• カート
iittala / Ultima Thule (ウルティマツーレ) プレート250mm

iittala / Ultima Thule プレート250mm

やめる?継続?
やめるから差し戻して継続

イッタラを代表するガラス食器といえば、やはりそれはウルティマツーレでしょう。巨匠タピオ・ウィルカラがデザインした、イッタラ史上最も売れた食器といわれています。ただ、そんな人気アイテム、ブランドを象徴するようなアイテムだからこそ、ラインナップ豊富、これがまた豊富過ぎまして、ショップとしては取り扱いが難しい。一度はフルラインナップにしてみようか、と思い切りましたが、やはり用途が明解でない物はあまり必要とされず、売れてくれないから在庫の山の結果を生みました。で、取り扱いの幅を絞り、2019年夏にはスコープ厳選ウルティマツーレ化へと進めました。その時、プレート250mmは取扱終了としたのですが、やはり継続、2019年11月に差し戻しました唯一のアイテムです。オーバル皿ではないのでサイズだけを聞きますと、少し大きいか?そんな印象がございます。でも、豪華さ売りのウルティマツーレですから、少し大きな250mmというのは立派であり、見栄えよく、物に合った良いサイズだと僕は思っています。料理を盛りつけましてもパンパンとならず、ゆとりがある。でも、透明ガラスだから、そこまで大きいといった印象も強くありません。では、メインプレートとして使うなら、何を盛り付けるだろう?普通に考えましたら、僕の頭には冷製パスタや前菜の盛り合わせ、冷しゃぶ辺りが頭に浮かびました。けれど、やはりそれでは使い道が少ないか?といった考えに至ります。結局のところ、二進も三進もいかなくて取扱終了と決めたのですが、2019年11月企画《ラビントラ スンヌンタイ》にて、スンヌンタイプレート26cmをセンターピースとして使いました際、そのサイドを固めるお皿は、ウルティマツーレプレート25cm!これしかない、もう最高に相性バッチリだと感じちゃったものですから、取扱復活としました。やはりパーティーのセットアップをしますとウルティマツーレは欠かせない。無くては困る存在となるのです。特にプレート250mm!夏は日常使いのメインプレートとして、冬はパーティーや少し特別なディナーのセンターピースとして大活躍でございますから、ウルティマツーレプレート250mm是非!こちらとスンヌンタイプレート26cm、各々1枚あると便利だと思いますよ。

iittala
Tapio Wirkkala (タピオ・ヴィルカラ)
iittala / Ultima Thule (ウルティマツーレ) プレート250mm

商品スペック

材質 無鉛ガラス
寸法 約φ248×H250mm / 940g
生産 Made in Finland
 
食器洗浄器

購入前に確認ください

  • 小さな気泡や黒点がガラス内部に含まれていたり、多少のガタツキがみられます。

Ultima Thule プレート250mm

  • プレート250mm クリア
  • プレート250mm クリア¥7,700(税込)