現在のご注文は7月17日(水)までに発送します 7/16(火)は7/12(金) 18時頃までのご注文を出荷予定
ラインナップ
iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)ボウル11.5cmiittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)ボウル11.5cm

iittala/ Ultima Thule (ウルティマツーレ)ボウル11.5cm

迷ったらコレ
ガラスボウル人気ナンバー1

1968年から続くウルティマツーレがイッタラ史上最も人気のあるガラス食器だと言われているようです。歴史も長い有名な食器だけありバリエーションも豊富ですから、スコープでは特に愛用しているアイテムに絞って販売を続けています。そんな厳選ウルティマツーレの中で最も使い勝手がよく、食器選びに迷ったら大体これを選んでおけば大丈夫と思っているぐらいに愛用している逸品がボウル11.5cmです。これは実に優秀!スコープ的生活に必須のガラスボウルだと思っています。その小振りなサイズ、適度な深さ、そのバランスが素晴らしい。そして氷のようなデザインは、夏に使えば涼しさを感じ、冬に使えば暖かい室内に冬の情景を取り入れた素敵な食卓となります。そして洋食器との組み合わせに限らず、和食器・和食とも非常に相性が良いのです。日本の生活では特に重宝してしまうウルティマツーレシリーズ、なかでもボウル11.5cmが群を抜いて人気な理由は、個性的なんだけど、どんな食卓にも馴染むし、どんな食卓にも組み込めてしまう、そこだと思います。

iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)ボウル11.5cm iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)ボウル11.5cm

シリーズで揃えずコレだけもあり

幅広い料理が並ぶ日本の食卓によく合います。和食に限らず、写真のようなピータン豆腐であったり、カレーに添えるサラダに使っても絵になります。お酒のつまみを盛り付ける、冷製スープやサラダでメイン料理の脇を固める、ヨーグルトで朝食を豪華に見せる、どう使っても良い雰囲気です。とにかく用途の広いガラスボウルですから、シリーズで揃えず、ボウル11.5cmだけを持っているだけで日常使いからパーティーまで、とにかく幅広く活用できます。気に入ればアイテムを増やして更にパワーアップ、でも、まずはボウルから。これは日本的用途でフィンランド製品を見つめ直した際に輝く大名品!

iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)ボウル11.5cm iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)ボウル11.5cm

ウルティマツーレと手巻き寿司

北欧の食器と日本の家庭料理が素晴らしくマッチすると嬉しいです。ウルティマツーレと手巻き寿司、これはもう僕のなかではベストマッチの極みです。もう何度もやってるんだから、写真を取り直してページを作り直したいと思いながら何年も経過しているんだけど、撮り直したいと思い続けていて忘れることがないぐらいに好きな組み合わせです。サービングプラターにお刺身を盛り合わせ、ボウル11.5cmにイクラ、この2つのポイントが普通の手巻き寿司を大いに盛り上げます。正直、興奮するレベルで素敵です。やってみて欲しいヤツです。きっと誰もが気に入ると思います。

iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)ボウル11.5cm iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)ボウル11.5cm

ウルティマツーレと夏

ウルティマツーレボウル11.5cmは冷奴が良く似合います。氷の溶ける様子がデザインの元となっているウルティマツーレ、そういった自然の様子を器に取り入れることは日本的でもあるから、和食器とも相性が良いのだと思います。また、かき氷用の器として使っても上品です。台湾ミルクかき氷というスイーツを、ウルティマツーレでやってみました。かき氷機がなくても、ベースのかき氷を牛乳パックで作り、包丁でカットすればかき氷が作れます。氷が包丁でカット出来るなんて半信半疑でしたが、牛乳&練乳で固めた氷はカッチコチにはならないので、サクサクとあっという間にカット出来てしまいます。「台湾かき氷」「かき氷器要らず」などのワードで検索してみてください。ガラスボウルは予め冷蔵庫で冷やしておくと、冷たい状態がキープ出来て良かったです。かき氷の時だけでなく、夏の間の収納場所を冷蔵庫内にしておけば冷奴や枝豆を盛り付ける時に器が冷えていて良さそう。

iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)ボウル11.5cm iittala Ultima Thule (ウルティマツーレ)ボウル11.5cm

それなりにスタッキング可

フィンランドデザイン黄金期の一角を担うタピオ・ヴィルカラ、お気に入りの場所がフィンランドの中心にある深い森林地帯、非常に辺ぴな場所にある彼の山小屋まで車で行くことはできず、試作品を運ぶのにヘリコプターを使ったなんて伝説もあるほどですから、鳥やキノコ、葉や氷といった自然物モチーフがデザインの多くを占めること、よく理解できます。シンプルで合理的なデザインの多い北欧デザイン界にあって、ヴィルカラの作品はどれも他とは異なる上品さというか豪華さが備わっているように感じられます。そんなタピオ・ヴィルカラがデザインしたガラスの中で最も知られる物、それは1968年より生産されるUltima Thule(ウルティマツーレ)でしょう。フィンランドの北端、ラップランドの寒い冬、そこでの氷が溶ける様子をイメージしてデザインされたガラス食器シリーズ。ティーマのように効率のよいスタッキングはできませんが、それなりに重なりますから数個を積み上げて収納することはできます。

ブランド
iittala
デザイン
Tapio Wirkkala (タピオ・ヴィルカラ)

商品スペック

材質
無鉛ガラス
寸法
約φ116×H49mm / 315g / 250ml
生産
Made in Finland
備考
食器洗浄器 : ○

購入前に確認ください

  • 小さな気泡や黒点がガラス内部に含まれていたり、多少のガタツキがみられます。

7月31日まで特別価格
Ultima Thule ボウル11.5cm

  • ボウル 11.5cm クリア

    3,300(税込)

    2,400(税込)

2019.07~ 皆さんの投稿で集まった、夏のウルティマツーレ全集はインスタで。タグ付けヨロコビます。