれない。
SNSで紹介してくれるかもしれない。
スコープすら宣伝してくれるかもしれない。
加えて他の物も買ってくれるかもしれない。
そんな、かもしれない結果の集積を、
この企画を思い付いた僕は、
想像以上に期待しているのかもしれない。

かもしれないしかナイ企画だから、
赤字で終わるかもしれないのだが、
そうなったとしても
ユーザーにお礼をしたと思えばいいから
それはそれで良いと思えるかもしれない。

これは、初回入荷分の限定企画ではなく
長らく続けたいとも思っている。だから
入荷の度に1人2個までゲッツできるので
別送、別名を駆使して一気に集める事なく
必要な分は入荷の度に2個づつ集めて頂き
フルッタとスコープを多くの人が知って
くれるよう協力してくれるとありがたい。


日頃の感謝の気持ちと淡い欲望を
全面に押し出しまして、
これからもスコープを4649!

吹きガラスですから
色々ありますが、それがいいんです。

フルッタは吹きガラスですから色々ある。
柄の出方にも差はあり、気泡もあるし、
ガラスの厚みにも個体差がある。
それが良くてチャレンジしてみています。

だから、あれこれ気になる人には向かない
製品でもあります。そういった方は最初から
選択肢に入れないで頂いた方が良いでしょう。
そして、そういった細かな事が気になる人に
むいた製品は世にいくらでもありますから
そもそも困る事はないでしょう。ただ、
こういう個体差がある方が良いと思う人に
むいた製品というのが無いから作っています。

なのでちょっと世の基準とは違いますから
そこが合わない人はやめておいてください。
誰にでも向いた製品ではないと思います。

 

iittala
Oiva Toikka (オイバ・トイッカ)

 


材質 無鉛ガラス
寸法 約φ75xH80mm (飲み口 φ70mm) / 260ml /126g
※重量は目安です。マウスブロー製品は個体により大きく異なります。
生産 Made in Finland
取扱い
食器洗浄器
×

 

Fruttaパターンの布に包んでお届けします
  • マウスブローというハンドメイドに近い方法で生産しています。そのため、柄の出方に個体差があったり、縁が凸凹しているものがあります。

説明書ダウンロード

iittala Frutta

  • 【お1人さま2個まで】<br>タンブラー25cl クリア
  • 【お1人さま2個まで】
    タンブラー25cl クリア¥1,500(税抜き)
  • 7月 入荷予定