iittala / Ultima Thule (ウルティマツーレ) ボウル115mm

iittala / Ultima Thule ボウル115mm

氷解けの模様
人気なるボウル115mm

フィンランドデザイン黄金期の一角を担うタピオ・ウィルカラ、お気に入りの場所がフィンランドの真ん中にある深い森林地帯、非常に辺ぴな場所にある彼の山小屋まで車で行くことはできず、試作品を運ぶのにヘリコプターを使ったなんて伝説もあるほどですから、鳥やキノコ、葉や氷といった自然物モチーフがデザインの多くを占めること、よく理解できます。シンプルで合理的なデザインの多い北欧デザイン界にあって、ウィルカラの作品はどれも他と違った上品さが備わっています。そんなタピオ・ウィルカラがデザインしたガラスの中で最も知られる物、それは1968年より生産されるUltima Thule(ウルティマツーレ)でしょう。フィンランドの北端、ラップランドの寒い冬、そこでの氷が溶ける様子をイメージしてデザインされたガラス食器です。特にこのボウル115mm、そんなイメージを強く感じられるアイテムだと思います。また115mmという小ぶりなガラスボウルですから、夏は2019年8月企画《ウルティマツーレと夏》のように、冷奴、素麺のネギ、手巻き寿司のいくら、日常にて幅広く使って日本の夏によく映えますし、2019年11月企画《ラビントラ スンヌンタイ》では、日本料理にも見えるキュウリのピクルスを盛りつけ、なんだか場と口を和ませました。酒のつまみに、メイン料理の脇固めに、とにかく用途の広い小ぶりなガラスボウル、とても丈夫で頑丈であり、日常使いにもパーティーにも素晴らしく活躍するガラスボウル、これはフィンランドを代表する大名品だと思います。

iittala
Tapio Wirkkala (タピオ・ヴィルカラ)
  • Ravintola Sunnuntai
  • Mummonkurkutムンモンクルック

    おばあちゃんのキュウリ

レシピ
材 料4人分
  • キュウリ

    2本

  • *冷やしておくとよい

〈ピクルス液〉

  • ★水

    250ml

  • ★リンゴ酢

    100ml

  • ★砂糖

    120g

  • ★塩

    ひとつまみ

作り方
  • レシピ レシピ
  • 〈下ごしらえ〉★のピクルス液を鍋で沸騰させ、常温になったら冷蔵庫で冷やしておく。

  • 食べる直前にキュウリを5mmの輪切りにして、冷やしておいたピクルス液に入れて1分間シェイクする。

  • レシピ
  • ボウルに盛り付けて完成。

※ディルの葉を一緒に漬けるとフィンランド風の味になります。今回はディルを使う料理が多かったので、あえて使っていません。

ANTTO

シャキシャキした歯ごたえをエンジョイしでもらいたいので、5分以上漬け込まない方がベター。漬け込み過ぎると柔らかくなっちゃうぜ~。

iittala / Ultima Thule (ウルティマツーレ) ボウル115mm

商品スペック

材質 無鉛ガラス
寸法 約φ116×H49mm / 315g / 250ml
生産 Made in Finland
 
オーブン
フリーザー 電子レンジ
(グラスのみ)
食器洗浄器
× × ×

購入前に確認ください

  • 小さな気泡や黒点がガラス内部に含まれていたり、多少のガタツキがみられます。

Ultima Thule ボウル115mm

  • ボウル115mm クリア
  • ボウル115mm クリア¥2,200(税込)
  • 2020年夏入荷予定