twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ


 

iittala / Teema マグ250ml

偉大なる普通のマグ


まず朝起きて、棚を開け一番最初に
手にするのがTeemaのマグ。
ドリップパックでコーヒーを淹れて
飲むのが日課になっています。
衝動買いしたムーミンマグだったり、
ヘルヤさんのウサギのマグだったりと
日々入れ替わりますがベースになっているのは
すべてこのTeemaマグ。

仕事中もこのマグを使っていて
このテキストを打っている横にも
Teemaマグが置いてあります。

なぜ僕はこんなにもTeemaマグを使うのか
ちょっと考えてみたのですが
Teemaマグにズバ抜けていいところはないんです。
「なにそれ?」って思われるかもしれないですが
マグって大概丈夫だしサイズも似てますよね。
だからないんです、特別な点が。

スコープをスタートしてから
さまざまな和洋問わずさまざまな
食器を扱ってきました。
その中にはTeemaとは違う方向性で
好きになった食器もたくさんあります。

でもTeemaマグを使わなくなることはない。
それどころか今日も今も使っている。
行き着くところTeemaマグだったわけでもなく
ずっと使い続けているTeemaマグ。

人によってはTeemaマグのような
特別感のないマグを使い続けることを
つまらないと思うかもしれないし
色だけ、柄だけ変更されて登場するマグに
マンネリを感じるかもしれない。
それでも僕はTeemaマグを使い続けています。

結局何の変哲もない普通。
これがTeemaマグなんです。
ただこれが単なる普通ではなく、
サイズ、厚み、容量、重さ、持ち心地、丈夫さ
そのすべてが奇跡的なバランスでまとまった
究極の普通。偉大なるマンネリマグ。
マグ界のタモリと呼びたいくらい。

ずっと飽きることもなく
新たに登場する色や柄も
すんなり受け入れられる。
そしていろんな日常に溶け込んで
なくてはならないものになってゆく。

気が付けばまた棚のTeemaマグが増えている
現象は止まりそうもありません。


iittala
Kaj Franck (カイ・フランク)

2017 New Color
Dotted Blue / Gray

カタカナで書くと少しばかり妙な印象となりますドッテド、2017年の新色です。ドット模様というより、石のようなテクスチャーで、ずっしりと重い雰囲気があります。ニューノルディックキュイジーヌ。コペンハーゲンのNOMA、ヘルシンキのOLO、そんな北欧の最先端のレストランで、こういったテクスチャーの器が多く選ばれているから、そんな方向を意識しての新色なのでしょう。しかし古くから続くティーマから外れる事なく現行ティーマと併用しても良いですし、独特な重めの雰囲気は、落ち着いた雰囲気のテーブルも組みやすくなった印象。ブルーはパラティッシと合わせるのが、スコープ流でしたが、グレーは少し石っぽい匂いを醸しますから、ガラスや木製品と重なりまして良い雰囲気です。

材質 磁器
寸法 約φ83×W110×H80mm / 約260g / 250ml
生産 Made in Thailand
備考
オーブン
(直火不可)
フリーザー 電子レンジ 食器洗浄器
  • このマグはイッタラで300mlとして販売されているものですが、スコープでは実容量に近い250mlとして販売しています。
  • 陶磁器製品に共通して見られますが、小さな黒点やピンホール、多少のがたつきはどれにもあり、良品としています。

説明書ダウンロード

Teema マグ250ml

    マグ250ml

  • Teema マグ250ml ホワイト ホワイト
    Teema マグ250ml ライトブルー ライトブルー
    Teema マグ250ml ターコイズブルー ターコイズブルー
    Teema マグ250ml パールグレー パールグレー
    Teema マグ250ml ドッテドブルー ドッテドブルー
    Teema マグ250ml ドッテドグレー ドッテドグレー
  • ¥2,500(税抜き)

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  • Teema マグ250ml セラドングリーン
  • セラドングリーン