• カート
iittala / Alvar Aalto Collection ベース

iittala / Alvar Aalto Collection ベース

僕は、↑この光景をみて
Aaltoベースが好きになった。

世界的に知られた名品、Aaltoベース(人により色々な呼び方があるけれど僕はコレで)。既に持っている人も多いと思うんだけど、あまり使われてないんじゃないだろうか?スコープでイッタラを取り扱うようになり、僕自身の手持ちも少しづつ増えていったのだけれど、そもそも花を飾る習慣がなかったから、使うというより飾る物になっていた。あるデザイナーさんと話していた時、Aaltoベースってカッコイイんだけど使いにくいから飾って終わるよね、という話を聞いてからは、完全に使いにくいベースという頭になった。つまり飾る専用の物になっていたから、そこまで強く興味を惹かれることもなかったのだけれど、1950年代からイッタラ工場で作られ続けている金型を使ったAaltoベースに関しては、アートピースのような物ではないんだから、飾る価値より使う価値の方が圧倒的に高いので使った方がいい。そんな風に思ったのは、この上の写真に納めた光景をみた時だった。テーブルには色々な物が置いてあり、そこにバラをいけたアアルトベースがただ置いてあった。その雰囲気が本当に素晴らしかった。頑張っていない自然な様子がよかった。立派に飾ろうとしていないその具合がよかった。気張った感じがないのはいい。やり過ぎていない、少し足りないぐらいが花瓶も引き立つのか、花瓶が花を引き立てるのか。剣山使ってもいいよねとも思った。色々思って色々考えた。買ってきた花を適当に飾ってみればそれでいい。実際に自分自身で飾ってみれば曲線が引っかかりにもなるから飾り易い花瓶だとわかった。さて、この写真は僕のスコープ人生においてかなり強く記憶に残っている一枚なのだけれど、ここにあるAaltoベースはどのサイズだろう。たぶん横にあるSmahusのサイズからして160mmじゃないかと思う。ここからAaltoベースにバラを飾るのが好きになった。

iittala / Alvar Aalto Collection ベース

iittala / Alvar Aalto Collection ベース

置いてあるのをみて
Aaltoベースが好きになった。

mysuomiハンナさんのご両親宅にお邪魔した時、サンルームにあった小さなテーブルには沢山のAaltoベースが置いてあった。フラワーベースを飾っているのではなく、よく使うフラワーベースがまとめて置いてあった。飾ると置いてあるとでは違う見え方をするようで、花瓶なんかは飾っていない方が僕にはよく見える。それは邪魔にならないんだけど、よく目にする場所にあるといい。焼肉の話をしていれば焼肉を食べたくなるようなもので、日々好きな花瓶をみていれば、花を飾ろうと思えるんじゃないだろうか。トロリーの下段であったり、棚の一番上や一番下であったり、隅っこにある小テーブルであったりといった場所にまとめてただ置いておく。それもきっと日常のよい光景になってくれる。それなりにいい物が集まっていれば、それなりには良い雰囲気に見えるものだから。どのサイズが一番使い易いだろうとベストな1つを探すより、自分好みの花瓶を色々なサイズで集めた方が花は飾り易いと思う。花屋で花瓶にあった花を探すのはナカナカ大変だから、花屋で飾りたい花を買ってきて、自宅にある花瓶からどれが似合うだろう?と選んだ方がいい結果に結びつく。でも、まずはナニから?そう思えば手頃な小さな物から集めればいいんじゃないだろうか。何か買えば足りない部分が見えてくるから、次はそこを買えばいい。だから、同型の色違いを集めるより、まずはサイズバリエーションであったり、別型を増やした方が花を飾るには向いている。色はクリアもいいのだけれど、ホワイトもずっと作り続けられている色。白いガラスをクリアガラスで覆っていて、それはフィンランドの雪景色をイメージさせる綺麗な色だからクリアばかりに偏らず、使ってみて欲しい色でもある。

iittala / Alvar Aalto Collection ベース

160mm アメジスト

iittala / Alvar Aalto Collection ベース

160mm アメジスト

2021年3月31日
大きなベースの使いどころ

AaltoVase160mmや251mmといった大きな花瓶は、花をいけることなく飾って終わることが多いのですが、実際に使ってみると実は!使い易いんです。その『こりゃいいや!』と思う瞬間は、花を飾る時ばかりではなく、買ってきた花をとりあえずいけておくというか、いれておくような使い方に便利でして、そんな時にキタ!を感じます。勢いクリスマスローズをドサッと買ってしまったのですが、家に着いたのが夕方だったから花瓶に生けるほどの気力もわかず、そのままカットすることなく、ただ買ってきたまま花瓶へバサッと納めて一晩放置しました~の図が夜の写真です。でもこんな姿も悪くない。堀潤の髪型みたいでカッコよく見えました。こういうト・リ・ア・エ・ズができるのが大きな花瓶の魅力でもあります。また昼の写真は整えました散髪後ですが、完全に散髪前の何もしない良さみたいなところを引きずっています。でも、こんな雰囲気の飾り方が手間も無くて絵にもなるように思うのです。

iittala
Alvar Aalto (アルヴァ・アアルト)

商品スペック

材質 無鉛ガラス
寸法 95mm : W105×D100×H95mm
120mm : W145×D140×H120mm
160mm : W195×D185×H160mm
*個体により±5mm程度差があります。
生産 Made in Finland

購入前に確認ください

  • 小さな気泡や黒点がガラス内部に含まれていたり、多少のガタツキがみられます。

Alvar Aalto Collection ベース

    ベース 160mm

  • Alvar Aalto Collection ベース クリア クリア

    5月入荷予定

    Alvar Aalto Collection ベース ホワイト ホワイト

    5月入荷予定

  • ¥22,000(税込)

    ベース 120mm

  • Alvar Aalto Collection ベース クリア クリア

    2021年夏入荷予定

    Alvar Aalto Collection ベース ホワイト ホワイト

    5月入荷予定

  • ¥17,600(税込)

    ベース 95mm

  • Alvar Aalto Collection ベース クリア クリア

    6月入荷予定

    Alvar Aalto Collection ベース ホワイト ホワイト

    6月入荷予定

  • ¥8,800(税込)

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  • Alvar Aalto Collection ベース 160mm アメジスト
  • 160mm アメジスト
  • Alvar Aalto Collection ベース 120mm  デザート
  • 120mm デザート
  • Alvar Aalto Collection ベース 160mm  デザート
  • 160mm デザート
  • Alvar Aalto Collection ベース 95mm デザート
  • 95mm デザート