• カート
HACKMAN (ハックマン) /  サボニア カトラリー

HACKMAN / サボニア カトラリー

フィンランド
日常日用のカトラリー

ハックマンのカトラリーSavonia(サボニア)。2021年7月現在、日本にはあまり入ってきていないようですが、スコープでは黙々と取り扱いを続けています。フィンランドを訪れればティーマカルティオアイノ・アアルトと並び、目にしない日はないってぐらいに見かけるカトラリーでして、旅行をすれば日々使う事となりますフィンランド日常日用の道具です。それこそ高級レストラン、高級ホテルといった所にある物ではなく、大衆食堂や家庭にある物、ティーマを中心としたフィンランドの日用食器とよく合います。また食事の時だけではなく、調理の時にもさっと手を伸ばしてしまうように、何にでも使ってOKという雰囲気が物に備わっています。それは何故だろうと考えますと、物に立派さだとか高級感がないからだと思うのです。そして一枚の板が凹凸してできているカトラリーだからとても軽く、その軽さが手軽さにつながります。そして軽いからか使い心地が柔らかく、食器と当たりましても傷がつくような感じが薄いのは素晴らしい。食器に優しいカトラリー、僕はそこがイイナと思い、スコープアパートメント(スコープ撮影拠点のような住居)のカトラリーに選びました。そして複雑な作りをしていないので、価格が手頃なところも魅力です。とはいえ、見た目に安っぽいわけでもないですし、識別できるほどの個性もそこにはあります。ずっと愛されているカトラリーだけに重要ポイントはしっかり抑えられているわけです。そしてもう一つ良いのは、海外のカトラリーにしては小振りなのです。ディナースプーンやディナーフォークも大き過ぎることなく愛用できます。(オードブルフォークをデザートフォークと考えると超小さいのでご注意あれ)人により物の見方も違いますから、合わない人もいるとは思いますが、ティーマやカルティオと匂いは似ていて、高級品だと少し躊躇われる用途であっても気兼ねなくスッと使えるところが僕には合っています。僕は、これが多くの人の生活に馴染み長く愛用されているのも、長く生産が続くのもよく理解できます。ただ、日本では売られていないから広まりようがなく、知られていない、そういう事だと思ってコツコツ続けています。(※上の写真はフィンランドの家庭で撮影した写真ですから古い物ばかりで現行でどのサイズか?というのはわかりません。)

HACKMAN (ハックマン) /  サボニア カトラリー

ディナーフォーク

HACKMAN (ハックマン) /  サボニア カトラリー

コーヒースプーン

カトラリーに大事なのは
なにより続いていること

数が必要なカトラリーは揃えるとなれば高額となりますから、替えなくてはいけない状況というのは事件です。だから、カトラリーは使い続けることができる物を選ぶということを大事にしないと後々後悔すると思います。使い続けることができるというのは、買い足すことができることが重要となりますから、正直あまり新しい物に手を出さない方がいいというのが僕の考えです。新しい物は売れなければ廃番、生産終了となってしまいますが、既に長く続いている物であれば、既に膨大なユーザーがいるのですから、なかなか終わることもないでしょうし、万が一終わったとしましても、またどこかで復活の流れが生まれ、再生産される確率は高いですから。その点、Savoniaは1967年から生産が続くフィンランドの日常に君臨し続けるカトラリーのド定番、僕は続くという点において信頼しています。スコープオープン当時に取扱していましたチッテリオ2000という知る人ぞ知るカトラリーがあります。僕自身も少しだけ持っていました。そんな一気に揃える事もできなかったので、少しお試しも兼ねて買って使っていました。するとあっという間に廃番になってしまい、買い足すことができなくなってしまったわけです。数本の違うカトラリーがバラバラとある、カトラリースタンドに納まるカトラリーにまとまりがないというのは僕は本当に嫌なのです。ス的ではない。この記憶は今も色濃く残っているほどに、特殊な残念感がありました。だからSavoniaに限るわけではありませんけれど、カトラリーは長く作られている物から選ぶ事をお薦めします。カトラリー選びは歴史を見よう。長く続いている物は、ラインナップも豊富な事が多いから、加えていい事もありますし、ビンテージを加える技も使えるので楽しみも多いです。

HACKMAN (ハックマン) /  サボニア カトラリー

グレービーレードル

2021年7月14日
グレービーレードル使ってる

暑くなってきて健康意識マックスにてガスパチョを日々の朝食にしております。数回にわけて食べますから、残りましたら棚にあったビンテージのアアタミピッチャーにいれ冷蔵庫保存。こうして使ってみればピッチャー1Lにも色々と使い道があるもんだってことがわかるんだから、何でも思いついたら使ってみるべし!です。この用途には、ガラスピッチャーでもよいのですが、料理調理したナニカをいれるのでしたら陶器のジャグの方が雰囲気です。現在スコープでも販売中のParatiisiピッチャー1Lを使えばよかったと今更ながら思いますのは、これと同じサイズだったからです。まぁ、いいか。で、そこはおいておき、Savoniaのグレービーレードル(カイボイスンソースレードルとほぼ同じサイズ)が使えるということを本日はツラツラ書いてみるのでした。ジャグにいれたガスパチョをよそうのにSavoniaグレービーレードルを使います。と書きますと、ピンポイントな用途に感じますが、こういった小振りレードルというのは卓上で頻繁に使いますし、調理中にあると凄く便利でもあります。小さいから器によそう時も綺麗によそうことができますし、テーブルに鍋のまま料理をだして取り分ける時には無くてはならぬ物でもあります。スコープアパートメントで使うカトラリーの順位で言えば、1位ディナースプーン、2位ディナーフォーク、3位コーヒースプーン、4位グレービーレードル、5位ディナーナイフとなるでしょう。つまりグレービーレードル、かなり頻繁に使っているということです。(シャチョウ)

追記:この日記へのメッセージでグレービーレードルは利き手を選ばないデザインなので、左利きでも右利きでも使い心地よく最高です!というコメントをいただきました。僕の周りは右利きのみですから気づかないポイントだったのですが、確かに!こういった道具の注ぎ口は一カ所なことが多いのですが、これは両方にあります。そして見た目もどこか優雅な感じがでてしまっていますから、良い事だらけです。

HACKMAN (ハックマン)
Adolf Babel (アドルフ・バベル)

商品スペック

材質 ステンレス
寸法 コーヒースプーン : 約25×135mm
オードブルフォーク : 約15×130mm
ディナースプーン : 約40×195mm
ディナーフォーク : 約25×190mm
ディナーナイフ : 約20×200mm
ロングスプーン : 約25×205mm
ケーキリフター : 約50×230mm
グレービーレードル : 約65×185mm
サービングセット : スプーン約50×250mm、フォーク約40×245mm
生産 Made in Vietnam
備考 食器洗浄機:○
ギフトボックス 24本セット 内容
コーヒースプーン 6本、ディナースプーン 6本、ディナーフォーク 6本、ディナーナイフ 6本

購入前に確認ください

HACKMAN サボニア カトラリー

  • コーヒースプーン
  • コーヒースプーン¥660(税込)
  • オードブルフォーク
  • オードブルフォーク¥770(税込)
  • ディナースプーン
  • ディナースプーン¥880(税込)
  • ディナーフォーク
  • ディナーフォーク¥880(税込)
  • ロングスプーン
  • ロングスプーン¥990(税込)
  • ディナーナイフ
  • ディナーナイフ¥1,540(税込)
  • ケーキリフター
  • ケーキリフター¥2,640(税込)
  • サービングセット
  • サービングセット¥4,400(税込)
  • コーヒースプーン 6本セット
  • コーヒースプーン 6本セット¥3,520(税込)
  • オードブルフォーク 4本セット
  • オードブルフォーク 4本セット¥2,860(税込)
  • ディナースプーン 6本セット
  • ディナースプーン 6本セット¥4,950(税込)
  • ディナーフォーク 6本セット
  • ディナーフォーク 6本セット¥4,950(税込)
  • ロングスプーン 4本セット
  • ロングスプーン 4本セット¥3,520(税込)
  • ディナーナイフ 6本セット
  • ディナーナイフ 6本セット¥8,580(税込)
  • ギフトボックス 24本セット
  • ギフトボックス 24本セット¥19,800(税込)

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  •   サボニア カトラリー グレービーレードル
  • グレービーレードル
  •   サボニア カトラリー バターナイフ
  • バターナイフ